チェロ・カクテル(ベルリナー・チェルハルモニカー)

室内楽
Berliner Cellharmoniker, Chamber Music
チェロ・カクテル(ベルリナー・チェルハルモニカー)

バイオグラフィー

ベルリナー・チェルハルモニカーは1994年に創立され、たちまち世界の音楽界でその地位を確立した。

オランダ、ヘールレンのチャールズ・ヘネン国際室内楽コンクールで優勝、フランス、ボーヴェの国際チェロ・アンサンブル・コンクールで特別賞、青少年音楽コンクールのEUトロフィー「ダンシング・エンジェル」、ヨーロッパ文化財団のヨーロッパ青少年アンサンブル賞を受賞している。

ラインガウ、シュレスヴィーヒ=ホルシュタイン等ドイツ全土の著名なホールや主要な音楽祭で演奏し、聴衆と批評家の両方にそのユニークな特性を認めさせた。

それでもなお、4台のチェロという珍しい組み合わせはベルリナー・チェルハルモニカーに独自の特徴あるスタイルを与えており、安易に分類されることを拒んでいる。

幅広いレパートリーは、バロック初期から現代のポップ・ミュージックまであらゆる時代と様式を包含している。クラシックや現代音楽作品ばかりでなく、映画音楽、ドイツの流行歌、ポップス、ジャズのオリジナルの編曲を演奏している。その中にはベルリナー・チェルハルモニカーのために作曲された曲も含まれている。

メンバーは4人ともベルリンの2つの音楽院の卒業生であり、ミヒャエル・ザンデルリングとヴォルフガング・ベトヒャーに師事した。彼らはドイツ内外の数々のコンクールと音楽祭で入賞しており、ソリストとしてもたびたび他の室内合奏団や有名オーケストラと共演している。

ベルリナー・チェルハルモニカーは慈善事業にも特別な関心を注いでいる。1999年から2005年までイェフディ・メニューインのライヴ・ミュージック・ナウのプログラムに出演し、2004年には子供の尊厳協会を設立した。仕事を通してこの協会を援助すべく慈善コンサートを開催し、エチオピアのストリート・チルドレンを助けるコンサートツアーを行っている。

リンク

チェロ・カクテル(ベルリナー・チェルハルモニカー)

 

お問い合わせ

ダウンロード

このページをシェアする