ブラック・ダイク・バンド

室内楽
Black Dyke Band, Chamber Music
ブラック・ダイク・バンド

バイオグラフィー

 1816年、ピーター・ワートンは、ヨークシャーのクイーンズヘッド村(現在のクイーンズバリー)に、金管楽器と木管楽器によるバンドを設立した。後に「ブラック・ダイク・ミルズ・バンド」の創設者となるジョン・フォスターは、ワートンの設立したバンドのフレンチ・ホルン奏者であった。これまで多くの機会に「ブラック・ダイク・バンド」は、ワートンのバンドを元に生まれたと述べられてきたが、それは厳密には正しくない。というのは、ピーター・ワートンのバンドは、団員数の減少によって一旦、消滅していたからである。1833年になると、「クイーンズヘッド・バンド」という名の新しいバンドが結成された。このバンドには、おそらくワートンのバンドの元奏者たちが、相当数含まれていたのではないかと考えられる。クイーンズヘッド・バンドは、1838年から1843年にかけて団員18名を擁し、その全盛期を迎えていたと伝えられている。

 ブラック・ダイク・バンドが、2005年9月15日に創設150周年記念日を迎えたことは、同バンドにとって誇らしい出来事だった。この日を祝うための多くの企画のうち、主なものを2つ挙げるとすると、一つはロイ・ニューサム博士の著した「ゴールデン・イヤー:ブラック・ダイク150年の歴史」という書籍の出版、もう一つは三枚組のユニークなCDセット「ジュエルズ・イン・ザ・クラウン」のリリースである。前者は、1855年から2005年までのブラック・ダイク・バンドの歴史と発展を、言葉と写真で綴ったものである。後者は、1903年から現在までのブラック・ダイク・バンドの音源を収録したもので、言わば、音楽で綴った同バンドの歴史である。

 ブラック・ダイク・バンドは、世界で最も多くの録音をおこなっているバンドで、すでに350枚を超えるディスコグラフィーは、年々さらに増加を続けている。また、同バンドは、世界で最もコンテストで成功を収めているバンドでもある。これまでに、ヨーロピアン・ブラスバンド選手権で13回(直近では2015年)、ブリティッシュ・オープン・ブラスバンド選手権で30回(直近では2014年)、全英ブラスバンド選手権で23回(直近では2014年)の優勝がある。また、イングリッシュ・ナショナル・ブラスバンド選手権では、2009年、2011年、2012年、2013年に優勝したのに加え、2014年10月にも優勝したことにより、2014年の「イングリッシュ・ナショナル・チャンピオン」のタイトルを獲得した。

 2007年8月には、ブラック・ダイク・バンドは、ロンドンのロイヤル・アルバート・ホールにおけるBBCプロムスに招かれて演奏を行った。

 2006年には、ブラック・ダイク・バンドは、若者たちの活動を支援する働きかけの一環として、ニコラス・チャイルズ博士の指導と同バンド正規メンバーの協力の下に、ヨークシャー・ユース・ブラス・バンド(YYBB)を創設した。YYBB創設の目的は、11歳から21歳までの若者たちが、演奏者、作曲家、市民として、自身の潜在能力を余すところなく発揮できるように、彼らに良い刺激を与え、彼らの意欲を掻き立てることである。

 ブラック・ダイク・バンドのロゴマークとなっている「牡鹿の頭とラテン語の引用」は、同バンドの創設者、ジョン・フォスターが1857年に使用許可を得た紋章を元にしたものである。そのラテン語の意味は「何も恐れず、正しい行いをせよ」である。

ニュース

リンク

ディスコグラフィー

動画