仲道 祐子

ピアノ
Yuko Nakamichi , Piano
仲道 祐子
©Akira Muto

バイオグラフィー

心に染み入る情感豊かな音楽性と暖かい音色を持ち味とし、聴衆に愛されるピアニスト。
金原美津子、安倍紀子、故中島和彦の各氏に師事。アメリカにてシルヴィア・ミューリング氏に師事。
桐朋女子高等学校音楽科に進み、卒業後渡独、クラウス・シルデ氏に師事。
ミュンヘン国立音楽大学、同大学院ピアノ科及び室内楽科を卒業。
ドイツを拠点にソロ活動を行う。
コンクールでは、第36回全日本学生音楽コンクールピアノ部門中学校の部全国第1位。アドルフォ・L・アプレダ国際ピアノコンクール最高位第2位。第37回マリア・カナルス国際音楽コンクールピアノ部門第2位及び特別賞。
第10回ロベール・カサドシュ国際ピアノコンクール第3位。
1996年5月、紀尾井ホールのデビュー・リサイタルで、日本での本格的ソロ活動を始める。
現在は、各地でのリサイタルの他、国内の主要オーケストラと共演し、室内楽の分野でも活躍している。
2006年より、朗読劇「月光の夏(劇団東演との共同制作プロジェクト)」にピアニストとして毎年出演するなど、平和について考えるコンサートや社会的意義のあるコンサートにも意欲的に参加している。
更に、音楽教育の普及に深い関心を示し、子供達と音楽の楽しさやピアノの楽しさを分かち合うコンサートや、朗読とのコラボレーションなどの多彩なコンサート活動にも力を注いでいる。
ピアノの歴史300年をピアノ曲とお話でたどるコンサートも好評を得ている。
CDは、ビクターエンタテインメントより「センプリーチェ」、「モーツァルト/トルコ行進曲」、オール・ベートーヴェンの「ムーンライト・ソナタ」、アメリカン・レパートリーの「誰かが私を愛してる」、仲道郁代との2台ピアノ「愛の挨拶」、ピアノ小品集「ピアノ愛奏曲集」の6枚をリリースしている。
大阪芸術大学演奏学科教授。

(2016年4月現在)
仲道 祐子
©Akira Muto

 

お問い合わせ

ダウンロード

このページをシェアする

動画