上村 昇

チェロ
Noboru Kamimura, Cello
上村 昇

バイオグラフィー

1975年、京都市立芸術大学卒業。
黒沼俊夫氏に師事。
76年、第23回文化放送音楽賞受賞。
77年、第46回日本音楽コンクール第1位。
海外派遣コンクール松下賞受賞。
79年、京都・ 東京にてデビュー・リサイタルを開く。
第6回カサド国際チェロ・コンクール優勝。ヨーロッパ各地で活躍。
83年、第1回京都府文化賞新人賞受賞。
86年、東京・京都にてバッハ無伴奏チェロ組曲全曲演奏会を開催。
91年、ノイマン指揮チェコ・フィルハーモニー管弦楽団と共演。
93年、第5回飛騨古川町音楽大賞奨励賞受賞。
プラハ交響楽団と共演。
98年ABC国際音楽賞受賞。
2001年、第19回京都府文化賞功労賞受賞。
ソリストとしての活躍はもちろん室内楽の分野においても国内外の著名なアーティストたちからの信頼も厚い。
また、98年に京都府民ホール・アルティの開館10周年を記念し弦楽四重奏団(ヴァイオリン豊嶋泰嗣・矢部達哉・ヴィオラ川本嘉子)を結成し、定期的に公演を行っている。
現在、母校の京都市立芸術大学教授、桐朋学園大学客員教授として後進の指導にもあたっている。

リンク

ディスコグラフィー