ケイト・リウ

ピアノ
Kate Liu, Piano
ケイト・リウ

バイオグラフィー

1994年シンガポールに生まれたケイト・リウは、シカゴ音楽院で、アラン・チョウ、ミカ・ユイ(Micah Yui)、エミリオ・デル・ロザリオの下に学んだ。

現在は、カーティス音楽院でロバート・マクドナルドの指導の下に、学士の学位取得に向けて勉強中である。

これまでに、第3回アジア・パシフィック国際ショパン・ピアノ・コンクール、モントリオール国際音楽コンクール、イーストマン音楽学校の国際ピアノ・ コンクール、ヒルトンヘッド国際ピアノ・コンクール、オバーリンのトーマス&イヴォン・クーパー国際コンクール、ニューヨーク国際ピアノ・コンクール、全 米ピアノ指導者協会コンクール、ルイジアナ国際コンクールなど、数多くのコンクールで入賞している。

アメリカのショパン財団からは、2度にわたって奨学金 を授与されており(2011年と2012年)、これまでにニューヨーク(カーネギー・ホール、サブカルチャー・アーツ・アンダーグラウンド、サルマガン ディ・クラブ、エマヌエル寺院など)、ワシントン(ケネディー・センター、フィリップス・コレクションなど)、テレビ番組(シカゴWTTW放送)、ラジオ 番組(アメリカン・パブリック・ラジオの番組「フロム・ザ・トップ」、シカゴWFMT放送の番組など)でリサイタルを行っている。
シカゴ・シンフォニー・ センターでは、ラン・ランとの共演で、シューベルトの幻想曲ヘ短調を連弾した。共演したオーケストラとしては、テグ(韓国)、モントリオール、クリーヴラ ンド、ヒルトンヘッド、エヴァンストン、スコーキー・ヴァリー、ロチェスターの各オーケストラがある。

ニュース

リンク