ドイツ・カンマーフィルハーモニー管弦楽団

オーケストラ
The Deutsche Kammerphilharmonie Bremen, Orchestra
ドイツ・カンマーフィルハーモニー管弦楽団

バイオグラフィー

<パーヴォ・ヤルヴィ プロフィール>
 グラミー賞受賞者パーヴォ・ヤルヴィは、現在、パリ管弦楽団の音楽監督として2期目の任に就いているが、同職としての契約は、すでに2015/2016シーズン末まで延長されることが決まっている。
今シーズン中は同管弦楽団を率いてアジア・ツアーを行い、東京、横浜、福岡、宮崎、北京、ソウルで公演した。
なお、フランスにおける音楽文化への際立った貢献により、フレデリック・ミッテラン文化・通信大臣からフランス芸術文化勲章(シュヴァリエ)を授与されている。

 シンシナティ交響楽団でも音楽監督としての職務を全うし大成功を収めた。
昨シーズンに同ポストを退くまでに、多数のツアーやテラーク・レーベルからの16枚のCDリリースといった業績を残した。こうした偉業が評価され、現在はシンシナティ響の桂冠音楽監督に任命されている。

 フランクフルト放送交響楽団(hr交響楽団)の音楽監督としては、中国、台湾、日本へのツアーの他、BBCプロムス、ラインガウ音楽祭、アムステルダム・コンセルトヘボウ(ホール)の「ロベコ・サマー・シリーズ」といったヨーロッパの主要音楽祭へ出演している。
同交響楽団とは、現在、ソニー(RCA RED SEAL)でブルックナーの交響曲全曲録音が進行中である他、ニールセンの交響曲の全曲録音にも取り組んでいる。
 2004年からはドイツ・カンマーフィルハーモニー管弦楽団の芸術監督を務め、ベートーヴェンの交響曲のコンサートや録音では、一般聴衆や批評家など各方面から非常に高い評価を得ている。なお、ベートーヴェンの交響曲については、全曲がソニー(RCA RED SEAL)からリリースされており、このうち交響曲第2番と第6番のCDは、2010年のエコー・クラシック賞(指揮者賞)を、交響曲第3番と第8番のCDは、2007年のドイツ・レコード批評家賞といった権威ある賞を受賞した。カンマーフィルとのコラボレーションでは、シャンゼリゼ劇場、ボン・ベートーヴェン・ハレ(ホール)、ザルツブルク音楽祭、およびワルシャワ・イースター音楽祭で、ベートーヴェンの交響曲の全曲演奏を行った。現在は、シューマンの交響曲についても同様の全曲演奏を目指した活動に着手している。

 パーヴォ・ヤルヴィは、指揮者としてのキャリアを開始した当初より、アルヴォ・ペルト、エリッキ=スヴェン・トゥール、レポ・スメラ、エドゥアルド・トゥービンといったエストニア出身の現代作曲家による優れた作品の演奏を、自身にとっての優先課題としている。また、エストニア国立交響楽団とパルヌ(エストニア)におけるヤルヴィ・サマー・フェスティバルの芸術顧問も務めている。

 客演指揮者としては、ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団、フィルハーモニア管弦楽団、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団、ドレスデン国立歌劇場管弦楽団、ニューヨーク・フィルハーモニック、クリーヴランド管弦楽団、シカゴ交響楽団などと定期的に共演を重ねている。


<ドイツ・カンマーフィルハーモニー管弦楽団 プロフィール>
 ドイツ・カンマーフィルハーモニー管弦楽団は、世界屈指の室内オーケストラであり、現在世界的に注目される指揮者、パーヴォ・ヤルヴィが2004年から芸術監督を務めている。
 ヤルヴィの就任以降、大きな成功を収めている同オーケストラについて、2005年8月の米ニューヨーク・タイムズ紙は「この夏の一大事件」、独ディ・ヴェルト紙は「現代で最高の透明感と感受性を備えたオーケストラ」と絶賛し、また国際的オーケストラとしての存在感を決定付けた2004年8月のザルツブルク公演を評して、ウィーン・スタンダード紙は「昨夏のザルツブルク音楽祭における最高の驚き」と表現した。2007年8月には、ニューヨーク・サン紙は「今日の信頼できるベートーヴェン・オーケストラ」と書いた。
 ドイツ・カンマーフィルハーモニー管弦楽団とヤルヴィの関心は、現在その大部分がベートーヴェンの交響曲に向けられており、このベートーヴェンへの強いこだわりが、熱烈な支持を集める源になっている。このコンビによるコンサートでは、耳に馴染んだこれらの名曲が常に生気と説得力に満ちた新しい形で提示されるのである。彼らが始動させた交響曲全曲を演奏し最新の5.1 DSDテクノロジーを採用してレコーディングを行う「ベートーヴェン・プロジェクト」は、2008年にボンの国際ベートーヴェン音楽祭の開幕コンサートで9番を演奏するまで継続する。また、同プロジェクトによるCD第1作となった3番と8番は、ドイツの年間批評家賞を受賞した。
 ドイツ・カンマーフィルハーモニー管弦楽団は、パーヴォ・ヤルヴィをはじめとする著名指揮者、および世界の一流ソリストの共演を得て、世界各地の主要音楽祭とコンサートホールに出演している。また2005年からは、レジデントオーケストラとしてボンの国際ベートーヴェン音楽祭を支え、常に聴衆を沸かせている。この源となっているのは、オーケストラを規律する室内楽的アプローチである。各楽団員があたかも室内楽の演奏に臨むかのごとき高度な自発性を持ち寄ることで、時として指揮者不在でも最高のコンサートを成立させることができるのである。
 また、サビーネ・マイヤー、ヴィクトリア・ムローヴァ、ハインツ・ホリガー、オリ・ムストネン、エレーヌ・グリモー、ハインリヒ・シフ、クリスチャン・テツラフなどの世界的ソリストたちが、長期にわたる実り多い交流を維持している。
 レパートリーはバロックから現代音楽まで幅広く、創立以来、特定ジャンルのスペシャリストを招いて演奏することが伝統にもなっている。ハインツ・ホリガーやピエール・ブーレーズと共演することと、トン・コープマン、トレヴァー・ピノック、マルク・ミンコフスキらの古楽指揮者を迎えることは、同オーケストラではごく自然に両立するのである。また、ジャンルを越えたクロスオーバー・プロジェクトにも継続的に取り組んでいる。
 ドイツ・カンマーフィルは、優秀な音楽学生が集まって1980年に創設された。音楽のみならず人格的な向上をも目指した彼らは、その最適な手法として、各メンバーの自発性に訴える自由な組織運営を採用した。1983年の国連での演奏会、ギドン・クレーメルの招きで参加した1984/85年のロッケンハウス音楽祭など、試金石というべき初期の大舞台を成功させ、その後急速に高まる国際的名声の基礎を築いている。なお、プロの室内オーケストラとして組織編成されたのは1987年のことである。
 1992年に自由ハンザ都市ブレーメンに本拠を構えたドイツ・カンマーフィルハーモニー管弦楽団は、今やこの町の音楽シーンには欠かせない存在となっている。毎年2つの定期公演シリーズと室内楽シリーズ、スペシャルコンサート、夏の野外音楽祭(Sommer in Lesmona)で演奏する他、1998年以降はブレーメン音楽祭でもクラウス・マリア・ブランダウアー等と音楽劇場公演に出演するなど、重要な役割を担っている。
 歴代の首席客員指揮者、および芸術監督には、マリオ・ヴェンザゴ、ハインリヒ・シフ、イルジー・ビエロフラーヴェク、トマス・ヘンゲルブロックらの名が並ぶ。また、1999年から2003年にかけては、ダニエル・ハーディングが音楽監督を務めた。
 1990年以降は、ウィンド・ソロイスツ・オブ・ドイツ・カンマーフィルハーモニーも常設アンサンブルとして活動し、ドイツ国内外で多くのツアーを展開している。
 CD録音も数多く、ドイツ・グラモフォン、テルデック、BMG、ヴァージンクラシックス、デッカ、ベルリンクラシックス、ペンタトーンなど、権威あるレーベルによって多様なレパートリーが収録されている。
 創設以来、教育事業にも力を注ぎ、コンサート入門やワークショップの開催、および各種学校や成人教育機関とのコラボレーションなどに取り組んでいる。
 現在、同オーケストラは企業として運営されており、楽団員それぞれが共同経営者として、財政面についても全面的責任を担っている。同楽団の助成金依存率がわずか40%にとどまり、残り60%を楽団自らの収入で賄っている事実を考えると、この運営手法は特筆に値する。
 芸術活動と並存した企業活動の追及は、高パフォーマンス集団の研究家として著名なザールブリュッケン大学のクリスチャン・ショルツ教授の指導によって実現した。この分野の研究成果をもとに考案されたマネジメントツール「5秒モデル」を採用し、オーケストラ企業として継続的な活動効率の最適化を目指している。またショルツ教授とともに、5秒モデルの導入に関心を持つビジネス界・産業界の企業幹部向けにマネジメントトレーニングも実施している。
 創立25年を迎えたドイツ・カンマーフィルハーモニー管弦楽団がこのような大成功に至る背景には、クラフトフーズ社、ブレーメン貯蓄銀行、Kaefer Isoliertechnik社という主要スポンサーを筆頭に、取引先や出資者からの惜しみない支援があった。また、ブレーメン市の全面的な協力がなければ、活動そのものが成立しなかったであろう。その他数多くの後援者たちから提供される活動支援と寄付金に支えられ、今後も音楽的な目標に向かってたゆまぬ努力を続けていくことができるのである。

ニュース

リンク