北村 陽

チェロ
Yo Kitamura, Cello
北村 陽

バイオグラフィー

 2004年兵庫県西宮市生まれ。4歳からチェロを始める。
 2017年6月、カザフスタンで行われた「第10回若い音楽家のためのチャイコフスキー国際コンクール」チェロ部門で優勝を果たし、大きな注目を浴びる。
 佐渡裕とスーパーキッズ・オーケストラに最年少(小2)で入団。東日本大震災被災地の十数か所での演奏に参加する。
 9歳でオーケストラと初共演、10歳で初リサイタルを行う。関西フィルハーモニー管弦楽団、東京交響楽団、大阪フィルハーモニー交響楽団、兵庫芸術文化センター管弦楽団と共演。
 2018年は山形交響楽団、中部フィルハーモニー交響楽団、アンドレイ・フェーヘル指揮関西フィルハーモニー管弦楽団定期公演、小林研一郎指揮東京フィルハーモニー交響楽団との共演を予定している。
 テレビ朝日「題名のない音楽会~神童たちの音楽会2017」、BSジャパン「エンター・ザ・ミュージック」のほか、日本テレビ「news every」にも出演した。
 第37回草津夏期国際音楽アカデミーの奨学生に選ばれ、マスター・クラスでは、ヴォルフガング・ベッチャー、フィリップ・ミュレール、ミッシャ・マイスキー、マリオ・ブルネロ、キリル・ロージン、シュテファン・コンツ各氏に学ぶ。山崎伸子、太田真実、故ギア・ケオシヴィリ各氏に師事。
 2017年「関西元気文化圏賞 ニューパワー賞」受賞。
 使用楽器は、上野製薬株式会社より貸与されている1668年製「カッシーニ」。

ニュース