ミハウ・ドヴォジンスキ

指揮
Michał Dworzynski, Conductor
ミハウ・ドヴォジンスキ

バイオグラフィー

ドヴォジンスキはポーランドの新星としてにわかに注目を集める若手指揮者。2003年マタチッチ国際指揮者コンクール優勝、05年スウォン国際指揮者コンクール第2位。06年ドナテラ・フリック指揮コンクールに優勝したことで、06-08年のロンドン交響楽団の副指揮者に任命され、コリン・デイヴィスやゲルギエフのアシスタントとして研鑽を積んだ。

07年秋にハーディングの代役としてロンドン交響楽団でドヴォルザーク・プロを振って一躍話題を集めて以来、その活動は欧州全域に広がり、ロンドンフィル、BBC交響楽団、BBCフィル、ノーザン・シンフォニア、アイルランド国立交響楽団、アイスランド交響楽団、スウェーデン放送交響楽団、バーミンガム市交響楽団、イスラエルフィル、オランダ放送フィル、ベルギー国立管弦楽団などに続々とデビュー。BBCスコティッシュ交響楽団とはラフマニノフの交響曲2番が新聞紙上で絶賛されたほか、Hyperionレーベルでレコーディングが進むなど密接な関係を続けている。最近ではロンドンフィルで「新世界より」、BBC交響楽団でストラヴィンスキー「詩篇交響曲」を指揮。日本では2010年3月山形交響楽団に登場して新たな才能の登場を印象付けた。
母国ポーランドではワルシャワ・フィル、ポーランド国立放送管弦楽団やシンフォニア・ヴァルソヴィアに定期的に客演。08-10年はクラコフ・ベートーヴェン・アカデミー管弦楽団の首席指揮者として、ワルシャワ・イースター音楽祭やワルシャワ・フィルのシリーズに登場、ベートーヴェンとブラームスの交響曲チクルスを行った。09年にはワルシャワ国立オペラにもデビュー。

ドヴォジンスキは21歳の時にポーランド国立放送管弦楽団の副指揮者としてキャリアをスタートさせた。ショパンアカデミーでアントニー・ヴィットに、ベルリンのハンス・アイスラー音楽院でクリスチャン・エーヴァルトに師事。95-99年はBydgoszcz 室内オーケストラの音楽監督を務め、97年にはBydgoszcz市から特別表彰、99年にポーランド音楽批評家賞を受賞。ポーランド音楽振興に対する功績に対してポーランド音楽家協会からメダルが贈られた。
(2011年8月)