プラハ交響楽団

オーケストラ
Prague Symphony Orchestra, Orchestra
プラハ交響楽団

バイオグラフィー

1934年の秋、指揮者のルドルフ・ペカーレクによって創立された。
彼は、この新しい楽団の活動分野をフィルム・オペラ・コンサートと定義づけ、その略称FOKは同楽団の名称の一部となった。
同楽団は1930年代に制作されたチェコ映画音楽の大半を録音し、また、チェコスロヴァキア放送の生放送に定期的に出演する ことによって名を広め、経済的に存立できる団体に成長した。
その結果、コンサート活動を徐々に発展させることが可能となり、その活動の主たる推進者は創立以来一貫してヴァーツラフ・スメターチェクであった。

 スメターチェクは短期間のうちに、同楽団を国内の熾烈な競争に充分に耐えうる大規模な交響楽団へ発展させることに成功した。
1942年には、首席指揮者に就任し、30年間にわたって同楽団を率いた。
彼のリーダーシップのもと、同楽団は高い演奏水準に到達し、国際的な名声を得るようになった。

 同楽団の長年におよぶ努力が実り、1952年、プラハ市は同楽団に市を代表するオーケストラという地位を与えた。
長く使われてきた「FOK」という頭文字を残し、オーケストラの新しい名称は「首都プラハの交響楽団FOK」となった。1957年には、ポーランド、イタリア、オーストリアとドイツへの初の国外ツアーを行うことによって国際舞台に踊り出た。
 スメターチェクが首席指揮者を退いた後、ラディスラフ・スロヴァーク(1972-76)、とインドルジヒ・ローハン(1976-77)が後任となり、さらにその後、この役を担ったイルジー・ビエロフラーヴェク(1977-89)が、同楽団の芸術的成長の観点において重要な時期を印すことになった。ビエロフラーヴェクの後は、ペトル・アルトリフテル(1990-92)、マルティン・トゥルノフスキー(1992-95)、ガエターノ・デローグ(1995-98)が続いた。
 また、同楽団と共演する機会の多かった著名なチェコの指揮者としては、ヴァーツラフ・ノイマン、ズデニェク・コシュラー、ヴラディーミル・ヴァーレクなどがいる。2001年3月から2005/2006シーズンの終わりまでは、セルジュ・ボドが同楽団の首席指揮者および音楽監督を務めた。


<ピエタリ・インキネン(首席指揮者)>

 2015年9月に、プラハ交響楽団の首席指揮者に就任。現在、ニュージーランド交響楽団の音楽監督として9シーズン目を迎えているインキネンは、2009年9月より、日本フィルハーモニー交響楽団の首席客演指揮者も務めている。2015年には、ルートヴィヒスブルク城音楽祭管弦楽団の首席指揮者にも就任した。
 その他、ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団、スカラ座フィルハーモニー管弦楽団、ロサンゼルス・フィルハーモニー管弦楽団、ロッテルダム・フィルハーモニー管弦楽団、イスラエル・フィルハーモニー管弦楽団、ベルリン・ドイツ交響楽団、ケルン西ドイツ放送交響楽団、バイエルン放送交響楽団、バンベルク交響楽団、ウィーン放送交響楽団、BBC交響楽団、ドレスデン国立歌劇場管弦楽団、ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団、マッジオ・ムジカーレ管弦楽団、ワシントン・ナショナル交響楽団、バーミンガム市交響楽団、フランス放送フィルハーモニー管弦楽団などに客演し、最高レベルの演奏を行っている。
 これまでに、ヴァディム・レーピン、ヒラリー・ハーン、ピンカス・ズーカーマン、ニコライ・ズナイダー、ジャン=イヴ・ティボーデ、アレクサンダー・トラーゼ、エリザベート・レオンスカヤなどのソリストたちと共演している。
 2013年9月には、オーストラリア国立オペラ歌劇団にとって初めての公演となるワーグナーの《ニーベルングの指環》(演出:ニール・アームフィールド)の指揮者に抜擢され、短い準備期間で公演を成功へと導いた。オーストラリア史上3回目となったこのチクルスは、世界の報道機関で大絶賛され、オーストラリア全土で上演された多くの舞台芸術作品の中で極めて高い評価を獲得、2014年8月、オーストラリアの「ヘルプマン・アワード」の「最優秀音楽監督」に選ばれた。
 オペラでは、これまでにフィンランド国立歌劇場で指揮を行っているほか、ベルギー王立モネ劇場には、ピナ・バウシュ舞踏団《春の祭典》で、華々しくデビューを飾っている。2012年の春には、ベルリン国立歌劇場とバイエルン国立歌劇場で《エフゲニー・オネーギン》を指揮してデビューを果たした。2013年には、パレルモのマッシモ劇場で《ワルキューレ》と《ラインの黄金》を指揮し、《ラインの黄金》でイタリアの音楽批評家協会主催の「フランコ・アッビアーティ賞」(最優秀舞台賞)を受賞した。2014/15年シーズンには、フィンランド国立歌劇場でシベリウスの「クレルヴォ交響曲」を指揮した。また、ケルン国立歌劇場ではサシャ・ヴァルツ振付によるストラヴィンスキーの《春の祭典》でデビューした。
 また、ヴァイオリニストとしても卓越しており、ケルン音楽大学でザハール・ブロンの下に研鑽を積んだ。これまでに、ソリストとしても、フィンランド放送交響楽団やヘルシンキ・フィルハーモニー管弦楽団をはじめとする、フィンランドの数多くの一流オーケストラと共演している。ヘルシンキ・フィルとは、シベリウスのヴァイオリン協奏曲を同作品の初演100周年を記念した演奏会で演奏した。また、ジェノヴァのカルロ・フェリーチェ劇場管弦楽団、トリノRAI交響楽団、ノールショピング交響楽団、リヨン国立管弦楽団とも共演し、弾き振りを行い、好評を得ている。
 プラハ交響楽団との2015/16年シーズンでは、バリー・ダグラス、樫本大進などとの共演が予定されている。

ニュース

リンク

プラハ交響楽団

 

お問い合わせ

ダウンロード

このページをシェアする