• ニュース

指揮者フィリップ・ジョルダン その人と音楽 その1

12月にウィーン交響楽団と来日する、フィリップ・ジョルダン。インタビューを交えたフィリップ・ジョルダンのご紹介を2回わたってお届けいたします!!「私の考えでは、ブラームスはあまり重く演奏すべきではありません。叙情性と室内楽の精神、そしてシューマンの音楽のような親密さが必要です。交響曲第1番の冒頭はあくまでフォルテ。世界の多くのオーケストラはフォルティッシモで演奏しますが、大きな誤解だと思うのです」

 ウィーンのカフェでのインタビューで、フィリップ・ジョルダンは端正な表情でこう語った。この時私は、ジョルダンという指揮者の内面的で繊細な側面を垣間みた思いがした。

 フィリップ・ジョルダンは1974年、指揮者アルミン・ジョルダンの息子としてチューリヒに生まれた。スイス・ロマンド管弦楽団の首席指揮者を務めるなど、著名な指揮者である父親を見て育った影響はやはり大きかったようだ。6歳でピアノを始めるも、「一人ではなく、人と共に創造的な仕事をすることに惹かれて」9歳の時にはもう指揮者になりたいと思ったという。チューリヒはスイスの中でもドイツ語圏の都市で、この街で音楽や演劇、オペラ、ムジークテアターに深く結びついた生活を送ったことがジョルダンの芸術の基礎を形成した。ウィーン交響楽団のコンサートマスター、ビリー・ビュッヒラーはジョルダンについて、「特にマエストロはドイツ・ロマン派に精通しています。ドイツ文学をよく理解しているので、作品が本来こうあるべきだという姿で表現することができるのです」と述べているが、それは冒頭のジョルダンの言葉とも重なり合う。

 ジョルダンは、昨今では数少ない劇場でのたたき上げの指揮者といえる。早くも19歳の時にウルム市立歌劇場のコレペティトゥアとして最初のキャリアを積み始め、後にカペルマイスターになる。大きな転機になったのは、1998年から4年間、ベルリン国立歌劇場でダニエル・バレンボイムのアシスタントを務めたことだろう。筆者がジョルダンの名前を知り、頻繁に実演に接したのもこの頃だった。興味深いことに、ジョルダンがバレンボイムから学んだ特に大きな点は、「答えを出すことではなく、問いかけること」だったという。「誰かを真似したりコピーしたりするのではなく、自分で自分の解釈を見つけること。ベートーヴェンの交響曲も、常に新しい問いを投げかけ、その度に違う答えが出てくるものだと思います。答えが1つしかないのなら、それは死んだ音楽も同じですから」

 バレンボイムの背中を見ながら、多くの公演を振る機会に恵まれたジョルダンは、そこでさらにレパートリーを広げ、表現を深めることになった。現在彼は、パリ・オペラ座の音楽監督として年間約50の公演を振り、2014年からはウィーン交響楽団の首席指揮者としてシンフォニーのレパートリーも精力的にこなす。早くから注目され、世界中を飛び回る現代のスター指揮者のような派手な道は歩まなかった一方、時間をかけてじっくりと音楽の養分を吸収した。オペラ、シンフォニーの両方で信頼できるパートナーを得て、いよいよ才能の花を咲かせようとしているのが、フィリップ・ジョルダンという音楽家なのである。

文:中村 真人(ジャーナリスト・ベルリン在住)

◆オンエア情報 NHK-Eテレ「旅するフランス語」
「第16章 大人のたしなみ1」ジョルダンの特別インタビューが放送されます。
http://www2.nhk.or.jp/hensei/program


◆フィリップ・ジョルダンのプロフィールなどアーティストの詳細
http://www.japanarts.co.jp/artist/PhilippeJORDAN


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
ジョルダンが聴衆を熱くする、ウィーン響の覚醒と新時代!
フィリップ・ジョルダン指揮 ウィーン交響楽団 ヴァイオリン:樫本大進
2017年12月1日(金)19:00サントリーホール
12月3日(日)14:00 サントリーホール
詳しい公演情報はこちらから

  • ニュース

【掲載情報】小川典子 「日経電子版」

2018年第10回浜松国際ピアノコンクールの審査委員長に就任した小川典子のインタビューが日経電子版に掲載されました。浜松国際ピアノ・コンクールの話、自身のピアニスト人生についての話など盛りだくさん。また動画では、シューマンの幻想曲より第二楽章の演奏も披露しています。是非ご覧下さい!
日経電子版はこちらから

◆小川典子のプロフィールなどアーティストの詳細
http://www.japanarts.co.jp/artist/NorikoOGAWA
  • ニュース

フィリップ・ジョルダン、待望の来日!ウィーン響の新時代到来!!

フィリップ・ジョルダン、待望の来日!ウィーン響の新時代到来!!
オペラ・ファンからもオーケストラ・ファンからも今最も熱い視線が注がれている指揮者フィリップ・ジョルダンが、ウィーン交響楽団を率いて今秋10年振りに来日します。
同楽団はヴィルヘルム・フルトヴェングラーやヘルベルト・フォン・カラヤンも音楽監督を務めた名門オーケストラです。2000年以降、ウラディーミル・フェドセーエフ、ヤコフ・クライツベルク、ファビオ・ルイジ、大野和士らが率いて来日しましたが、今回は43歳の若き巨匠フィリップ・ジョルダンが音楽監督・首席指揮者を務めます。
フィリップ・ジョルダンは来日直前までヨーロッパ各地にて、バイロイト音楽祭、ルツェルン音楽祭、ウィーン交響楽団とのブレゲンツ音楽祭、パリ・オペラ座や数々のオーケストラ公演など、驚くほど多くのプロジェクトに取り組んでいます。今後の予定をまとめましたので、ぜひその活躍ぶりにご注目ください!

<フィリップ・ジョルダン/2017年夏~来日直前までの活躍>2017年
■バイロイト音楽祭
ワーグナー:楽劇「ニュルンベルクのマイスタージンガー」 詳細
・7月25日(火)・31日(月) 
・8月7日(月)・15日(火)・19日(土)・27日(日)

■ブレゲンツ音楽祭(オーストリア)
管弦楽:ウィーン交響楽団
曲目:ワーグナー:ジークフリート牧歌/楽劇「ワルキューレ」より第1幕 詳細
・7月30日(日)

■ルツェルン音楽祭
管弦楽:パリ・オペラ座管弦楽団 ピアノ:ベルトラン・シャマユ
曲目:ドビュッシー:牧神の午後への前奏曲/サン=サーンス:ピアノ協奏曲第5番「エジプト風」/
   ベルリオーズ:幻想交響曲 詳細
・8月29日(火)

■パリ・オペラ座
モーツァルト:歌劇「コジ・ファン・トゥッテ」 詳細
・9月12日(火)・16日(土)・18日(月)・20日(水)・25日(月)・28日(木)・30日(土)
・10月3日(火)・5日(木)・8日(日)

ドビュッシー:歌劇「ペレアスとメリザンド」 詳細
・9月19日(火)・23日(土)・27日(水) 
・10月1日(日)・6日(金)

ヴェルディ:歌劇「ドン・カルロ」 詳細
・10月10日(火)・13日(金)・16日(月)・19日(木)・22日(日)・25日(水)・28日(土)・31日(火)
・11月5日(日)・8日(水)・11日(土)

チャイコフスキー管弦楽曲ツィクルス/パリ・オペラ座管弦楽団 詳細
・10月12日(木)

■ウィーン交響楽団
・11月17日(金) 共演:ユリア・フィッシャー(ヴァイオリン) 詳細
 曲目:メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲ホ短調/ブラームス:交響曲第1番ハ短調
・11月18日(土) ウィーン響メンバーによる室内楽 ピアノ:フィリップ・ジョルダン 詳細
 曲目:シューベルト:幻想曲へ短調D940[連弾]/マックス・ブルッフ:弦楽八重奏曲変ロ長調/
    ドヴォルザーク:ピアノ五重奏曲第2番イ長調
・11月19日(日) 共演:ユリア・フィッシャー(ヴァイオリン) 詳細
 曲目:ベートーヴェン:コリオラン序曲/メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲ホ短調/
    マーラー:交響曲第1番ニ長調


<ベートーヴェン:交響曲第5番「運命」ハ短調のリハーサル風景>
来日公演のプログラムでもあるベートーヴェン:交響曲第5番「運命」の熱きリハーサル風景の一部をご覧下さい!ウィーン響の新時代の到来を感じさせる演奏です。



<書籍のご紹介>
『100語で楽しむオペラ』フィリップ・ジョルダン著/武藤剛史、田口亜紀 訳

指揮者フィリップ・ジョルダンが、自らの経験を踏まえ、オペラ作品が企画立案からどのような過程を経て上演にまで至るかを、100語のキーワードで分かりやすく解説しています。経験豊かな現役のオペラ指揮者で、ウィーン交響楽団、パリ・オペラ座などの音楽監督を務める著者だからこそ語ることのできる、臨場感たっぷりの魅力的な内容です。オペラがまさしく総合芸術であるということが分かり、さらにオペラが知りたくなります。ぜひご一読ください。
詳細はこちらにてご確認ください。


フィリップ・ジョルダン オフィシャル・ホームページ

◆フィリップ・ジョルダンのプロフィールなどアーティストの詳細
http://www.japanarts.co.jp/artist/PhilippeJORDAN


------------------------------------------------------------
ジョルダンが聴衆を熱くする、ウィーン響の覚醒と新時代!
フィリップ・ジョルダン指揮 ウィーン交響楽団 ヴァイオリン:樫本大進
2017年12月1日(金)19:00・3日(日)14:00 サントリーホール
詳しい公演情報はこちらから

  • ニュース

【2017年来日公演情報】ルドルフ・ブッフビンダー(ピアノ)

ルドルフ・ブッフビンダー2017年来日情報◆ウィーン・ムジークフェスト2017
ルドルフ・ブッフビンダー Vol.1 ピアノ・リサイタル
2017年9月17日(日) 14:00開演 いずみホール

≪プログラム≫
モーツァルト:「ああ、お母さん聞いて」による12の変奏曲 きらきら星変奏曲 K. 265
ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ 第23番 ヘ短調 op. 57《熱情》
シューベルト:ピアノ・ソナタ 第21番 変ロ長調 D960
公演詳細はこちらから

◆ウィーン・ムジークフェスト2017
ルドルフ・ブッフビンダー Vol.2 ピアノ・トリオ
2017年9月20日(水) 19:00開演 いずみホール

≪プログラム≫
ベートーヴェン:ピアノ三重奏曲 第7番 変ロ長調 op. 97《大公》
メンデルスゾーン:ピアノ三重奏曲 第1番 ニ短調 op. 49
公演詳細はこちらから

◆ウィーン・ムジークフェスト2017
ルドルフ・ブッフビンダー Vol.3 コンチェルト
2017年9月23日(土・祝) 16:00開演 いずみホール

≪プログラム≫
ベートーヴェン:ピアノ協奏曲 第1番 ハ長調 op. 15
        ピアノ、ヴァイオリン、チェロのための協奏曲 ハ長調 op.56
公演詳細はこちらから

◆ルドルフ・ブッフビンダー ピアノ・リサイタル
2017年9月24日(日) 15:00開演 豊田市コンサートホール

≪プログラム≫
モーツァルト:「きらきら星変奏曲」ハ長調 K.265
ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ 第23番 ヘ短調 op.57「熱情」
シューベルト:ピアノ・ソナタ 第21番 変ロ長調 D.960
公演詳細はこちらから

◆ルドルフ・ブッフビンダーのプロフィールなどアーティストの詳細
http://www.japanarts.co.jp/artist/RudolfBUCHBINDER
  • ニュース

小林沙羅 2017年7月14日・15日バーンスタイン「ミサ」に出演

2017年7月14日(金)・15日(土)、フェスティバルホールで行われた、【第55回大阪国際フェスティバル2017 大阪フィルハーモニー交響楽団創立70周年記念】バーンスタイン「ミサ」に小林沙羅が出演しました!日本では23年ぶりの公演となったバーンスタイン「ミサ」は大盛況で終演しました。<舞台裏での一枚>
11月のポッペアの戴冠に小林沙羅と一緒に出演する藤木大地さん、加耒 徹さんも共演。ポッペアの戴冠も是非お見逃し無く。<左から加耒 徹さん、小林沙羅、藤木大地さん>
バーンスタイン「ミサ」公演詳細はこちらから

◆小林沙羅のプロフィールなどアーティストの詳細
http://www.japanarts.co.jp/artist/SaraKOBAYASHI

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
モンテヴェルディ生誕450年記念 歌劇≪ポッペアの戴冠≫(演奏会形式)
2017年11月23日(木・祝) 16:00開演 東京オペラシティ コンサートホール
公演詳細はこちらから