ロシア・ナショナル管弦楽団

オーケストラ
Russian National Orchestra, Orchestra
ロシア・ナショナル管弦楽団

バイオグラフィー

<ミハイル・プレトニョフ プロフィール>
 ミハイル・プレトニョフはその幅広い活動にもわかるように、一言では説明することの出来ない多才なアーティストである。完璧な技術を持つ天才ピアニストとして世界の頂点を極め、指揮者としても作曲家としても驚くべき才能に恵まれている。

 1957年音楽家の両親の下、ロシアのアルハンゲリスクに生まれ、幼少の頃から音楽に非凡な才能を示す。カザンで育ち、13歳で中央音楽院、1974年にはモスクワ音楽院に入学。ピアノをヤコフ・フリエール、レフ・ヴラセンコに師事した。1978年、弱冠21歳でチャイコフスキー国際コンクールのゴールド・メダル及び第1位を獲得。国際的な脚光を浴び、1988年には当時の大統領ミハイル・ゴルバチョフに招かれ、ワシントンで開催されたサミットにて演奏を行っている。

 ゴルバチョフ元大統領と親交を深めたプレトニョフは、ロシアにおいて国家から独立したオーケストラを設立する、という長年暖めてきた夢を実現する歴史的な機会を得ることになる。
プレトニョフのアーティストとしての力量と彼の演奏芸術に対する新しい透察力に惹かれ、ロシアで最高のレベルにある音楽家達が集まって、1990年ロシア・ナショナル管弦楽団(RNO)が設立された。
音楽監督及び首席指揮者として、同楽団を僅か10年足らずで世界有数のオーケストラに育て上げたプレトニョフは、その指揮活動の中心をRNOに置きながら、フィルハーモニア管弦楽団、マーラー・チェンバー・オーケストラ、東京フィルハーモニー交響楽団、ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団、ロンドン交響楽団、ロサンジェルス・フィルハーモニック、バーミンガム市交響楽団等の世界一流オーケストラに客演。2011年2月13&14日にはドレスデン空爆記念日演奏会にてドレスデン国立歌劇場管弦楽団を指揮し、「ドイツ・レクイエム」を演奏している。1999年9月にはRNOの名誉指揮者に就任。現在では芸術監督を務め、ドイツ・グラモフォンから発売されたベートーヴェン交響曲&ピアノ協奏曲全曲のCDをはじめとする数多くの録音や国内外での演奏会で活動を共にしている。

 彼はまた現代最高のピアニストの一人として世界中の著名コンサートホールで演奏。クラウディオ・アバド指揮/ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団とは、1997年の「ジルヴェスター・コンサート」及び2000年の「ヨーロッパ・コンサート」で共演し、この2つの演奏会の模様は、ベルリンのフィルハーモニー(ホール)から世界中にテレビ・ラジオ放送された。

 作曲家としては、 “Classical Symphony”、“Triptych for Symphony Orchestra”、”Fantasy on Kazakh Themes for Violin and Orchestr”, “Capriccio for Piano and Orchestra” 等の作品を発表しており、1998年にはモスクワでユーリ・バシュメットをソリストに迎えて”Concerto for Viola and Orchestra”の世界初演が行われ、2000年には、ドイツ・グラモフォンから発売のクラリネットのために編曲したベートーヴェンのヴァイオリン協奏曲(マイケル・コリンズ独奏)が、各方面で絶賛された。

 本国ロシアから、当時の大統領(1995年元エリツィン前大統領、2002年プーチン大統領)によって、その音楽的功績に対し、ロシア共和国第一等国家賞を授与されている。


<ロシア・ナショナル管弦楽団 プロフィール>
 ロシア・ナショナル管弦楽団(RNO)は、1990年にモスクワで初の演奏会を行って以来、世界中で高い人気を誇るオーケストラとして活動している。1996年、ロンドンのBBCプロムスでのデビュー公演についてイヴニング・スタンダード紙は、「観客が思わず嘆息をもらすほどの、魅惑的な美をもって演奏した」と賞している。 また2004年には、「ロシア芸術で最高の生きたシンボル」(マイアミ・ヘラルド紙)、また「人が望み得る完璧に最も近い演奏」(トリニティー・ミラー紙)と絶賛された。

 ロシアのオーケストラとして初めてバチカンとイスラエルでコンサートを行ったRNOは、ヨーロッパ、アジア、そしてアメリカなどで、活発な海外ツアーを行っている。ツアーで共演したゲスト・アーティストは、指揮者のウラディーミル・ユロフスキー、ニコラ・ルイゾッティ、アントニオ・パッパーノ、アラン・ギルバート、カルロ・ポンティ、パトリック・サマーズ、ソリストではマルタ・アルゲリッチ、イェフィム・ブロンフマン、ラン・ラン、ピンカス・ズッカーマン、ジェームズ・ゴールウェイ、ジョシュア・ベル、イツァーク・パールマン、スティーヴン・イッサーリス、ドミトリー・ホロストフスキー、シモーネ・ケルメス、ルネ・フレミング等、枚挙にいとまがない。また世界中のラジオリスナーの高い支持も得ており、同オーケストラのコンサートは、米国のNPRや欧州放送連合によって定期的に放送されている。

 グラモフォン誌は、RNOの初のCD(1991)を、「畏敬の念を起こさせる経験。人間がこのように演奏することが可能であってよいものだろうか」と讃え、それをチャイコフスキーの交響曲「悲愴」の録音史上、最高のものとして挙げた。以来RNOは、ドイツ・グラモフォンとペンタトーン・クラシックスから60以上の録音をリリースしており、一流レーベルを含む複数のレコード会社と長年に渡って関係を確立している唯一のロシアのオーケストラとして、他と一線を画している。RNOのディスコグラフィには、同オーケストラの創設者であり現芸術監督のミハイル・プレトニョフをはじめ、首席客員指揮者のウラディーミル・ユロフスキー、ケント・ナガノ、アレクサンドル・ヴェデルニコフ、パーヴォ・ベルグルンドといった指揮者たちが登場している。

 ケント・ナガノ指揮、ソフィア・ローレン、ビル・クリントン、ミハイル・ゴルバチョフのナレーションによる、プロコフィエフ「ピーターと狼」とバンテュスの「狼のたどる道」の録音は2004年、レコード業界における最高の栄誉であるグラミー賞を、ロシアのオーケストラとして初めて受賞した。アントニオ・バンデラスによるスペイン語版は2007年にリリースされ、ついで俳優のオレグ・タバコフとセルゲイ・ベズルコフによるロシア語版、そして中国語やその他の言語によるものが順次予定されている。

 シュレースヴィヒ=ホルシュタイン、グスタード、ラインガウといった音楽祭の常連であるRNOは、ナパ・ヴァレー・フェスティバル・デル・ソーレ、フロリダのアーツBOCAフェスティバル、シンガポール・サン・フェスティバルにも音楽祭の創設時から参加しており、イタリアのトスカナ・サン・フェスティバルでは数年に渡ってレジデント・オーケストラを務めている。またRNOは、2009年より毎年夏にモスクワにおいて自らのフェスティバルを行っている。

 RNOはロシア内外の個人、会社、財団等の支援によって資金を得ている民間団体であり、ロシアの主要なオーケストラの中では異色の存在である。その芸術性と先駆者的構造を認められ、非政府組織のオーケストラとして初めてロシア連邦から賞を贈られた。

ニュース

リンク

ロシア・ナショナル管弦楽団

 

お問い合わせ

ダウンロード

このページをシェアする