奥井 紫麻

ピアノ
Shio OKUI, Piano
奥井 紫麻
©Takahiro WATANABE

バイオグラフィー

2004年5月生まれ。
7歳よりエレーナ・アシュケナージに師事。
現在ウラディーミル・スピヴァコフ国際慈善基金奨学生。8歳でオーケストラと初めて共演し、12歳で世界的指揮者ワレリー・ゲルギエフ指揮マリインスキー歌劇場管弦楽団と共演。

ロシアを代表する指揮者・ヴァイオリニストのウラディーミル・スピヴァコフとも10歳の頃から度々共演を重ねており、今年13回目を迎えるスピヴァコフ国際慈善基金主催のフェスティバル“Moscow Meets Friends”では、グランドオープニング・セレモニーのソリストに選ばれ、スピヴァコフ指揮モスクワ・ヴィルトージとフェスティバルの開幕を飾った。

9歳から国外での音楽祭に招かれ、ロシア、イギリス、スイス、イタリア、ポーランド、ウクライナ、ラトビア、アルメニア等でのコンサートに出演、各地のオーケストラとも多数共演している。

2016年5月にはデニス・マツーエフが発起人となってモスクワで開催された順位付けを行わないユニークなコンクール“GRAND PIANO COMPETITION”で、最年少で7名の受賞者の1人に選ばれ、モスクワ音楽院大ホールで演奏。その様子はMedici.tvで中継され、演奏を聴いたエフゲニー・キーシンは「この年齢でこれほどまでに音楽を理解して感じる事ができ、楽器を自由に操ることができるとは、ただただ驚いた。」と評された(出典:Classical Music News/Russia)。
これまでに第1回ウラディーミル・クライネフ モスクワ国際ピアノコンクール(2015年モスクワ/ジュニア部門最年少第1位)、第14回ロシア国営文化テレビ主催「若い音楽家のための国際TVコンテスト“くるみ割り人形” 」(2013年モスクワ/ピアノ部門第2位及び全部門総合聴衆賞)、第10回ウラディーミル・ホロヴィッツ記念国際ピアノコンクール”Horowitz-Debut”部門(2013年キエフ/A及びDカテゴリー第1位及びウクライナ文化省特別賞)等で入賞している。
奥井 紫麻
©Takahiro WATANABE

 

お問い合わせ

ダウンロード

このページをシェアする