─ 音楽大国チェコが誇る巨匠&オーケストラが魅せる“音の万華鏡” ─

ビエロフラーヴェク指揮 チェコ・フィルハーモニー管弦楽団

曲目・演目

2017年10月3日(火) 19:00開演 サントリーホール
ドヴォルザーク:序曲「謝肉祭」Op.92, B.169

ドヴォルザーク:チェロ協奏曲 Op.104, B.191 (チェロ:ジャン=ギアン・ケラス)

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

ブラームス:交響曲第4番 Op.98


2017年10月4日(水) 19:00開演 サントリーホール
スメタナ:歌劇「売られた花嫁」序曲

ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第5番「皇帝」Op.73 (ピアノ:アリス=紗良・オット)

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

ドヴォルザーク:交響曲第8番 Op.88 B.163

公演に寄せて

伝統のチェコ・フィルと今一番聴きたいソリストたち

 東欧随一の名門にして、チェコ人の魂の象徴。そんなチェコ・フィルに僕たちはアンチェルやノイマンの頃からレコードやコンサートなどで親しんできた。数年ごとに来日して妙技を聴かせてくれているが、メンバーは世代交代してもその本質は変わらない。
 記憶に新しいのは、ビエロフラーヴェクが首席指揮者に復帰した翌年の二〇一三年と一五年のサントリーホールにおける来日公演だ。前者はチャイコフスキーの《悲愴》、後者は同じく交響曲第5番他を披露したが、弦の音色の柔らかさ、歌心溢れるフレージングに改めて感銘を受けたものだ。ウィーン・フィルやイタリアのオケとも違う。人肌の温もりや懐かしい日向の匂いがする。自然な音楽作りで時に骨太に作品の魅力を引き出すビエロフラーヴェクの指揮との相性も抜群だ。アンコールの《ふるさと》で全オーケストラが歌っているように聴こえてきたのには本当にびっくりした。協奏曲もすばらしかった。ファウストがベートーヴェンのヴァイオリン協奏曲、トリフォノフがラフマニノフの協奏曲第2番というように、今一番輝いているソリストが登壇して清新かつ霊感に溢れた演奏で満場の聴衆を沸かせた。
 今秋の来日公演には、チェコ縁の作曲家の管弦楽曲に加えてブラームスの交響曲第4番やドヴォルザークの交響曲第8番が予定されている。ブラームスは今から第1楽章冒頭の弦の響きが聴こえるようだし、ビエロフラーヴェクとチェコ・フィルには、ドヴォルザークの同じ交響曲のCDがあり、それがまたボヘミアの森を想起させる気宇壮大な名演なのだ。ソリストも注目だ。ケラスのドヴォルザークのチェロ協奏曲は今秋一番の話題となるだろう。なにしろビエロフラーヴェクとプラハ・フィルと共演したCDは、ケラスの先鋭かつ純度の高い表現がチェコの音楽家たちと出会うことで生まれた21世紀の名盤といっても過言ではないのだから。もちろんスタイリッシュで新感覚なピアニスト、アリス=紗良・オットとの《皇帝》も期待される。聴き慣れた名曲の新たな表現の扉を開いてくれることだろう。

那須田務(音楽評論家)

チケット詳細

【チケット残席状況】◯残席あり/△残席少/×売り切れ
公演日 S席 A席 B席 C席 - - -
10月3日 × - - -
10月4日 × × - - -
学生席 5,000円 - - - - - -
  • 公演日
    10月3日
  • S席
  • A席
  • B席
  • C席
    ×
  • 公演日
    10月4日
  • S席
  • A席
  • B席
    ×
  • C席
    ×
  • 公演日
    学生席 5,000円
  • S席
  • A席
    -
  • B席
    -
  • C席
    -
【チケット料金】()内は夢倶楽部会員価格
S席:20,000円(19,000円)/A席:16,000円(15,000円)/B席:13,000円(12,000円)/C席:10,000円(9,000円)
【備考】
※当初、販売予定でしたD席の取り扱いはなくなりました。
チケット購入はこちら
S席:20,000円(19,000円)/A席:16,000円(15,000円)/B席:13,000円(12,000円)/C席:10,000円(9,000円)
【備考】
※当初、販売予定でしたD席の取り扱いはなくなりました。
チケット購入はこちら
学生席 5,000円
S席:5,000円(5,000円)
【備考】
*社会人学生を除く25歳までの学生が対象です。公演当日、入口にて学生証を拝見いたします。
 (学生証がない場合は一般料金との差額を頂戴する場合がございます。)
 ジャパン・アーツ夢倶楽部会員で学生の方も、学生席は5,000円です。
 学生席はS席相当とは限りません。

シニア・チケット=65歳以上の方はS席とA席を会員料金でお求めいただけます。
車椅子の方は、本人と付き添いの方1名までが割引になります。(ジャパン・アーツぴあコールセンターでのみ受付)
学生席・シニアチケット購入

チケット発売情報

① 3月11日(土) 10:00a.m.~発売 夢倶楽部ネット会員 
② 3月12日(日) 10:00a.m.~発売 夢倶楽部会員 
③ 3月16日(木) 10:00a.m.~発売 ジャパン・アーツぴあネット会員 
④ 3月18日(土) 10:00a.m.~発売 一般   


… ジャパン・アーツぴあコールセンター (03)5774-3040
… インターネットで購入可チケット購入はこちら※ジャパン・アーツ夢倶楽部会員先行発売などで満席になった席種は、以降販売されない場合がございます。

【その他プレイガイド】
チケットぴあ t.pia.jp 0570-02-9999 [Pコード321-323]
イープラス eplus.jp
ローソンチケット 0570-000-407〔Lコード34414〕
東京文化会館チケットサービス 03-5685-0650
サントリーホールチケットセンター 0570-55-0017

【チケット購入にあたっての注意事項】こちらからご一読ください

全国公演日程

日程 ホール お問い合わせ先 詳細リンク
9月30日(土) 周南市文化会館 大ホール 周南市文化会館 0834-22-8787  
10月1日(日) 横浜みなとみらいホール 神奈川芸術協会 045-453-5080 詳細ページ
10月3日(火)◆ サントリーホール ジャパン・アーツぴあ 03-5774-3040  
10月4日(水)★ サントリーホール ジャパン・アーツぴあ 03-5774-3040  
10月6日(金)★ 久留米シティプラザ ザ・グランドホール 久留米シティプラザ 0942-36-3000  
10月7日(土)◆ アルモニーサンク北九州ソレイユホール 北九州国際音楽祭事務局 093-663-6567  
10月8日(日)★ ザ・シンフォニーホール ザ・シンフォニー チケットセンター 06-6453-2333  
  • 日程
    9月30日(土)
  • ホール
    周南市文化会館 大ホール
  • お問い合わせ先
    周南市文化会館 0834-22-8787
  • 詳細リンク
     
  • 日程
    10月1日(日)
  • ホール
    横浜みなとみらいホール
  • お問い合わせ先
    神奈川芸術協会 045-453-5080
  • 詳細リンク
    詳細ページ
  • 日程
    10月3日(火)◆
  • ホール
    サントリーホール
  • お問い合わせ先
    ジャパン・アーツぴあ 03-5774-3040
  • 詳細リンク
     
  • 日程
    10月4日(水)★
  • ホール
    サントリーホール
  • お問い合わせ先
    ジャパン・アーツぴあ 03-5774-3040
  • 詳細リンク
     
  • 日程
    10月6日(金)★
  • ホール
    久留米シティプラザ ザ・グランドホール
  • お問い合わせ先
    久留米シティプラザ 0942-36-3000
  • 詳細リンク
     
  • 日程
    10月7日(土)◆
  • ホール
    アルモニーサンク北九州ソレイユホール
  • お問い合わせ先
    北九州国際音楽祭事務局 093-663-6567
  • 詳細リンク
     
  • 日程
    10月8日(日)★
  • ホール
    ザ・シンフォニーホール
  • お問い合わせ先
    ザ・シンフォニー チケットセンター 06-6453-2333
  • 詳細リンク
     
ソリスト:◆ジャン=ギアン・ケラス
     ★アリス=紗良・オット

プロフィール

イルジー・ビエロフラーヴェク Jiří Bělohlávek (首席指揮者, Chief Conductor)
プラハ生まれ。プラハ音楽院に学ぶ。
セルジュ・チェリビダッケのアシスタントを務めた後、1973年チェコ・フィルを指揮。また、1972年から1978年までブルノ国立フィルの指揮者を務め、その後プラハ交響楽団の首席指揮者、チェコ・フィルの常任指揮者を歴任。1990年チェコ・フィルの首席指揮者に任命される。1994年にプラハ・フィルハーモニアを創立し音楽監督となり、2005年に桂冠指揮者となる。1995年にはBBC交響楽団の客演指揮者となり、2006年に同響の首席指揮者に任命された。
これまでにベルリン・フィル、ボストン響、クリーブランド管、ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管、ニューヨーク・フィル、フィラデルフィア管、シュターツカペレ・ドレスデン等世界の主要なオーケストラを指揮している。
2012年チェコ・フィルの首席指揮者に復帰。
ジャン=ギアン・ケラス Jean-Guihen Queyras (チェロ, Cello)
モントリオール生まれ。リヨン国立高等音楽院、フライブルク音楽大学、ジュリアード音楽院でチェロを学ぶ。02年ブーレーズの選考により、傑出して有望な若手芸術家に対して贈られるグレン・グールド・プロテジェ賞を受賞。
欧州の権威あるホールでリサイタルを行うほか、フィルハーモニア管、パリ管、トーンハレ管、ゲヴァントハウス管、BBC響、フィラデルフィア管等のオーケストラ、ブリュッヘン、ビエロフラーヴェク、スラットキン、ノリントン等の指揮者と共演。
これまでに、主要チェロ協奏曲、バッハ及びブリテンの無伴奏チェロ組曲、シューベルト「アルペジオーネ・ソナタ」、I.ファウスト、A.メルニコフとの共演によるベートーヴェンおよびシューマン作品等のCDをリリース、数々の賞を受賞している。
現在、ドイツ・フライブルク音楽大学教授。
アリス=紗良・オット Alice-Sara Ott (ピアノ, Piano)
今日最もモダンなアーティストの一人。
毎シーズン異なるエキサイティングなプロジェクトでファンを魅了している。
2015年3月、「ザ・ショパン・プロジェクト」をリリースし、イギリスの公式クラシック音楽チャート、また25カ国のiTunesのチャートにおいて第一位となった。2016年9月にドイツ・グラモフォンから8枚目となるCD「ワンダーランド」をリリース。16年秋以降、グリーグとリストの作品を中心としたワールド・リサイタル・ツアーを開始し、17年春に欧州ツアーを行う予定。
これまでに、マゼール、P.ヤルヴィ、C.ミョンフン等世界の名指揮者たち、そしてロサンゼルス・フィル、シカゴ響、ロンドン響、ウィーン響、サンクトペテルブルグ・フィル、北ドイツ放送響等の名門オーケストラと共演を重ねている。
チェコ・フィルハーモニー管弦楽団, Czech Philharmonic Orchestra
音楽大国チェコが世界に誇るオーケストラ。1896年創立。デビュー公演はドヴォルザークが指揮した。
1908年マーラーの交響曲第7番を作曲者自身の指揮により初演。
その後歴代のチェコ人の名指揮者たち―ターリヒ、クーベリック、アンチェル、ノイマン―等の薫陶によって、チェコ・フィルはチェコが世界に誇るオーケストラとして、その名を確たるものとした。1990年、ビエロフラーヴェクが首席指揮者に就任。続いてそのポストはアルブレヒト、アシュケナージ、マーカル、インバルに引き継がれ、2012年ビエロフラーヴェクが首席指揮者に復帰。新たな黄金時代を迎えている。

主催・協賛

主催:日本経済新聞社/ジャパン・アーツ
特別協賛:三井住友海上プライマリー生命保険株式会社