アレクサンダー・ガヴリリュク

ピアノ
Alexander Gavrylyuk, Piano
アレクサンダー・ガヴリリュク
©Mika Bovan

バイオグラフィー

「アレクサンダー・ガヴリリュクは、この10年間で最も偉大な発見の一つである。彼は毎回、驚くべき妙技と示唆に富む演奏で聴衆を魅了する」(2015年6月De Telegraaf)

1984年生まれ。7歳よりピアノを始め、9歳で初めてオーケストラと協奏曲を演奏した。
1999年第3回ホロヴィッツ記念国際ピアノコンクールにおける第1位とゴールドメダルを受賞。
2000年11月には浜松国際ピアノコンクールで優勝し、日本の審査員に「20世紀後半最高の16歳」と評された。
2005年、ルービンシュタイン国際ピアノコンクールにて、第1位及び金賞、ベスト・コンチェルト賞を受賞した。

2010年、ロイヤル・コンセルトヘボウ管との初共演以降、マスター・ピアノ・シリーズにおけるリサイタルあるいは同オーケストラとの共演のため、毎年アムステルダムで公演を行う。今日ではノーブルで心に強く訴える解釈が評価され、ニューヨーク・フィル、ロサンゼルス・フィル、モスクワ・フィル、ワルシャワ・フィル、イスラエル・フィル、ロッテルダム・フィルなどのオーケストラや、ブロムシュテット、アシュケナージ、ラザレフ、ペトレンコ、シモノフ、スダーンなどの指揮者と共演している。

スリリングなラフマニノフ作品の演奏には定評がある。ラフマニノフのピアノ協奏曲全曲及び狂詩曲を、N.ヤルヴィ指揮/スイス・ロマンド管(2013年5月)、トヴェイ指揮/ヴァンクーバー響のラフマニノフ音楽祭(2014年3月)にて演奏した。

日本及びアジアには定期的に訪れ、N響、ソウル・フィルなどとの共演、リサイタル・ツアーを行なっている。サントリーホール、東京オペラシティ公演はしばしば完売となっている。ロシアにも定期的に訪れ、スピヴァコフ指揮/ロシア・ナショナル管、スヴェトラーノフ指揮/ロシア国立響と共演した。モスクワ音楽院大ホール及びクレムリンでのリサイタルを行っている。
13歳よりシドニーに拠点を移し、2006年まで滞在した。メルボルン響、シドニー響など主要なオーストラリアのオーケストラと共演し、毎年オーケストラ公演、リサイタルを行なっている。2009年、アシュケナージ指揮/シドニー響とプロコフィエフのピアノ協奏曲を録音し、高い評価を受けた。これはシドニー・オペラハウスでライブ録音されたものである。その他録音には、ラフマニノフ、スクリャービン、プロコフィエフを演奏したリサイタル盤(ピアノ・クラシックス)、最近のものではムソルグスキー「展覧会の絵」とシューマンの「子供の情景」の録音が広く評価されている。

2015/16シーズンの主な活動としては、ゲルギエフ・フェスティバルの一環としてゲルギエフ指揮/ロッテルダム・フィルとの共演のほか、スイス・ロマンド管、シンシナティ響、N響、イェーテボリ響、ハレ管との共演、リサイタルではトゥールーズ、フリブール、モスクワ、ミネアポリス、ニューヨーク、さらにジャニーヌ・ヤンセントとのリサイタルではヨーロッパ中で演奏する。また、オーストラリアとニュージーランドで大規模なツアーを実施し、シドニーとメルボルンでのリサイタル、アデレイド響及びタスマニア響との共演などを行った。
チャリティー活動にも尽力しており、オーストラリアの若手ピアニストを援助するTheme & Variationsによる若いピアニストのための基金、カンボジアの教育施設建設を援助するオポチュニティ・カンボジアなどを支援している。

ニュース

リンク

アレクサンダー・ガヴリリュク
©Mika Bovan

 

お問い合わせ

ダウンロード

このページをシェアする

ディスコグラフィー

動画