ジョージ・リー(黎卓宇)

ピアノ
George Li (黎卓宇), Piano
ジョージ・リー(黎卓宇)
©SimonFowler

バイオグラフィー

10歳にしてリサイタルデビュー。
2010年ヤング・コンサート・アーティスツ国際オーディション優勝。
2011年にはメルケル首相を迎えたホワイトハウスの公式晩餐会でオバマ前大統領のために演奏を披露し、神童として全米の注目を浴びる。
2012年ギルモア・ヤング・アーティスト賞受賞。
2015年チャイコフスキー国際コンクールで第2位受賞。
翌年のエイブリー・フィッシャー・キャリア賞など多数の受賞歴を持つ。


共演した主な指揮者とオーケストラ、及び今後の予定には、グスタボ・ドゥダメル指揮ロサンゼルス・フィルハーモニック、マイケル・ティルソン・トーマス指揮サンフランシスコ交響楽団、マンフレート・ホーネック指揮ハンブルク・フィルハーモニー管弦楽団、ジャナンドレア・ノセダ指揮ロンドン交響楽団のアジア・ツアー、ユーリー・テミルカーノフ指揮サンクトペテルブルク・フィルハーモニー交響楽団、ロン・ユー指揮フィルハーモニア管弦楽団、オスロ・フィルハーモニー管弦楽団、リヨン国立管弦楽団、ロッテルダム・フィルハーモニー管弦楽団、マルメ交響楽団、ヴェルヴィエ祝祭管弦楽団、ベルリン・ドイツ交響楽団、シアトル交響楽団、ユタ交響楽団、シドニー交響楽団、フランクフルト放送交響楽団など名だたる名指揮者・名楽団が並ぶ。中でもゲルギエフ指揮マリインスキー管弦楽団とは頻繁に共演しており、ワシントン・ポスト紙に「驚異的なテクニック、深い洞察力と表現力」と評された。

 またカーネギー・ホール、サンフランシスコのデイヴィス・ホール、マリインスキー劇場、ミュンヘンのガスタイク、ソウル・アーツ・センター、浜離宮朝日ホール、武蔵野市民文化会館、北京の中国国家大劇院、ラヴィニア音楽祭、ヴェルヴィエ音楽祭、ラノディエール音楽祭、エジンバラ・フェスティバル、モントルー・フェスティバル等で演奏を行っているほか、室内楽奏者としても活発に活動。ジェイムズ・エーネス、ノア・ベンディクス=バルグリー、ベンジャミン・ベイルマン、キアン・ソルタニ、パブロ・フェランデス、ダニエル・ロザコヴィッチなどと共演している。
ワーナー・クラシックスの専属契約を結び、マリインスキー劇場でライブ録音したデビューアルバムが2017年9月にリリースされた。
華麗な技巧と並外れた優雅さ、聴衆を惹きつける天性の才能を発揮する、今最も注目を浴びる若手の一人である。

ニュース

リンク