ユーリ・バシュメット&モスクワ・ソロイスツ合奏団

オーケストラ
Yuri Bashmet & Moscow Soloists, Orchestra
ユーリ・バシュメット&モスクワ・ソロイスツ合奏団

バイオグラフィー

<ユーリ・バシュメット(指揮・ヴィオラ) プロフィール>

 その卓越した演奏技術、強烈な個性と高い音楽性により、ヴィオラという楽器に新たな存在感を与えたユーリは、現代の傑出した音楽家として、世界中の舞台に指揮者、ソリスト(ヴィオラ)という二つの役を担って登場している。
 1953年ロシアのロストフ・ナ・ドヌ生まれ。
1976年ミュンヘン国際コンクールのヴィオラ部門で優勝したことが、世界的なキャリアへの出発点となった。
以来、ソリストとしてベルリン・フィル、ウィーン・フィル、ロイヤル・コンセルトヘボウ管、ボストン響、シカゴ響、モントリオール響、ニューヨーク・フィル、ロンドン・フィル、ロンドン響をはじめとする、世界のあらゆる一流オーケストラと共演を重ねている。

 1992年にモスクワ・ソロイスツを創設。
以来、指揮者・ソリストとしてモスクワ、アムステルダム、パリ、東京、ニューヨーク、ロンドンなど世界中で熱狂的な歓迎を受けている。この他、ドレスデン・フィル、東京フィル、ミラノ・ジュゼッペ・ヴェルディ響、カメラータ・ザルツブルク、ロイヤル・リヴァプール・フィル、ブリュッセル・フィルに指揮者、ソリストとして招かれ、国立ノーヴァヤ・ロシア響では首席指揮者を務めている。室内楽では、リヒテル、クレーメル、ロストロポーヴィチ、グートマン、ムローヴァ、ボロディン弦楽四重奏団、ムターらと共演している。ヴェルビエ音楽祭、別府アルゲリッチ音楽祭(日本)など、多くの音楽祭にも出演。CDを多数リリースしており、ディアパソン・ドール賞のほか、グラミー賞にもノミネートされており、モスクワ・ソロイスツとの録音も高く評価されている。
 使用楽器は1758年テストーレ製。


<モスクワ・ソロイスツ合唱団 プロフィール>

モスクワ・ソロイスツは、1992 年にヴィオラのユーリ・バシュメットによって創設された。これまでに、カーネギー・ホール(ニューヨーク)、モスクワ音楽院大ホール、コンセルトヘボウ(アムステルダム)、サントリーホール(東京)、バービカン・ホール(ロンドン)、フィルハーモニー(ベルリン)他、世界有数のコンサートホールで公演を行い、いずれも好評を博してきた。
 共演した演奏家としては、リヒテル、クレーメル、ロストロポーヴィチ、レーピン、サラ・チャン、ゴールウェイ等、錚々たる名が挙がる。

 1994年、2006年にリリースしたCDはグラミー賞にノミネートされ、2007年にはストラヴィンスキーとプロコフィエフの作品を収録したCD がグラミー賞を受賞した。
 これまでに、世界各国での音楽祭に出演。エヴィアン・ロストロポーヴィチ音楽祭(フランス)、モントルー音楽祭(スイス)、シドニー音楽祭、バース音楽祭(イギリス)、BBCプロムス(イギリス)、「プレスティージ・ド・ラ・ムジーク」(フランス)、ソニー・クラシカル音楽祭(フランス)、「トゥール音楽週間」(フランス)、「12月の夕べ」(ロシア)などの権威ある音楽祭に頻繁に出演している。
 世界5大陸の40カ国以上での公演に出演し、いずれも聴衆の熱烈な喝采を浴びている。レパートリーは200曲を超え、クラシックの名曲や、演奏される機会の少ない過去から現在に至る作曲家の作品を網羅している。プログラムは斬新で、バラエティに富んでおり、魅力的な曲が初演されることも特徴の一つである。ロシア内外の様々なテレビ番組に出演しており、そのコンサートはBBC、バイエルン放送、フランス放送、NHKといった世界を代表する放送局によって度々収録され、放送されている。

ニュース

ユーリ・バシュメット&モスクワ・ソロイスツ合奏団

 

お問い合わせ

ダウンロード

このページをシェアする