• ニュース

[マレク・ヤノフスキ指揮ケルン放送交響楽団]『チョ・ソンジンがピアノ協奏曲第3番を弾く』~現地レポートが届きました!

2月23日にビーレフェルトで行われた演奏会の現地レポートが届きました。
『ヤノフスキ指揮ケルン放送交響楽団のベートーヴェン チョ・ソンジンがピアノ協奏曲第3番を弾く』~ぜひ、ご覧下さい。この2月、指揮者のマレク・ヤノフスキが80歳の誕生日を迎えた。この節目に、近年ヤノフスキが結びつきを深めているケルン放送交響楽団とケルン、ビーレフェルト、ベルリン、そして彼が育ったヴッパータールの4都市を巡る短期間のツアーが実現した。

筆者が聴いたのは2月23日にビーレフェルトで行われたコンサート。会場のルドルフ・エトカー・ハレは1930年に完成したシューボックス型のホールで、知名度はさほど高くないかもしれないが、響きの良さで知られる名ホールだ。オール・ベートーヴェンのこの夜のプログラムは、チョ・ソンジンがソロを務めたピアノ協奏曲第3番で幕を開けた。一昨年のベルリン・フィルへのデビュー公演でも感じたことだが、チョの演奏には若さゆえの力みや浮き足立ったところがまるでない。ピアノが力強く主題を提示するところから、このハ短調協奏曲にふさわしい意思と格調の高さを感じさせる演奏となった。叙事詩のような深みをたたえていた第1楽章のカデンツァ、そして続くラルゴでの深い呼吸。特にピアノの繊細なアルペジオにファゴットとフルートが絡む場面では、ベートーヴェンが苦難の中でつかもうとした天上の世界がほのかに現出したかのような趣があった。フィナーレでは深刻さの中にも軽妙さが混じり合い、ヤノフスキ指揮のオーケストラとがっぷり四つに組み合う感興が生まれた。

後半の交響曲第3番《英雄》は、近年では珍しい倍管編成によるもので、舞台上は音楽家であふれんばかり。ヤノフスキのベートーヴェンといえば、個人的には2009/10年シーズンにベルリン放送響と行った交響曲ツィクルスが懐かしく思い出される。あれからもう10年も経つのかという思いとともに、冒頭の2つの和音が鳴り響いたのだが、ヤノフスキの音楽はまったく年老いていない!楽器編成ではオールドスタイルを採りながら、その引き締まった緻密な響きはモダンでさえある。速めのテンポでありながらも、80歳の今日まで無骨に音を積み上げてきたこの指揮者ならではの円熟味がそこここで聴かれる。第1楽章のコーダで音楽がクレッシェンドで膨らむところの雄大さ、そして地が裂けるような迫力を放った葬送行進曲のフーガ。アタッカで始まる第4楽章でも、ヤノフスキは時に前のめりになるほどのアグレシッブさを失わない。それがさらなる熱を生み、他の楽章に比べて一段劣ると評されることの多いこの交響曲のフィナーレで、全曲にふさわしい頂点が築かれたのだった。

2016年になってからバイロイト音楽祭にデビュー、そして今年9月からはドレスデン・フィルの首席指揮者に返り咲くなど、ヤノフスキは予想外の出来事で私たちを驚かせている。このマエストロがこれからどのような高みへと歩もうしているのか、期待はふくらむ。

中村真人(ジャーナリスト/在ベルリン)

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
巨匠ヤノフスキ、ベートーヴェンの真髄に迫る!
ケルン放送交響楽団 指揮:マレク・ヤノフスキ ピアノ:チョ・ソンジン
2019年11月26日(火)19:00 サントリーホール

公演詳細はこちらから
  • ニュース

ナタリー・デセイ フランスのアニメ映画「ディリリとパリの時間旅行」に声で出演!

ソプラノ歌手、ナタリー・デセイが8月下旬ロードショー予定のフランスのアニメ「ディリリとパリの時間旅行」(ミシェル・オスロ監督作品)に声で出演します!ミシェル・オスロ監督作品
「ディリリとパリの時間旅行」
ひとりぼっちのディリリがパリで出会った、たからもの。
美しき黄金時代のパリ。
ピカソ、モネ、キュリー夫人、ロートレックら数々の天才たちに出会い少女が事件の謎を解いていく。

監督:ミッシェル・オスロ
音楽:ガブリエル・ヤレド
声の出演:プリュネル・シャルル=アンブロン、エンゾ・ラツィト、ナタリー・デセイ

オフィシャルサイトはこちらから
8月YEBISU GARDEN CINEMA、ヒューマントラストシネマ有楽町他にて全国順次公開
ナタリー・デセイのアーティストページはこちらから
https://www.japanarts.co.jp/artist/NatalieDESSAY
  • ニュース

「充実の時間」~ウィーン少年合唱団来日直前エッセイ(全6回) Vol.3

来週に来日が迫ったウィーン少年合唱団。来日まで全6回にわたって連載をお送りいたします。
第3回はメンバーの日々の暮らしについてご紹介いたします!ご覧ください。昨秋アウガルテン宮殿を訪れた際、迎えてくれたのはブルックナー組とハイドン組の少年たちでした。シューベルト組とモーツァルト組は海外公演で不在中。常にどこかの組が海外公演(ヨーロッパツアー、日本ツアー、アメリカツアー、アジア+ドイツツアー)に出ています。その間、学校で授業を受けている組が、王宮礼拝堂での日曜ミサや専用劇場MuThでの公演、ウィーンや近郊での様々なイベントに出演します。年間を通してどの組も同じような場が順に巡ってくる仕組みです。組ごとに歌う曲のレパートリーも、コーラスのバランスも違い、それぞれを楽しめるのがウィーン少年合唱団の魅力でもあります。

団員それぞれにも、いろいろな機会が巡ってきます。たとえば、4年生F君のある1週間は……月曜日は海外からの団体客のためにアウガルテン宮殿で特別コンサート。火曜日は学校で数学のテスト。水曜日はオペラの録音のためフランクフルトへ。木曜日、日曜ミサでアルトのソロを歌うことが決まり、練習に力が入ります。金曜日は夕方にMuThでの公演。その前にオーケストラとリハーサル。公演では、同じく4年生のM君と二人で、英語とドイツ語での司会も務めました。週末の休みには近郊に住む両親が会いに来て一緒に過ごし、日曜日の王宮礼拝堂ミサでは立派にソロを歌いあげ、両親も嬉しそう。やや緊張の面持ちだったF君にも、満足気な笑顔がこぼれました。

こうやって少年たちは、ひとつひとつ経験を積み重ね、自信をつけて、さらに歌うことが好きになり、広い世界を知りながら、豊かな人生を歩む力をつけていくのだな、と感じます。

文:内海陽子

Vol.4もお楽しみに~!
vol.2はこちらから
vol.1はこちらから



キヤノンマーケティングジャパングループ Presents
ウィーン少年合唱団

5月3日(金・祝)14:00 サントリーホール
5月4日(土・祝)14:00 サントリーホール
5月29日(水)14:00 東京芸術劇場コンサートホール
6月14日(金)13:30 東京オペラシティ コンサートホール(アフタヌーン・コンサート・シリーズ2019-2020 前期 Vol.2)
6月15日(土)14:00 東京オペラシティ コンサートホール
6月16日(日)14:00 東京オペラシティ コンサートホール
公演詳細はこちらから
  • ニュース

横浜赤レンガで開催クラシック音楽祭に、小林沙羅、藤田真央が出演!

2019年9月28日(土)・29日(日)に横浜赤レンガにて開催される「STAND UP! CLASSIC FESTIVAL 2019」に 小林沙羅と藤田真央の出演が決定いたしました!潮風感じる開放感溢れた横浜・赤レンガパーク、大人から子どもまで楽しめる『野外クラシック音楽フェスティバル』。
食べながら飲みながら自由なスタイルで、一日中クラシック音楽を楽しんでみては?

チケットは、4月27日よりセゾンカード・UCカード会員様限定でお得な早割先行がスタートいたします。その他出演日など、詳しい情報は公式サイトでご確認ください。

【STAND UP! CLASSIC FESTIVAL 2019 公式サイト】
https://eplus.jp/stacla/


小林沙羅のアーティストページはこちらから
https://www.japanarts.co.jp/artist/SaraKOBAYASHI
⇒ 藤田真央のアーティストページはこちらから
https://www.japanarts.co.jp/artist/MaoFUJITA

  • ニュース

【ウィーン少年合唱団】 ウィーン・モダン展とのコラボレーション ミニトーク&コンサートを開催

来日迫る!ウィーン少年合唱団。
“天使の歌声”で知られる世界の音楽大使ウィーン少年合唱団が、「ウィーン・モダン展」開催を記念して国立新美術館でミニトーク&コンサートを行います!
合唱団を率いる芸術監督とカペルマイスターを交えたミニトークと、彼らの美しく清らかな歌声をぜひこの機会にお楽しみください!
開催日時 2019年4月26日(金)18:45~19:10 (無料でお聴きいただけます。)
会場 国立新美術館1階ロビー
演奏予定曲目 J.シュトラウスⅡ:「トリッチトラッチポルカ」ほか
詳細はこちらから



キヤノンマーケティングジャパングループ Presents
ウィーン少年合唱団

5月3日(金・祝)14:00 サントリーホール
5月4日(土・祝)14:00 サントリーホール
5月29日(水)14:00 東京芸術劇場コンサートホール
6月14日(金)13:30 東京オペラシティ コンサートホール(アフタヌーン・コンサート・シリーズ2019-2020 前期 Vol.2)
6月15日(土)14:00 東京オペラシティ コンサートホール
6月16日(日)14:00 東京オペラシティ コンサートホール
公演詳細はこちらから