ゲヴァントハウス弦楽四重奏団

室内楽
Gewandhaus Quartett, Chamber Music
ゲヴァントハウス弦楽四重奏団

バイオグラフィー

2008/2009シーズンに結成200周年を祝うゲヴァントハウス弦楽四重奏団は、世界最古の弦楽四重奏団
である。1809年にヴァイオリニストのアウグト・マッティと他のゲヴァントハウス管弦楽団の3人の音楽家によって誕生。以来、ゲヴァントハウス管弦楽団の首席奏者達によって、今日にいたるまで途切れることなく音楽活動を続けている。

 19世紀のメンバーにはメンデルスゾーンにヴァイオリン協奏曲を献呈されたF.ダヴィッド、ブラームスのヴァイオリン協奏曲の初演を行なったJ.ヨアヒム等がいる。
世界各地での演奏に加え、平成天皇や英国のチャールズ皇太子の前でも非公開で演奏を披露しているほか、ドイツのローマン・ヘルツォーク大統領が1999年3月にアルゼンチンを公式訪問した折に同行。NHKによる収録も行なわれている。
 ゲヴァントハウス弦楽四重奏団は、一貫して同時代の音楽を支持してきた。今までにメンデルスゾーン、シューマン、ブルッフ、ドヴォルジャーク、レーガーを含む100以上の作品の初演を行っている。
 結成以来共演を行なった著名演奏家の中にはクララ・シューマン、ブラームス、ブゾーニ、グリーグ、ニキシュ、ケンプ、ルービンシュタインなどの名前もある。近年ではヨーヨー・マ、ザビーネ・マイヤーなどと共演を行なっている。

CD録音にも積極的に取り組み、ベートーヴェンの後期の四重奏曲のCDについて`Klassik heute’(Classic Today)誌は、「模範的で、かつひとつの基準ともなり得る解釈」を持ち、「卓越した音の美しさ」で聴く者を魅了すると述べ、また「この録音は、ゲヴァントハウス弦楽四重奏団が世界で最も優れた四重奏団のひとつであるという名声を再確認するものである」としめくくっている。ベートーヴェンの弦楽四重奏曲の全曲録音はNCAレーベルより発売されており、過去に同四重奏団によって初演されたシューマンとメンデルスゾーンの録音も「ゲヴァントハウス弦楽四重奏団が世界における一流の四重奏団のひとつとして挙げられていることは尤もなことである」と評されている。

ニュース

リンク