現代オーケストラ芸術の極み!! 巨匠&世界最高峰の楽団

マリス・ヤンソンス指揮 バイエルン放送交響楽団

曲目・演目

歴史的名演の予感!
11月22日(木)19:00開演 東京芸術劇場 コンサートホール(ロビー開場 18:00)
マーラー:交響曲第7番 ホ短調 「夜の歌」


キーシンとの奇跡の共演!!
11月26日(月)19:00開演 サントリーホール(開場 18:20)
リスト:ピアノ協奏曲第1番 変ホ長調 S. 124/R. 455 (ピアノ:エフゲニー・キーシン)

R. シュトラウス:交響詩「英雄の生涯」 作品40

11月27日(火)19:00開演 サントリーホール(開場 18:20)
リスト:ピアノ協奏曲第1番 変ホ長調 S. 124/R. 455 (ピアノ:エフゲニー・キーシン)

ストラヴィンスキー:バレエ音楽 「春の祭典」 

公演に寄せて

微細と巨大の変化を意のままに、未来へと進むオーケストラ

 ウィーン・フィル、ベルリン・フィル、バイエルン放送交響楽団。この3つは現代の世界を代表する三大オーケストラといって過言ではない。それぞれに優れた個性を誇るが、バイエルン放響には他の2つと違う強みがある。長期間にわたって信頼関係を築いてきたシェフがいることだ。
 ウィーン・フィルは常任指揮者を置かない。ベルリン・フィルには芸術監督・首席指揮者がいるが、楽員は「誰を選ぶかを決めるのは俺たちだ」という強い自負をもっていて、このことは指揮者との力関係に少なからぬ影響を及ぼしている。
 しかしバイエルン放響にはマリス・ヤンソンスがいる。2003年から15年も首席指揮者の地位にあって、楽員を薫陶し、深い信頼関係のなかで、素晴らしい演奏を展開してきた。長い関係は惰性に陥る危険もはらむが、彼らにかぎってその不安はない。なぜならその芸術的水準にふさわしい本拠地、新しいコンサートホールをミュンヘンにもちたいという目標を掲げていて、未来に向けて進んでいる最中だからだ(2021年竣工予定)。
 明確な目標をもって前進する集団は強い。ヤンソンスのもとで彼らが響かせるその音楽は、ソロでの鮮やかな個人技と合奏での調和のとれた響きを融合させた、機能美にみちたものだ。薄いヴェールを幾重にも重ねたような透明度の高い微妙なグラデーションから凄まじいフォルテまで、その変化の幅広さと落差には圧倒されるばかり。
 今回演奏されるマーラーの交響曲第7番は夜の闇から朝の光まで、明と暗、躁と鬱、微細と巨大のコントラストがまばゆく描かれる作品だけに、彼らの個性にぴったりだ。さらに「英雄の生涯」も「春の祭典」も、オーケストラ芸術の極限に挑むような、スケールの大きな作品である。
 そして、キーシンと共演するリストのピアノ協奏曲第1番。キーシンの高いテクニックとブレのない音楽性がバイエルン放響とどのようなコラボレーションを聴かせてくれるのか、これも楽しみである。

山崎浩太郎 (音楽評論家)

チケット詳細

【チケット残席状況】◯残席あり/△残席少/×売り切れ
公演日 S席 A席 B席 C席 D席 - -
11月22日 × × - -
11月26日 × × × × × - -
11月27日 × × × - -
  • 公演日
    11月22日
  • S席
  • A席
  • B席
  • C席
    ×
  • D席
    ×
  • 公演日
    11月26日
  • S席
    ×
  • A席
    ×
  • B席
    ×
  • C席
    ×
  • D席
    ×
  • 公演日
    11月27日
  • S席
  • A席
  • B席
    ×
  • C席
    ×
  • D席
    ×
【チケット料金】()内は夢倶楽部会員価格
S席:34,000円(33,000円)/A席:28,000円(27,000円)/B席:22,000円(21,000円)/C席:16,000円(15,000円)/D席:9,000円(8,100円)
【備考】
チケット購入はこちら
学生席
S席:17,000円(17,000円)/A席:14,000円(14,000円)/B席:11,000円(11,000円)/C席:8,000円(8,000円)/D席:4,500円(4,500円)
*残券がある場合、9/24(月・休)10:00よりジャパン・アーツぴあコールセンターにて電話受付を開始いたします。
*社会人学生を除く公演当日25歳までの学生が対象です。公演当日、入口にて学生証を拝見いたします。
 (学生証がない場合は一般料金との差額を頂戴する場合がございます。)
 ジャパン・アーツ夢倶楽部会員で学生の方も、学生席は一般価格の半額です。

◎シニア・チケット=65歳以上の方はS席とA席を会員料金でお求めいただけます。
◎車椅子の方は、本人と付き添いの方1名までが割引になります。(ジャパン・アーツぴあコールセンターでのみ受付)


S席:42,000円(41,000円)/A席:34,000円(33,000円)/B席:25,000円(24,000円)/C席:17,000円(16,000円)/D席:10,000円(9,000円)
【備考】
チケット購入はこちら
学生席
S席:21,000円(21,000円)/A席:17,000円(17,000円)/B席:12,500円(12,500円)/C席:8,500円(8,500円)/D席:5,000円(5,000円)
*残券がある場合、9/24(月・休)10:00よりジャパン・アーツぴあコールセンターにて電話受付を開始いたします。
*社会人学生を除く公演当日25歳までの学生が対象です。公演当日、入口にて学生証を拝見いたします。
 (学生証がない場合は一般料金との差額を頂戴する場合がございます。)
 ジャパン・アーツ夢倶楽部会員で学生の方も、学生席は一般価格の半額です。

◎シニア・チケット=65歳以上の方はS席とA席を会員料金でお求めいただけます。
◎車椅子の方は、本人と付き添いの方1名までが割引になります。(ジャパン・アーツぴあコールセンターでのみ受付)


S席:42,000円(41,000円)/A席:34,000円(33,000円)/B席:25,000円(24,000円)/C席:17,000円(16,000円)/D席:10,000円(9,000円)
【備考】
チケット購入はこちら
学生席
S席:21,000円(21,000円)/A席:17,000円(17,000円)/B席:12,500円(12,500円)/C席:8,500円(8,500円)/D席:5,000円(5,000円)
*残券がある場合、9/24(月・休)10:00よりジャパン・アーツぴあコールセンターにて電話受付を開始いたします。
*社会人学生を除く公演当日25歳までの学生が対象です。公演当日、入口にて学生証を拝見いたします。
 (学生証がない場合は一般料金との差額を頂戴する場合がございます。)
 ジャパン・アーツ夢倶楽部会員で学生の方も、学生席は一般価格の半額です。

◎シニア・チケット=65歳以上の方はS席とA席を会員料金でお求めいただけます。
◎車椅子の方は、本人と付き添いの方1名までが割引になります。(ジャパン・アーツぴあコールセンターでのみ受付)

チケット発売情報

① 5月12日(土) 10:00a.m.~発売 夢倶楽部ネット会員 
② 5月13日(日) 10:00a.m.~発売 夢倶楽部会員 
③ 5月17日(木) 10:00a.m.~発売 ジャパン・アーツぴあネット会員 
④ 5月20日(日) 10:00a.m.~発売 一般   


… ジャパン・アーツぴあコールセンター (03)5774-3040
… インターネットで購入可
11月22日 東京芸術劇場公演チケット購入はこちら
11月26日・27日 サントリーホール公演チケット購入はこちら
※ジャパン・アーツ夢倶楽部会員先行発売などで満席になった席種は、以降販売されない場合がございます。

【その他プレイガイド】
東京芸術劇場ボックスオフィス 0570-010-296 [11/22のみ]
サントリーホールチケットセンター 0570-55-0017 [11/26&27のみ]
チケットぴあ t.pia.jp 0570-02-9999 [Pコード110-789(11/22)、110-790(11/26&27)]
イープラス eplus.jp
ローソンチケット 0570-000-407 [Lコード31379]

【チケット購入にあたっての注意事項】こちらからご一読ください

全国公演日程

日程 ホール お問い合わせ先 詳細リンク
11月22日(木) 東京芸術劇場 コンサートホール ジャパン・アーツぴあ 03-5774-3040  
11月23日(金・祝) 兵庫県立芸術文化センター KOBELCO大ホール 0798-68-0255  
11月25日(日) ミューザ川崎シンフォニーホール 044-520-0200  
11月26日(月) サントリーホール ジャパン・アーツぴあ 03-5774-3040  
11月27日(火) サントリーホール ジャパン・アーツぴあ 03-5774-3040  
  • 日程
    11月22日(木)
  • ホール
    東京芸術劇場 コンサートホール
  • お問い合わせ先
    ジャパン・アーツぴあ 03-5774-3040
  • 詳細リンク
     
  • 日程
    11月23日(金・祝)
  • ホール
    兵庫県立芸術文化センター KOBELCO大ホール
  • お問い合わせ先
    0798-68-0255
  • 詳細リンク
     
  • 日程
    11月25日(日)
  • ホール
    ミューザ川崎シンフォニーホール
  • お問い合わせ先
    044-520-0200
  • 詳細リンク
     
  • 日程
    11月26日(月)
  • ホール
    サントリーホール
  • お問い合わせ先
    ジャパン・アーツぴあ 03-5774-3040
  • 詳細リンク
     
  • 日程
    11月27日(火)
  • ホール
    サントリーホール
  • お問い合わせ先
    ジャパン・アーツぴあ 03-5774-3040
  • 詳細リンク
     

プロフィール

マリス・ヤンソンス Mariss Jansons(首席指揮指揮者 , Chefdirigent)
現代の指揮界において、ヤンソンスの放つ存在感は際立っている。03/04年シーズンからバイエルン放送交響楽団および合唱団の首席指揮者。クーベリック、C.デイヴィス、マゼールに続き、同楽団で5代目の首席指揮者にあたる。日本にも度々来日し、2012年にはサントリーホールにて、ベートーヴェンの交響曲全曲演奏会を行い、絶賛を博した。なお、彼は04年~15年までアムステルダムのロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団の首席指揮者も務めた。
 1943年、指揮者アルヴィド・ヤンソンスの子としてラトヴィアの首都リガに生まれた。レニングラード音楽院を優秀な成績で卒業。その後、ウィーンでスワロフスキー、ザルツブルクでカラヤンに師事し、71年カラヤン財団主催の指揮者コンクールに入賞。72年、レニングラード・フィルを率いるムラヴィンスキーの助手となった。以来、同楽団(現サンクトペテルブルグ・フィル)との密接な関係を保っており、99年まで常任指揮者に名を連ねた。79年から2000年まで長きに亘って首席指揮者を務めたオスロ・フィルは、まさに彼の力によって世界トップレベルのオーケストラへと変貌を遂げた。ヤンソンスはこのほか、ロンドン・フィル首席客演指揮者(92-97)とピッツバーグ響音楽監督(97-04)を歴任している。また客演指揮者としては、世界中の主要オーケストラを網羅。ニューヨーク・フィル、フィラデルフィア管、クリーヴランド管、シカゴ響、ボストン響、イスラエル・フィル、ロンドン響、ドレスデン国立歌劇場管などがその一例だが、とりわけ関係が深いのはウィーン・フィル、ベルリン・フィルの両楽団であり、本拠地での客演のみならず、ヨーロッパ、米国、日本のツアーでもステージを共にしており、ベルリン・フィルからは2018年に名誉団員の称号を贈られている。
レコーディングは、EMI、ドイツ・グラモフォン、ソニー、BMG、シャンドス、サイマックスの各レーベルに行い、ベートーヴェンからヴァイルに至る膨大な作品を取り上げた彼の録音は、多くが権威ある賞に輝いている。
エフゲニー・キーシン Evgeny Kissin(ピアノ, Piano)
音楽性、解釈の深みと詩的な資質、そして並外れた技巧によって、キーシンは最も才能あるピアニストのみに許される尊敬と賞賛を獲得している。常に世界から求められ、アバド、アシュケナージ、ムーティ、小澤をはじめとする多くの偉大な指揮者、及び世界中の主要オーケストラと共演している。
 1971年モスクワ生まれ。6歳でモスクワのグネーシン音楽学校に入り、彼の唯一の教師であるアンナ・パヴロヴナ・カントールに師事。10歳でモーツァルトの協奏曲(K.466)を弾いてデビューを果たし、その1年後には初のソロ・リサイタルをモスクワで行った。
まもなく世界でも活躍し始め、88年にカラヤン指揮ベルリン・フィルとともに、チャイコフスキーのピアノ協奏曲を演奏し、全世界で放送された。90年には北アメリカでもデビューし、メータ指揮ニューヨーク・フィルとショパンの協奏曲を演奏、カーネギー・ホールでは百周年の開幕を飾るリサイタルを行った。
バイエルン放送交響楽団 Symphonieorchester des Bayerischen Rundfunks
バイエルン放送交響楽団は、1949年、オイゲン・ヨッフムによって創設されて以来、瞬く間に世界に名をとどろかすオーケストラへと発展した。オーケストラの歴史は、歴代の首席指揮者(ヨッフム、クーベリック、コリン・デイヴィス、マゼール)と密接に結びついており、常に同合唱団の首席指揮者も兼任してきた。03年10月より、団員の圧倒的支持によって選ばれたマリス・ヤンソンスが首席指揮者に就任。オーケストラと指揮者双方にとって幸せな時代の幕が明けた。ヤンソンスは、就任直後から極めて高い芸術的水準を維持しつつ、団員との親密な関係を創り出し、ひいては彼自身の大きな成功へとつながった。バイエルン放送響は09年9月以来、バイエルン放送自主制作レーベル”BR-Klassik”にCDやDVDを収録してきた。録音には、マーラーの交響曲第7番、ブルックナーの交響曲第7番、ハイドンの「ハーモニー・ミサ」(DVDにも収録)などがある。
同オーケストラは、さまざまなオーケストラの人気ランキングにおいて、世界のベスト10に選ばれている(2006年度ル・モンド・ド・ラ・ミュジーク誌、2008年度レコード芸術誌、およびグラモフォン誌)。

主催・協賛

主催:ジャパン・アーツ
提携:東京芸術劇場(公益財団法人東京都歴史文化財団)11/22
特別協賛:富士電機株式会社(11/26,27公演)
後援:ドイツ連邦共和国大使館