半田 美和子(ソプラノ)

声楽
Miwako Handa, soprano, Vocal
半田 美和子(ソプラノ)
©Goda

バイオグラフィー

桐朋学園大学、同大研究科修了。
二期会オペラスタジオ修了時に最優秀賞及び川崎静子賞、第4回藤沢オペラコンクール第1位及び福永賞受賞。
その後ベルリンにて研鑽を積む。

オペラでは二期会公演『フィガロの結婚』スザンナでデビュー。その後、新国立劇場への度々の出演を含め、『ファルスタッフ』ナンネッタ、『ラ・ボエーム』ムゼッタ、『ヘンゼルとグレーテル』グレーテル、『こうもり』アデーレ、『カルメル派修道女の対話』リドワーヌ、『スペインの時』コンセプシオン等で好評を博す。

 また日本を代表する作曲家細川俊夫からの信頼も厚く、2009年にサントリーホールサマーフェスティバルにて『班女』(三島由紀夫原作/ドナルド・キーン英訳)の花子役日本初演を務め、「最もイメージに近い花子」と作曲家自身に評された。東京3公演を成功に導いた後、イタリアのトリノ、ミラノ公演でも多くの賞賛を受け、同作は、2012年平田オリザによる新演出、2017年岩田達宗による新演出に於いても高い評価を得ている。

その後も、細川俊夫作曲『リアの物語』リーガン役(2015年)、同『松風』アジア初演(サッシャ・ヴァルツ演出/2016年香港にて)でもタイトルロールを担っている。サシャ・ヴァルツ演出『松風』は、歌手に、ダンサーの1人としてアクロバティックに踊りながら歌うことを課す、オペラとコンテンポラリーダンスの融合を試みた演出として話題をさらい、その難演出を見事に体現してみせた半田の演技と歌唱は大きなインパクトを残した。
2019年3月、「ロシアにおける日本年」の一環として日本外務省・マリインスキー劇場主催で行われる團伊玖磨『夕鶴』ロシア公演(ウラジオストク、サンクトペテルブルグ)に、主役つう役で参加する予定(高関健指揮/東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団)。
 コンサートソリストとしては、モーツァルト「レクイエム」「ハ短調ミサ」、メンデルスゾーン「夏の夜の夢」、ラヴェル「シェエラザード」、マーラー「千人の交響曲」「交響曲第4番」、ヴェルディ「レクイエム」などで、ブロムシュテット、インバル、ホーネック、メルクル、カリニャーニ、秋山和慶、高関健、下野竜也ら著名指揮者のもと、NHK交響楽団、東京都交響楽団、読売日本交響楽団等と共演を重ね、最近ではベルク「ルル組曲」、細川俊夫「星のない夜」の日本初演、リゲティ「ミステリー・オブ・ザ・マカブル」などで、精緻な技術と高い音楽性が評価された。2014年には、NYのオーケストラアンサンブルであるPerspectives Ensembleに招聘され、NYにて共演、賞賛を浴びている。
2012年にリリースしたファーストアルバム『Khôra-Niemandslied』は、楽雑誌等で特選盤に選ばれており、この他、映画『のだめカンタービレ』や劇団☆新感線の音楽制作に参加、『落語とうた』のコラボレーション等、多彩な活動を展開。2014年には、日本を代表するプログレッシブバンド「KENSO」のアルバム『内ナル声ニ回帰セヨ』にヴォーカルで参加し、川崎クラブチッタにて行なわれた40周年記念ライブに出演する等、新しい可能性を広げ続けている。

ニュース

リンク

ディスコグラフィー