バイエルン放送交響楽団

オーケストラ
The Symphonieorchester des Bayerischen Rundfunks, Orchestra
バイエルン放送交響楽団

バイオグラフィー

<マリス・ヤンソンス>
1943年、ラトヴィアの首都リガに、指揮者アルヴィド・ヤンソンスの息子として生まれた。レニングラード音楽院で学び、卒業後、ウィーンでハンス・スワロフスキー、ザルツブルクでヘルベルト・フォン・カラヤンに師事した。1971年には、レニングラード・フィル(現サンクトペテルブルグ・フィル)で、ムラヴィンスキーのアシスタントとなり、1999年までレギュラー指揮者として、同楽団と密接な関係を築いた。

 1979~2000年にはオスロ・フィルの首席指揮者を務め、世界トップレベルのオーケストラへと育て上げた。このほか、ロンドン・フィルの首席客演指揮者(1992~1997年)、ピッツバーグ響の音楽監督(1997~2004年)を歴任。2004~2015年にはロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団の首席指揮者を務めた。そして2003年からはバイエルン放送交響楽団の首席指揮者を務めている。またベルリン・フィルおよびウィーン・フィルとも定期的に共演。2016年には有名なウィーン・フィルのニューイヤー・コンサートの指揮者を務めたが、これは彼にとって3回目の出演となった。

 彼は、バイエルン放送響及びロイヤル・コンセルトヘボウ管を率いて、世界のほぼ全ての主要音楽都市や音楽祭で演奏している。2005年秋には、バイエルン放送響との初の日本と中国へのツアーを行ったが、この時の演奏は日本のマスコミに絶賛され、年間コンサート・ランキングの第1位に輝いた。さらに2012年には、ベートーヴェンの交響曲チクルスが、ミュージック・ペンクラブ・ジャパンによって、外来アーティストによる年間ベスト・コンサートに選ばれた。またヤンソンス率いるバイエルン放送響は、レジデンス・オーケストラとして、毎年、ルツェルン復活祭音楽祭に招かれている。

 若手音楽家たちとの共同作業も、彼にとって特別な意義があり、グスタフ・マーラー・ユース・オーケストラとのヨーロッパ・ツアー、バイエルン放送響アカデミーを含むバイエルン地方の様々なユース・オーケストラとの定期的な共演を行っている。

 これまでに数多くのレコーディングを行っており、国際的な賞を多数受賞。その中にはショスタコーヴィチの交響曲の全曲録音で受賞したグラミー賞が含まれる。

 「コンダクター・オブ・ザ・イヤー」には、2007年のエコー・クラシック賞と、2011年のオペルンヴェルト誌によって選ばれている。ヤンソンスとバイエルン放送響は、ブルックナーの交響曲第7番のCDで、2010年にエコー・クラシック賞の「年間最優秀レコーディング(オーケストラ部門)」に選ばれ、2013年には、世界で最も重要で権威ある音楽賞のひとつ「エルンスト・フォン・シーメンス音楽賞」を授与された。

 彼は、ノルウェーの「ノルウェー王国功労勲章」、オーストリアの「科学芸術名誉十字勲章」、ラトヴィアの「三ツ星メダル」、バイエルン州の「マクシミリアン勲章」、ドイツの「大功労十字星章」、オランダの「オランダ獅子勲章ナイト」、フランスの最高位の文化賞「芸術文化勲章コマンドゥール」、そして2015年3月にラトヴィアの最高の芸術賞「ラトヴィア音楽大賞」を授与された。


<バイエルン放送交響楽団>

 バイエルン放送交響楽団は、1949年にオイゲン・ヨッフムによって創設されて以来、瞬く間に世界に名をとどろかすオーケストラへと発展した。その名声は、後のラファエル・クーベリック、コリン・デイヴィス、ロリン・マゼールといった首席指揮者たちの功績により、さらに広く認められ、確固たるものとなった。そして2003年10月に団員の圧倒的支持でマリス・ヤンソンスが首席指揮者に就任して以来、バイエルン放送響の演奏は新たな芸術的水準に達している。

 1945年に作曲家のカール・アマデウス・ハートマンが開始した音楽イベント〈ムジカ・ヴィーヴァ〉への協力にも見られるように、同楽団は創設当初より、古典やロマン派のレパートリーに加えて現代音楽への取り組みを重視してきた。また現代音楽を取り上げる演奏会では、ストラヴィンスキー、ミヨー、ヒンデミット、ブーレーズ、より最近では、シュトックハウゼン、カーゲル、ベリオ、エトヴェシュなど、作曲家自身をしばしば指揮台に迎えている。

 創設以来の客演指揮者のリストには、E.クライバー、C.クライバー、クレンペラー、バーンスタイン、ショルティ、ジュリーニ、ザンデルリングなどの名が並び、彼らは楽団に不滅の財産を残した。現在は、ハイティンク、ムーティ、サロネン、ブロムシュテット、ウェルザー=メスト、ハーディング、ネゼ=セガン、ラトル、ネルソンスなどが、定期的に客演している。

 ミュンヘンや放送圏内の他の都市での公演・収録活動のほか、広範囲に及ぶツアーもバイエルン放送響の中心的な活動の一つであり、ヨーロッパ全域をはじめ、アジア、北米、南米各地を訪れ、カーネギー・ホールや日本の主要都市の一流ホールで定期的に演奏している。また同楽団は、首席指揮者ヤンソンスの監督のもと、2004年よりルツェルン復活祭音楽祭のレジデンス・オーケストラも務めている。

 有望な若い音楽家に対する支援もこのオーケストラの特徴である。提携関係にあるミュンヘン国際音楽コンクールでは最終選考と入賞者のガラ・コンサートで伴奏を務め、2001年10月からはバイエルン放送響アカデミーが、若い音楽家たちをプロ活動へと導く貴重な教育活動を行っている。このほかにもバイエルン放送響は、若い世代がクラシック音楽により親しみを感じられるよう、様々なプログラムを展開している。

 メジャー・レーベルよりリリースされたバイエルン放送響のCDは相当数に上り、2009年9月からはバイエルン放送の自主制作レーベル”BR-KLASSIK”でもCDやDVDが制作されている。国内外で受賞する機会も多く、2013年8月には、ハイティンク指揮によるマーラーの交響曲第9番がエコー・クラシック賞、ネルソンス指揮によるドヴォルザークの交響曲第9番がドイツ・レコード批評家賞を受賞した。

 バイエルン放送響は、さまざまなオーケストラの人気ランキングにおいて、世界のベスト10に選ばれている。2008年には英国の音楽雑誌「グラモフォン」で第6位、2010年には日本の音楽雑誌「モーストリー・クラシック」で第4位にランクされた。また、2014年の日本公演は「音楽の友」のベスト・コンサートで第2にランクされた。

ニュース

リンク