デビュー30周年記念

足立さつきソプラノ・リサイタル 祈り・謡(いのり・うたい)

日時・場所:
2017年9月30日(土) 14:00
HAKUJU HALL
2:00p.m. Saturday, September 30
HAKUJU HALL
出演:
足立 さつき (ソプラノ)
井上 敏典 (バリトン)
山本 直人 (オーボエ)
田中 明子 (ピアノ)

曲目・演目

第Ⅰ部
ヴィヴァルディ:ドミネ・デウス「グローリア」より 

ペルゴレージ:クユス・アニマ、ヴィディト・スウム 「スターバト・マーテル」より

ヘンデル:優しい眼差しよ 「エジプトのジュリオ・チェーザレ」より

ドニゼッティ:オーボエ・ソナタ へ長調 (オーボエ・ソロ)

トスティ:アヴェ・マリア、夕べに


第Ⅱ部
山田耕筰:松島音頭、六騎、かやの木山の、鐘が鳴ります、城ヶ島の雨

カールマン:山こそわが心の故郷、ヨイ・ママン ~「チャルダーシュの女王」より

ビゼー:闘牛士の歌「カルメン」より

グノー:宝石の歌「ファウスト」より


※曲目は変更になる場合がございます

公演に寄せて

~ 30周年リサイタルに寄せて ~

おかげさまでデビュー30周年を迎えることとなりました。ひとえに、応援して下さった多くの方々の激励のお言葉や温かい拍手に支えていただいたおかげと、感謝の気持ちで一杯です。
 今回のリサイタルは「祈り・謡」(いのり・うたい)と題しました。
 偉大なるサムシンググレイトに語りかける「祈り」、愛する誰かの心に語りかける「祈り」、 また、想いが成就した時の宴での「謡」、思わず足鳴らし、踊り出してしまうような「謡」など、音楽の根源ともなるような想いを、声に乗せて演奏させていただきます。
 ゲストには、尊敬するバリトンの井上敏典さんとオーボエ奏者山本直人さんをお迎えいたします。
いつものパートナー、ピアニストの田中明子さんと共に、前半は厳かに、後半は賑々しく「宴」を繰り広げてまいります。皆さまのご来場を、心よりお待ちしております。

足立さつき

チケット詳細

【チケット残席状況】◯残席あり/△残席少/×売り切れ
公演日 S席 - - - - - -
9月30日 ※全席指定 × - - - - - -
学生席 ※全席指定 × - - - - - -
  • 公演日
    9月30日 ※全席指定
  • S席
    ×
  • 公演日
    学生席 ※全席指定
  • S席
    ×
【チケット料金】()内は夢倶楽部会員価格
9月30日 ※全席指定 HAKUJU HALL
S席:4,500円(4,000円)
学生席 ※全席指定
S席:3,000円(3,000円)
【備考】
*社会人学生を除く25歳までの学生が対象です。公演当日、入口にて学生証を拝見いたします。
 (学生証がない場合は一般料金との差額を頂戴する場合がございます。)
 ジャパン・アーツ夢倶楽部会員で学生の方も、学生席は3000円です。

シニア・チケット=65歳以上の方は500円引きでお求めいただけます。
車椅子の方は、本人と付き添いの方1名までが割引になります。(ジャパン・アーツぴあコールセンターでのみ受付)
学生席・シニアチケット購入

チケット発売情報

① 4月22日(土) 10:00a.m.~発売 夢倶楽部ネット会員 
② 4月23日(日) 10:00a.m.~発売 夢倶楽部会員 
③ 4月27日(木) 10:00a.m.~発売 ジャパン・アーツぴあネット会員 
④ 5月6日(土) 10:00a.m.~発売 一般   


… ジャパン・アーツぴあコールセンター (03)5774-3040
… インターネットで購入可チケット購入はこちら※ジャパン・アーツ夢倶楽部会員先行発売などで満席になった席種は、以降販売されない場合がございます。

【その他プレイガイド】
Hakuju Hallチケットセンター 03-5478-8700(電話は火~土 10:00~18:00祝日・休館日を除く)
Hakuju Hallオンラインチケット予約 http://www.hakujuhall.jp/
チケットぴあ t.pia.jp 0570-02-9999 [Pコード327-746]
イープラス eplus.jp
ローソンチケット 0570-000-407〔Lコード32092〕

【チケット購入にあたっての注意事項】こちらからご一読ください

プロフィール

足立 さつき (ソプラノ)
武蔵野音楽大学卒業、同大学院修了。1986年第3回ニッカ椿姫新人賞第1位を受賞。1987年「椿姫」のヴィオレッタ役でオペラ・デビュー。以後、「こうもり」のアデーレ、「フィガロの結婚」のスザンナ、「リゴレット」のジルダなど様々なオペラに出演。1991年よりミラノへ2年間留学。1994年と2004年にはウィーン・シュトラウス・フェスティヴァル・オーケストラとの全国公演にソリストとして参加し、絶賛を浴びる。1996年12月31日-翌1997年1月1日の両日、ザルツブルグ・モーツァルテウム大ホールにて行なわれた、ウィーン・オペレッタ・オーケストラのジルベスター及びニュー・イヤーコンサートに出演する。1998年9月「夕鶴」モスクワ公演で、"つう"役に抜擢され、故・團伊玖磨氏から大絶賛された。2012年、デビュー25周年リサイタルを東京、京都、兵庫で開催。近年、後進の指導とともに合唱指導も始め、2013年1月には、東京交響楽団付属、東響コーラス25周年記念「万葉集」後援で、合唱指揮者デビュー。東京・渋谷と地元丹波市で女声合唱団を主宰。また、神奈川、新潟など、各市にて合唱指導、ヴォイストレーニングを行っている。1992年村松賞受賞。平成16年度兵庫県芸術奨励賞受賞。
井上 敏典 (バリトン)
大阪音楽大学、同大学院修了。
1983年オペラ「夕鶴」の運ず役、関西歌劇団入団後オペラ「賢い女」王様役にてデビュー。その後、「フィガロの結婚」フィガロ、アルマビ-ヴァ伯爵、「カルメン」エスカミーリョ、他多数のオペラや、創作オペラにも主役として出演。各地のオーケストラとの共演の他、日本歌曲やドイツ歌曲のリサイタルでも、テキストと音声の探求と表現、豊かな声質に高い評価を得る。1983年 なにわ芸術祭新人賞。1984年新人音楽コンクール大賞・文部大臣奨励賞。1985年 姫路文連黒川録朗賞。1986年 姫路市文化賞芸術年度賞。1993年 兵庫県新進芸術家奨励賞。1995年大阪文化祭奨励賞を受賞。1993年度 文化庁芸術家在外研修員としてケルン国立音大(ドイツ)へ留学。現在、関西歌劇団理事長、日本演奏連盟会員、同志社女子大学音楽学科教授、しらさぎ音楽学院院長。
山本 直人 (オーボエ)
’85年武蔵野音楽大学を首席で卒業。同大学卒業演奏会、第55回読売新人演奏会等に出演。陶山勝、吉成行蔵、北島章、インゴ・ゴリツキの各氏に師事。’86年名古屋フィルハーモニー交響楽団に入団。現在、首席奏者。
’92年2月より一年間ベルリンに留学し、アンドレアス・ヴィットマン氏に師事。’04年名古屋市民芸術祭2004審査員特別賞を受賞。これまでに、名フィル等と数多くの協奏曲を共演。また、「名古屋ヴィルトゥオーゼン」「名古屋ダブルリードアンサンブル」「トリオdeブランチ」等の主要メンバーとして室内楽活動も盛んに行う傍ら、名古屋音楽大学、大垣女子短期大学音楽総合科非常勤講師として後進の指導にも力を注いでいる。
田中 明子 (ピアノ)
武蔵野音楽大学ピアノ科卒業。現在主に声楽伴奏者として、数多くのコンサートやコンクールにて活躍。色彩のある音と生きたリズム感を持つ、感性豊かなピアニストとして、共演者からの信頼が厚い。室内楽の分野では、ヴァイオリン、クラリネット&ピアノの『クラヴィーノ・トリオ』のメンバーとして活躍している。合唱の分野では今までに数多くの合唱団と共に、海外演奏の経験を持つ。また、アンサンブル・ピアニストとして自ら企画・主催する『Akiko&Company’s GALA』コンサートは、いずれも多彩なプログラムと独自の演奏スタイルで好評を博している。国際芸術連盟優秀
伴奏者賞受賞。田園調布学園大学講師。

主催・協賛

主催:ジャパン・アーツ
共催:Hakuju Hall / 株式会社白寿生科学研究所