松本 宗利音

指揮,協力アーティスト
Shurihito Matsumoto, Conductor, Management Collaboration
松本 宗利音

バイオグラフィー

1993年 大阪府出身。
京都堀川音楽高校を経て、東京藝術大学音楽学部指揮科卒業。卒業時にアカンサス賞を受賞。
幼少時より音楽、特にヴァイオリンに親しみ、相愛音楽教室、センチュリー・ユースオーケストラに所属した。
指揮を尾高忠明、藏野雅彦、高関健、田中良和の各氏に師事。また、在学中にダグラス・ボストック、パーヴォ・ヤルヴィ両氏のマスタークラスを受講する。ヴァイオリンを澤和樹、曽我部千恵子の両氏に師事。名前の宗利音(シューリヒト)は、世界的指揮者であるカール・シューリヒト氏の御夫人に、直接名付けられたものである。

これまでに大阪交響楽団、札幌交響楽団、山形交響楽団、東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団に客演。2017年4月より東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団の指揮研究員を2年間務めた。
2019年4月より札幌交響楽団の指揮者に就任。