清水 直子

ヴィオラ
Naoko Shimizu, Viola
清水 直子
©Oji Hall / Fumiaki Fujimoto

バイオグラフィー

桐朋学園大学でヴァイオリンを広瀬悦子、江藤俊哉の各氏に、ヴィオラを岡田伸夫氏に師事。
1993年ヴィオラに転科し研究科修了。
94年よりドイツ・デトモルト音楽大学で今井信子氏に師事。
その他、95年マルクノイキルヘン国際コンクール優勝。
96年ジュネーヴ国際音楽コンクール最高位(1位なし2位)、併せてオーチャードホールアワード受賞。
97年ミュンヘン国際音楽コンクール・ヴィオラ部門にて第1位を受賞。
98年、ヤング・コンサート・アーティスツの国際オーディションに第1位で合格、同時に数々の賞を受ける。
96年オーチャードホール「未来の巨匠コンサート」で東京フィルと共演したほか、読売日響、新日本フィル、日本フィル、東京シティ・フィル、東京交響楽団、スイス・ロマンド管弦楽団、バイエルン放送交響楽団、南ドイツ放送交響楽団、フランクフルト市立歌劇場管弦楽団など国内外のオーケストラと共演を重ねている。
99年にはニューヨーク、ワシントンDCにてデビューリサイタル、2000年にはニューヨークにてコンチェルトデビューを果したほか、ヨーロッパ各地でコンサートを行っている。
2001年2月より、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団に首席ヴィオラ奏者として入団。
神奈川フィル/広上淳一と『イタリアのハロルド』、ヴュルテンベルク・フィルとバルトーク、ハレ管とウォルトンで共演、ミハイル・プレトニョフ作曲のヴィオラ協奏曲、日本初演でプレトニョフ指揮、東京フィルとの共演。
ベルリン・フィル、ヴァイオリン奏者の町田琴和と日本フィル、またクスマール氏とトッパン・ホールでモーツァルト:協奏交響曲、2007年1月にリサイタル・ツアーのほか仙台フィルとの『イタリアのハロルド』、7月には紀尾井シンフォニエッタ『白鳥を焼く男』で共演、2008年トヨタ・マスタープレイヤーズでウィーンフィル・コンサートマスターのフォルクハルト・シュトイデ氏とモーツァルト『協奏交響曲』を、2013年3月にはペーター・シュミードル氏とブルッフ『クラリネットとヴィオラのための協奏曲』で共演。ソリストとしての活躍に加え、リサイタルや室内楽でも積極的に活動しており、2003年ベルリン・フィル八重奏団と日本公演や2012年の東京クヮルテットと国内外での共演の他、数々のリサイタルを国内外で行っており、2011年にはピアニスト、オズガー・アイディンとのリサイタルをライブ録音した『ヴィオラ・アマービレ』をマイスター・ミュージックからリリース、好評を博している。
(2013年5月現在)

リンク

清水 直子
©Oji Hall / Fumiaki Fujimoto

 

お問い合わせ

ダウンロード

このページをシェアする

ディスコグラフィー

動画