ウィーン・シェーンブルン宮殿オーケストラ

オーケストラ
Schloss Schönbrunn Orchester Wien, Orchestra
ウィーン・シェーンブルン宮殿オーケストラ

バイオグラフィー

ウィーン・シェーンブルン宮殿オーケストラは、マネージャー兼プロデューサーのペーター・ホセックにより1997年に設立された、帝都ウィーンの魅惑的な時代を音楽で伝える、国際的に名高いウィーンの室内管弦楽団である。高い音楽的水準に加え、統一されたサウンド、喜びあふれる舞台、非の打ちどころのない外見で音楽を表現することで、同団は他の楽団から際立った存在となっている。定期的にかつてのオーストリア=ハンガリー君主国の夏の宮殿、シェーンブルン宮殿で演奏している。過去のコンサートツアーでは、スウェーデン、フィンランド、デンマーク、ノルウェー、中国、日本、東南アジア、ドイツ、ギリシャ、ブルガリア、ルーマニア、アメリカ、ブラジルで熱烈に迎えられた。

ウィーン・シェーンブルン宮殿オーケストラは、演奏する曲のウィーン流の解釈に大きな重点を置いている。古典派のウィーンの作曲家の作品とウィーン音楽を、微妙かつ独特のタッチを持って、常に「ウィーン」の音を加えて解釈することに秀でている。

1997年より首席指揮者はグイド・マンクージ、首席客員指揮者はヴィニシウス・カターが務めている。

ニュース