藤井 香織(フルート)

協力アーティスト
Kaori Fujii, flute, Management Collaboration
藤井 香織(フルート)
©Limor Hakim

バイオグラフィー

藤井香織は、安定した技巧と深い音楽性を兼ね備え、クラシックからコンテンポラリーまであらゆるジャンルで高い評価を受けている。

東京藝術大学卒業後、2001年10月から安田文化財団、その後、2003年9月からロームミュージックファンデーションの助成を受け、シュトゥットガルト国立音楽大学ソリスト・クラスに留学、最優秀で卒業。国内においては96年「第7回日本木管コンクール」、97年「第14回日本管打楽器コンクール」、98年「第67回日本音楽コンクール」のすべてにおいて画期的な史上最年少第1位を獲得、海外においても、98年「第44回マリア・カナルス国際コンクール」で史上最年少第2位入賞,併せて特別賞を受賞。
さらに朝日新聞社賞、E・ナカミチ賞を受賞するなど受賞歴は枚挙にいとまがない。

これまでに国内主要オーケストラや、エンリコ・モリコーネ、ヘリベルト・バイセル、アルブレヒト・マイヤー、スタニスラフ・ブーニン、フィリップ・モルをはじめとする国際的アーティストと共演、各地の国際音楽祭へのゲスト出演など活発な活動を展開している。

2006年3月にはワシントンD.C.のケネディーセンターでコンサート。総スタンディングオベーションで華やかにアメリカデビューを果たす。CDも多数録音しており、フルートとギターを中心としたラテン・アルバム「イパネマの娘」は「米国グラミー賞7部門、ラテングラミー賞にプリノミネートされた。最近では、(2011年12月)ZDF(ドイツ国営テレビ)によるクリスマス・ガラ・コンサートにオーケストラのソリストとして出演、ドイツのヴルフ大統領も出席されその模様はドイツ全土に放送された。
今後も、ドイツにて新しいCDの制作が予定されており、意欲的に活動を行っている。ニューヨーク在住。

リンク

藤井 香織(フルート)
©Limor Hakim

 

お問い合わせ

ダウンロード

このページをシェアする

ディスコグラフィー

動画