ナレク・アフナジャリャン

チェロ
Narek Hakhnazaryan, Cello
ナレク・アフナジャリャン

バイオグラフィー

 ワシントン・ポスト紙に「成熟した天才」と賞賛されたナレク・アフナジャリャンは、同世代で最も優れたチェリストのひとりとして地位を確立し、世界中で認められている。
2011年に22歳で第14回国際チャイコフスキー・コンクールのチェロ部門1位とゴールド・メダルを獲得し、すでにマリインスキー管弦楽団、ソウル・フィルハーモニー管弦楽団、スカラ・フィルハーモニー管弦楽団、ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団等、世界中のオーケストラと強い関係を築いている。
2014年にはBBCニュー・ジェネレーション・アーティスツへ招待され、その演奏はBBCラジオ3で定期的に放送されている。

 多数の世界の一流オーケストラと共演しており、その中にはロンドン交響楽団、シカゴ交響楽団、ロッテルダム・フィルハーモニー管弦楽団、チェコ・フィルハーモニー管弦楽団、フランクフルト放送交響楽団、ニュージーランド交響楽団が含まれる。

また指揮者では、ゲルギエフ、ゲレーロ、フルシャ、コープマン、ネーメ・ヤルヴィ、スラットキン、ロバートソン、ビエロフラーヴェク等と共演している。サラステ指揮ケルンWDR交響楽団のスペイン・ツアー、ハリウッド・ボウスでのロサンゼルス・フィルハーモニー管弦楽団との共演で大成功を収めた。

 室内楽とリサイタルの演奏も熱心に行っており、これまでにコンセルトヘボウ、サルプレイエル、ウィグモア・ホール、ベルリン・コンツェエルトハウス、エッセンのフィルハーモニー、ウィーン・コンツェルトハウス、カーネギー・ホール、ボストンのジョーダン・ホールなどで演奏し、メクレンブルク=フォアポンメルン、ラヴィニア、アスペン、ミッケリ、ロンドン、ルツェルン、ヴェルビエ等多数の音楽祭にも出演している。

 2015/16シーズンの主要な公演としては、パリ管弦楽団、シドニー交響楽団、NHK交響楽団、ミルウォーキー交響楽団、シアトル交響楽団を含む多くのオーケストラとの初共演、フランクフルト・ムゼウムス管弦楽団とのアルテオーパー公演、パノン・フィルハーモニー管弦楽団とのブダペストの芸術宮殿公演がある。ボンのベートーヴェン・フェスト、スペインのパウ・カザルス音楽祭、香港、上海、北京で初めてリサイタルを行い、ルツェルンとロンドンのウィグモア・ホールでもリサイタルを行う。

 アフナジャリャンは1988年アルメニアのエレバンで、父はヴァイオリニスト、母はピアニストという音楽一家に生を受けた。故ロストロポーヴィチの助言を得て、ニューイングランド音楽院でローレンス・レッサーの指導を受け、2011年に同校からアーティスト・ディプロマを取得。それ以前には、モスクワ音楽院でアレクセイ・セレズニョフに、エレバンのサイアト=ノヴァ音楽学校でザレ・サルキシャンに師事している。

 アフナジャリャンは、ロストロポーヴィチ財団及びロシアン・パフォーミング・アーツ・ファンドから奨学金を受けている。受賞暦には2006年にアルメニアで開催されたアラム・ハチャトゥリアン国際コンクール1位、同年の若き弦楽器奏者のためのヨハンセン国際コンクール1位が含まれる。2008年のヤング・コンサート・アーティスト・オーディションの1位受賞者として、カーネギーのザンケル・ホール及びワシントンでデビューした。

リンク