スーク室内オーケストラ

オーケストラ
Suk Chamber Orchestra, Orchestra
スーク室内オーケストラ

バイオグラフィー

 スーク室内オーケストラは、作曲家のヨセフ・スーク(1874-1935)にちなみ、その生誕100周年となる1974年に結成された。
2000年までは作曲家の孫にあたるヴァイオリニストのヨセフ・スークが芸術監督を務め、現在はコンサート・マスターのマルティン・コスがその任を引き継いでいる。

 レパートリーはバロックから現代に至る音楽史上の各時代を網羅している。

結成以来30年、クラシック音楽におけるチェコの代表として世界中で演奏している。

 2000年より、指揮者ヴィルヘルム・ワルツが監督を務めるドイツ、アウクスブルクの国際モーツァルト音楽祭で常任オーケストラとして活躍。

 CD収録も多く、チェコ国内で30、国外ではそれを上回る枚数がリリースされている。チェコ音楽の普及と国際的な演奏・収録活動における功績を認められ、2002年にアントニン・ドヴォルザーク世界賞を授与されている。

リンク

スーク室内オーケストラ

 

お問い合わせ

ダウンロード

このページをシェアする