ドレスデン国立歌劇場室内管弦楽団

オーケストラ
Dresdner kapellsolisten, Orchestra
ドレスデン国立歌劇場室内管弦楽団

バイオグラフィー

 1994年に創設されたこの室内管弦楽団は、著名な名門オーケストラ、シュターツカペレ・ドレスデン(ドレスデン国立歌劇場管弦楽団)の主要な楽団員によって構成されており、母体のオーケストラのエッセンスとも言うべき、名状し難い魅力を放っている。

周知の通り、シュターツカペレ・ドレスデンはウィーン・フィルよりも約300年前の1548年、ザクセン選帝侯の宮廷楽団として設立されたヨーロッパ随一の歴史と伝統を誇る格調高い名門中の名門であり、その演奏、音色、品格は実に多くの指揮者の憧憬の的となってきた。

メンバーたちが腐心しているのは、バロック、古典派及びロマン派音楽の遺産を、生き生きとした演奏で聴衆に伝えることであり、その際、大事にしていることは、音の美しさだけでなく、真実性を追究することである。

 これまでに、ヴィクトリア・ムローヴァ、イザベル・ファン・クーレン、ヴォルフガング・マイアー、イレーナ・グラフェナウアー、モーリス・アンドレ、ペーター・シュライヤー他と共演。また、シュターツカペレ・ドレスデンのソロ奏者をソリストとして迎えることも多い。

 CDも数枚リリースしており、現在新たなCDを制作中である。北ドイツ放送、中部ドイツ放送、そしてドイチェ・ヴェレは、特別番組でこの室内管弦楽団を紹介し、ドイツ・ラジオ・ベルリンは、ゼンパー・ギャラリーからコンサートのライヴ放送を行った。

 また、ドレスデン以外にベルリン、ケルン、ミュンヘン、ライプツィヒ、ハノーファー、ドルトムント、ヴュルツブルク、ポツダム・サン・スーシ、ラインガウ、フィレンツェ、ローマ、ミラノ、そしてポーランド、チェコなど、数々の都市やフェスティヴァルに客演している。日本ツアーも4回行っており、前回は2011年に来日し好評をはくした。

ニュース

リンク