ハーゲン・クァルテット

室内楽
Hagen Quartett, Chamber Music
ハーゲン・クァルテット

バイオグラフィー

 ザルツブルグ(オーストリア)出身のハーゲン・クァルテットは弦楽奏者の親のもと、音楽的環境の中で育ったルーカス、アンゲリカ、ヴェロニカ、 クレメンスの4人兄弟によって結成された。第2ヴァイオリンのアンゲリカがソロ活動に専念するためアネッテ・ビク、そしてライナー・シュミットに交替したが、彼らはみなザルツブルク・モーツァルテウム・アカデミーで学んでいる。

 ハーゲン・クァルテットにとってニコラウス・アーノンクール、ジョルジュ・クルタークと の出会いは、彼らの音楽的な視野を大きく広げ、大きな財産となっている。

また、これまでにマウリッツィオ・ポリーニ、内田光子、ザビーネ・マイヤー、クリスチャン・ツィメルマン、ハインリッヒ・シフ、イェルク・ヴィトマンといった演奏家たちと共演している。

 ハーゲン弦楽四重奏団は、1981年にロッケンハウス音楽祭で“審査員賞”と“聴衆賞”と呼ばれる大賞を受賞。翌年にはポーツマス弦楽四重奏コンクールで優勝し、続けてウィグモア・ホールにおけるロンドン・デビューを果たしている。また1983年にフランスのエヴィアン国際コンクール、ボルドー音楽 祭、そしてカナダのバンフ・コンクールで立て続けに優勝した。
 1984年にはザルツブルク音楽祭にデビュー、大成功を収めた。 そして翌年にはドイツ・グラモフォント専属 契約を結び、ハイドン、モーツァルト、ベートーヴェン、ヤナーチェク、シュニトケ、リゲティ等45枚のCDを相次いでリリースした。
 2012/13シーズンは、ウィーン、パリ、東京、ニューヨークなどの世界の主要都市でベートーヴェンの弦楽四重奏曲全曲演奏会を開催し、絶賛を博した。
 使用楽器は日本音楽財団より貸与されたストラディヴァリウス「パガニーニ・クァルテット」

ルーカス・ハーゲン: 1727年製ヴァイオリン「パガニーニ」

ライナー・シュミット: 1680年製ヴァイオリン「パガニーニ」

ヴェロニカ・ハーゲン: 1731年製ヴィオラ「パガニーニ」

クレメンス・ハーゲン: 1736年製チェロ「パガニーニ」

ニュース

リンク