平野 和

声楽
Yasushi Hirano, Vocal
平野 和
©Claudia Prieler

バイオグラフィー

日本大学芸術学部音楽学科同大学を首席で卒業、卒業時に学部長賞受賞。
2000年オーストリア・ウィーン国立音楽大学声楽科へ入学、2003年同大学声楽科終了後、2007年同大学大学院オペラ科を首席で卒業。末芳枝、R.ハンスマン、R.ホルの各氏に師事。

 オペラではバロックから現代にいたるまで広範囲をレパートリーとし、ウィーン国立音大在学中より数々のオペラに出演。2004年ドイツ・ラインスベルク室内歌劇場国際コンクールで入賞、同オペラ主催の夏の音楽祭で世界的演出家ハリー・クプファー演出のヘンデル作曲「オットーネ」エミレーノ役に抜擢される。

また、2006年夏にはザルツブルク音楽祭、ブレゲンツ音楽祭にソリストとして相次いで出演。

 コンサート歌手としてもバッハ、モーツァルト、シューベルトなどのミサ曲・カンタータ・オラトリオのソリストを数多く務め、ウィーン楽友協会、ベルリン・フィルハーモニーなど主要なホールに客演。

 2007/08シーズンよりオーストリア・グラーツ歌劇場と専属歌手として契約。2007年10月の「魔弾の射手」の隠者としてセンセーショナルなデビューを飾る。
 2008/09シーズンからは、ウィーン・フォルクスオーパーと専属歌手として契約。2012年の新演出版「フィガロの結婚」タイトルロールをはじめ、在籍9シーズンで約300公演に出演。
 2008年、2011年にはStyriarte音楽祭で故N.アーノンクールと共演、2012年に出演したヴェルディの歌劇「アルツィーラ」(G.クーン指揮・演奏会形式)が映像化され、その模様がヴェルディ生誕200周年の2013年、世界中にて放映される。
日本国内では新国立劇場の「影のない女」(冥界の使者)、「ドン・ジョヴァンニ」(レポレッロ)、「アイーダ」(エジプト王)に出演。
 2017/18シーズンは、フォルクスオーパーの新制作版、ベルリオーズ作曲「ロメオとジュリエット」のロレンス神父、再演版「ルサルカ」の水の精、ブレゲンツ音楽祭の湖上オペラ「カルメン」のスニガ、ウィーン楽友協会大ホールでの「ドイツ・レクイエム」のソリストとして出演予定。
 今、最も活躍が期待される若手バス・バリトンのひとりである。

リンク

平野 和
©Claudia Prieler

 

お問い合わせ

ダウンロード

このページをシェアする