西村 悟(テノール)

声楽
Satoshi Nishimura, tenor, Vocal
西村 悟(テノール)
©Yoshinobu Fukaya(aura)

バイオグラフィー

日本大学芸術学部音楽学科卒業、東京藝術大学大学院オペラ科修了。

声楽を丹羽勝海、川上洋司、Yoko Takedaの各氏に師事。第36回イタリア声楽コンコルソ・ミラノ部門にて大賞(1位)を受賞。
ボローニャ国立音楽院へ留学。2010年、文化庁新進芸術家海外派遣員としてヴェローナに再渡伊。
2011年、イタリアで若手の登竜門として知られる第17回リッカルド・ザンドナーイ国際声楽コンクールにて第2位、並びに審査委員長特別賞を受賞。第80回日本音楽コンクールにて第1位、並びに聴衆賞を受賞。

2013年1月、大野和士指揮水戸室内管弦楽団とブリテンの「ノクターン」、2014年7月、山田和樹指揮スイス・ロマンド管弦楽団とメンデルスゾーンの交響曲「讃歌」、同年12月には佐渡裕指揮ケルン放送交響楽団と「第九」を共演。

2015年は山田和樹指揮仙台フィル「椿姫」コンサート形式、大野和士指揮広島交響楽団とベートーヴェンの交響曲第9番「合唱付き」、インキネン指揮日本フィルとのマーラー「大地の歌」、12月の第九では、佐渡裕指揮PAC兵庫県立芸術文化センター管弦楽団、ドミンゴ・インドヤン指揮新日本フィルハーモニー管弦楽団、そして大友直人及び秋山和慶指揮東京交響楽団で共演。

2016年は小林研一郎指揮名古屋フィルハーモニー管弦楽団とヴェルディ「レクイエム」、高関健指揮東京シティ・フィルとベルリオーズ「ファウストの劫罰」、パスカル・ヴェロ指揮仙台フィルハーモニー交響楽団「蝶々夫人」、そして大野和士指揮バルセロナ交響楽団との共演でメンデルスゾーン「讃歌」のソリストを務め、ヨーロッパデビューした。

オペラでは、新国立劇場「夜叉ヶ池」、藤原歌劇団「ラ・トラヴィアータ」「蝶々夫人」「仮面舞踏会」に出演。2017年にはびわ湖プロデュース・オペラ「ラインの黄金」に出演予定。

平成25年度五島記念文化賞オペラ部門オペラ新人賞受賞。第23回出光音楽賞受賞。藤原歌劇団団員。ヴェローナ在住。
西村 悟(テノール)
©Yoshinobu Fukaya(aura)

 

お問い合わせ

ダウンロード

このページをシェアする