ゲヴァントハウス弦楽四重奏団

室内楽
Gewandhaus Quartett, Chamber Music
ゲヴァントハウス弦楽四重奏団

バイオグラフィー

2008/2009シーズンに結成200周年を祝うゲヴァントハウス弦楽四重奏団は、世界最古の弦楽四重奏団
である。1809年にヴァイオリニストのアウグト・マッティと他のゲヴァントハウス管弦楽団の3人の音楽家によって誕生。以来、ゲヴァントハウス管弦楽団の首席奏者達によって、今日にいたるまで途切れることなく音楽活動を続けている。

 19世紀のメンバーにはメンデルスゾーンにヴァイオリン協奏曲を献呈されたF.ダヴィッド、ブラームスのヴァイオリン協奏曲の初演を行なったJ.ヨアヒム等がいる。
世界各地での演奏に加え、平成天皇や英国のチャールズ皇太子の前でも非公開で演奏を披露しているほか、ドイツのローマン・ヘルツォーク大統領が1999年3月にアルゼンチンを公式訪問した折に同行。NHKによる収録も行なわれている。
 ゲヴァントハウス弦楽四重奏団は、一貫して同時代の音楽を支持してきた。今までにメンデルスゾーン、シューマン、ブルッフ、ドヴォルジャーク、レーガーを含む100以上の作品の初演を行っている。
 結成以来共演を行なった著名演奏家の中にはクララ・シューマン、ブラームス、ブゾーニ、グリーグ、ニキシュ、ケンプ、ルービンシュタインなどの名前もある。近年ではヨーヨー・マ、ザビーネ・マイヤーなどと共演を行なっている。
CD録音にも積極的に取り組み、ベートーヴェンの後期の四重奏曲のCDについて`Klassik heute’(Classic Today)誌は、「模範的で、かつひとつの基準ともなり得る解釈」を持ち、「卓越した音の美しさ」で聴く者を魅了すると述べ、また「この録音は、ゲヴァントハウス弦楽四重奏団が世界で最も優れた四重奏団のひとつであるという名声を再確認するものである」としめくくっている。ベートーヴェンの弦楽四重奏曲の全曲録音はNCAレーベルより発売されており、過去に同四重奏団によって初演されたシューマンとメンデルスゾーンの録音も「ゲヴァントハウス弦楽四重奏団が世界における一流の四重奏団のひとつとして挙げられていることは尤もなことである」と評されている。

フランク=ミヒャエル・エルベン(第1ヴァイオリン) Frank=Michael Erben( 1st Violin)
 1965年ライプツィヒ生まれ。5歳よりヴァイオリンを学び、7歳でライプツィヒのフェリックス・メンデルスゾーン・バルトルディー音楽大学への入学を認められる。在学中にゲヴァントハウス管弦楽団に客演し、1987年に22歳で同管弦楽団の首席コンサートマスターに任命された。ネヴィル・マリナー、クルト・マズア、ヘルベルト・ブロムシュテットなどの指揮のもと、モーツァルト、ベートーヴェン、メンデルスゾーン、チャイコフスキー、シベリウスのヴァイオリン協奏曲を演奏し、ソリストとしてサラサーテの「カルメン幻想曲」(CD)、メンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲(DVD)も発売されている(共にクルト・マズア指揮ゲヴァントハウス管弦楽団との共演)。1993年よりゲヴァントハウス弦楽四重奏団の第1ヴァイオリンを務めている。

コンラート・ズスケ(第2ヴァイオリン) Conrad Suske(2nd Violin)
 1958年ライプツィヒ生まれ。1971年~1981年、ベルリン(ハンス・アイスラー)とライプツィヒ(フェリックス・メンデルスゾーン・バルトルディー)の音楽大学のマスタークラスでヴァイオリンと室内楽を学ぶ。1981年にライプツィヒのゲヴァントハウス管弦楽団に入団し、1984年に同楽団の首席コンサートマスター代理に任命された。同楽団における活動の他に、ズスケは、ドイツのさまざまなピアニストとのデュオ演奏会を定期的に行っている。1989年にゲヴァントハウス弦楽四重奏団に加わり、また、1993年にはバイロイト祝祭管弦楽団のメンバーとしても活躍している。

アントン・ジヴァエフ(ヴィオラ) Anton Jivaev (Viola)
1976年、ウズベキスタンの首都タシケントに生まれたアントン・ジヴァエフはロシアの音楽一家の出身で幼少期からクラシック、ジャズを学んだ。7歳で初めてのヴァイオリンのンレッスンを受け、16歳でヴィオラに転向する。タシケントの国立音楽大学を卒業後、フィラデルフィアのカーティス音楽院でロベルト・ディアツに師事。卒業後5年間、ノースカロライナ交響楽団のソロ・ヴィオラ奏者として活躍。現在はゲヴァントハウス管弦楽団のメンバーであり、ゲヴァントハウス弦楽四重奏団とヴェルビエ・チェンバーオーケストラにも所属している。

レオナルド・フレイ-マイバッハ(チェロ)
Leonard Frey-Maibach(Cello)
1991年、リヨンの音楽一家に生まれ8歳でチェロを始める。15歳にしてリヨン・コンセルヴァトワールで一等を獲得。チェロをローランド・ピドーおよびグザヴィエ・フィリップに、室内楽をジャン・スレムとヴァレリー・エマールに学んだ。2013年、ユリウス・ベルガ―博士の元で大学を卒業する。室内楽ではヴォルフガング・ベッチャー、ボリス・ガルリツキーとライナー・クスマウルから大きな影響を受けており、その間も定期的にザルツブルグ、クローンベルグ、ミュンヘン、ライプツィヒ、ボルツァーノ、リスボン、パリなどで室内楽を演奏。2007年以来、フランスのパリ・ユースオーケストラやグスタフ・マーラー・ユースオーケストラなど数々のユースオーケストラで積極的に演奏。また、彼はミュンヘン?・フィルハーモニー管弦楽団のアカデミストとしてロリン・マゼールとズビン・メータの指揮で演奏している。2013年、ゲヴァントハウス管弦楽団の首席チェロ奏者代理となり、その後首席チェロ奏者の座についた。弓はリヨンのデニス・ベルゲロン、チェロはニコラ・ルポーの1810年製。

ニュース

リンク