水口 聡(テノール)

声楽
Satoshi Mizuguchi , tenor, Vocal
水口 聡(テノール)
©K. Miura

バイオグラフィー

武蔵野音楽大学・大学院修了後、ウィーン国立音楽大学を邦人初、全員一致の首席で卒業のため、オーストリア文部大臣賞受賞。
1988年ミラノ国際コンクール第1位、ホセ・カレ一ラス賞、マリオ・デル・モナコ賞を受賞、ほか多数のコンクールに入賞を果たす。
ウィーン国立歌劇場「リゴレット」でバリトンとしてデビュー。
1995年テノールに転向。98年トライアン・グロサベスク国際声楽コンクール第1位グランプリ受賞。
欧州各地の歌劇場や音楽祭において、世界でも貴重なテノール・リリコ・スピントとして絶賛された。

「トスカ」、「トゥーランドット」などのイタリア・オペラに加え、「ニュルンベルクのマイスタージンガー」、「さまよえるオランダ人」他、ワーグナー作品も含め、そのレパートリーは40作品に及ぶ。
オーケストラ曲のソリストとしても定評がある。
日本では「アイーダ」「運命の力」の主役など、新国立劇場への出演多数。2012年には、びわ湖ホールと神奈川県民ホール共同制作オペラ「タンホイザー」に主役で出演。
また日中国交正常化40周年記念オペラ≪アイーダ≫に東京及び北京公演に出演、ゲルギエフ指揮マリインスキー管弦楽団日本公演に歌手としては日本人初として「ランメルモールのルチア」に、そして2014年には「サロメ」のコンサート形式で出演した。
また、セルリアンタワー能楽堂では毎年、クリスマスに能楽師の善竹富太郎氏とのコラボレーションでオペラ風狂言のコンサート等、クラシック音楽の他、カンツォーネやジャズでも定評がある。
CDはEMIより「星は光りぬ」、EXTONより「ブリランテ」が発売中。初の著作「声の力で人生をもっとよくする!」は、”心もからだも元気になる”書として注目されている。
大阪芸術大学大学院教授。在ウィーン。


(2015年9月現在)
水口 聡(テノール)
©K. Miura

 

お問い合わせ

ダウンロード

このページをシェアする

ディスコグラフィー