松本美和子プーランクの世界

日時・場所:
2017年11月25日(土) 14:00
HAKUJU HALL
2:00p.m. Saturday, November 25
HAKUJU HALL
出演:
松本美和子 Miwako Matsumoto (ソプラノ, Soprano)
椎野伸一 Shin-ichi Shiino (ピアノ, Piano)

曲目・演目

【お知らせ】全曲目が決定いたしました。(2017年10月25日現在)

プーランクの世界/モノオペラ <フランス語上演 字幕付>



パリへの旅

セーの橋

ハ調のワルツ(ピアノ・ソロ)

メランコリー(ピアノ・ソロ)

15の即興曲集より 第13番 イ短調(ピアノ・ソロ)

- - - - - - - - - - - - - - -

人間の声

※字幕付は「人間の声」のみ

チケット詳細

【チケット残席状況】◯残席あり/△残席少/×売り切れ
公演日 S席 - - - - - -
11月25日自由席 - - - - - -
学生席 - - - - - -
  • 公演日
    11月25日自由席
  • S席
  • 公演日
    学生席
  • S席
【チケット料金】()内は夢倶楽部会員価格
11月25日自由席 HAKUJU HALL
S席:6,000円(6,000円)
学生席
S席:4,000円(4,000円)
【備考】
*一般発売時9/10(日)10:00より受付を開始いたします。
*社会人学生を除く25歳までの学生が対象です。公演当日、入口にて学生証を拝見いたします。
 (学生証がない場合は一般料金との差額を頂戴する場合がございます。)
 ジャパン・アーツ夢倶楽部会員で学生の方も、学生席は一般価格の半額です。

車椅子の方は、本人と付き添いの方1名までが割引になります。(ジャパン・アーツぴあコールセンターでのみ受付)
学生席購入

チケット発売情報

① 9月2日(土) 10:00a.m.~発売 夢倶楽部ネット会員 
② 9月3日(日) 10:00a.m.~発売 夢倶楽部会員 
③ 9月7日(木) 10:00a.m.~発売 ジャパン・アーツぴあネット会員 
④ 9月10日(日) 10:00a.m.~発売 一般   


… ジャパン・アーツぴあコールセンター (03)5774-3040
… インターネットで購入可チケット購入はこちら※ジャパン・アーツ夢倶楽部会員先行発売などで満席になった席種は、以降販売されない場合がございます。

【その他プレイガイド】
チケットぴあ t.pia.jp 0570-02-9999 [Pコード341-498]
HAKUJU HALL チケットセンター 03-5478-8700(電話は火~土10:00~18:00祝日・休館日を除く)
Hakuju Hall オンラインチケット予約 http://www.hakujuhall.jp/
ローソンチケット 0570-000-407〔Lコード34447〕

※Hakuju Hall チケットセンターは9月12日(火)から受付開始

【チケット購入にあたっての注意事項】こちらからご一読ください

プロフィール

松本美和子 Miwako Matsumoto (ソプラノ, Soprano)
 武蔵野音楽大学卒業。同専攻科修了。1964年、日伊声楽コンコルソ特別賞受賞。1965年、毎日(現日本)音楽コンクール第一位、同時に海外コンクール派遣代表決定特別審査委員会の特別表彰を受賞。その後イタリアに渡り、ローマ・サンタ・チェチーリア音楽院を首席名誉賞受賞で卒業。1972年、ローマ・アカデミア・サンタ・チェチーリアを修了。1972年、ローマ国立歌劇場で《カルメン》のミカエラでデビュー以降、ウィーン国立歌劇場、ロンドンのロイヤル・オペラ、バイエルン国立歌劇場など、世界各国の主要オペラ劇場に出演。共演した歌手も、ヘルマン・プライ、アルフレッド・クラウス、ホセ・カレーラス、ルッジェーロ・ライモンディ、ホアン・ポンス、カーティア・リッチャレッリ、ゲーナ・ディミトローヴァ等に及ぶ。1991年10月、ウィーン楽友協会にて、日本人としては初めての楽友協会主催による歌曲の夕べに出演し大好評を博した。1996年4月には、トスティ生誕150周年記念コンサートを紀尾井ホールで開催し、トスティ100曲を歌いあげて大きな話題をよんだ。また、トスティ歌曲集大成全100曲をCD録音し「極めて芸術性の高い音楽」と絶賛されている。1998年4月、プッチー二のオペラ《蝶々夫人》のタイトルロールで新国立劇場1998-99シーズンの幕開けを飾り、新聞各紙で絶賛を博した。1999年は、新国立劇場の《こうもり》でオペレッタにも挑戦した。1986年ジロー・オペラ大賞、1990年新日鐵音楽賞特別賞、1998年モービル音楽賞を受賞。自身の音楽活動の他にも、次世代の育成をライフワークのひとつとして取り組んでおり、彼女の生徒の一人である佐藤美枝子が1998年チャイコフスキー・コンクールで日本人として初めて優勝したことは記憶に新しい。1999年はレスピーギ生誕120周年にあたり、それを記念して日本で初めて、全曲レスピーギのCDをビクターよりリリース。2002年12月には近代イタリア歌曲集Ⅱがビクターからリリースされる。2002年10月には紀尾井ホールにてオーケストラとともにカンツォーネばかりを集めたリサイタルを行い、また同年12月にはソフィア国立歌劇場《ラ・ボエーム》の公演に出演。さらに2003年6月にはA.プレヴィン作曲オペラ《欲望という名の電車》(東京室内歌劇場主催)にも出演、好評を博した。2005年はデビュー40周年を迎え、紀尾井ホール、府中の森芸術劇場にて記念コンサートを行う。2006年にはこれまでの演奏活動が高く評価され、紫綬褒章、2012年には旭日小綬章を授与される。2009年にモノオペラ、プーランク《人の声》に出演し大好評を博し、それ以後毎年上演している。2014年には、オペラ「春琴抄」に出演、好評を博した。現在、武蔵野音楽大学特任教授、昭和音楽大学客員教授として後進の育成に力を入れている。
椎野伸一 Shin-ichi Shiino (ピアノ, Piano)
 東京芸術大学を経て1981年同大学院修了。この間「安宅賞」受賞、芸大オーケストラと協演。谷 康子、V.セルヴァンスキーに師事。1983年東京イイノホールにてデビューリサイタル開催後、全国各地でリサイタルを行う。また東京交響楽団(指揮 秋山和慶)、シティ・フィル等とベートーヴェン「ピアノ協奏曲第1、3、4、5番」等を協演。1996年にはピアニスト髙澤ひろみ氏と「グラン・デュオ」を結成、以後東京紀尾井ホールにて定期的にソロリサイタル・デュオリサイタルを開催。2013年、2015年にはソロCDアルバム「Images de Paris」、「Images de Paris Ⅱ」をリリース。レコード芸術にて準特選、特選に推薦される。今秋「Images de Paris Ⅲ」をリリース予定。
 ソロ活動と共に内外の著名な演奏家と共演し、室内楽、器楽・声楽のリサイタル伴奏、CD録音、音楽祭への参加、NHK-TV、FM放送出演など活動は多岐にわたる。
 現在、東京学芸大学教授として後進の指導にもあたっている。

主催・協賛

主催:ジャパン・アーツ
共催:Hakuju Hall/株式会社 白寿生科学研究所