ミハイル・プレトニョフ

指揮,ピアノ
Mikhail Pletnev, Conductor, Piano
ミハイル・プレトニョフ

バイオグラフィー

その幅広い活動により、一言では説明できない多才な芸術家。
ピアニストとして世界の頂点を極め、指揮者や作曲家としても魔法のような驚くべき才能で、世界中の聴衆を魅了している。
1990年ロシア・ナショナル管弦楽団(RNO)を設立。
創設者・芸術監督として世界有数のオーケストラに育て上げる。2015年4月より東京フィルハーモニー交響楽団特別客演指揮者に就任。

1957年ロシアのアルハンゲリスク生まれ。
13歳で中央音楽院、1974年モスクワ音楽院に入学。
ヤコフ・フリエール、レフ・ヴラセンコに師事。1978年、わずか21歳でチャイコフスキー国際コンクールのゴールド・メダル及び第1位を獲得。国際的な脚光を浴び、1988年には当時の大統領ゴルバチョフに招かれ、ワシントンのサミットで演奏した。

驚くべき技巧、深い知性に裏づけられた演奏、完璧にコントロールされた美しい音色で、カリスマ的人気を誇る現代最高のピアニストの一人として活躍。しかし、2006年、突然ピアニスト活動を停止し、世界を驚かせた。SHIGERU KAWAIピアノとの出会いにより、2013年よりピアニストとしての活動を再開。以前にも増してすばらしい演奏が話題となっている。
ソリストとしてこれまでに、ハイティンク、シャイー、ジュリーニ、ザンデルリンク、ケント・ナガノ、ゲルギエフ、ネーメ・ヤルヴィ、ドホナーニ、ブロムシュテット、マゼール、ティーレマン、ガッティ、スラットキン、アシュケナージ他の指揮のもと、クリーブランド管、サンフランシスコ響、バイエルン放送響、チェコ・フィル、フィルハーモニア管、イスラエル・フィル、サンタ・チェチーリア管等と共演。アバド指揮/ベルリン・フィルと共演した1997年のジルヴェスター・コンサート及び2000年のヨーロッパ・コンサートは、世界中にTV・ラジオ放送されている。
数多くのCDが発売され、スカルラッティの鍵盤ソナタ(ヴァージン・クラシックス)は、1996年グラモフォン賞を受賞。BBCミュージック・マガジンは、“最高のピアノ演奏”と評した。ドイツ・グラモフォンから発売されたショパンのリサイタルCDについて、著名な評論家ヨアヒム・カイザーは「今年の1枚」であると書いている。また、CD「ラフマニノフへのオマージュ」は、ルツェルン近郊のラフマニノフの家で作曲家自身が愛用したスタインウェイで録音されたが、この模様は「セルゲイ・ラフマニノフ─メモリーズ」(NVCアーツ)というドキュメンタリーに収録されている。他にも、ベートーヴェンのピアノ協奏曲全5曲(ドイツ・グラモフォン)、C.P.E.バッハの鍵盤ソナタ、グリーグ、リストの録音等がある。
作曲家としても数々の作品を発表し、スティーヴン・イッサーリスのために作曲したチェロ・ソナタではピアノで共演も行っている。
1995年エリツィン元大統領および2002年プーチン大統領によってロシア共和国第一等国家賞を授与されている。

ニュース

リンク