• ニュース

来日直前!現地レポート ウラディーミル・ユロフスキー指揮ベルリン放送交響楽団

来日迫る、ウラディーミル・ユロフスキー指揮ベルリン放送交響楽団。日本ツアーのソリストであるレイフ・オヴェ・アンスネス、諏訪内晶子が出演した現地公演レポートが届きました。ぜひご覧下さい!
来日公演が迫るウラディーミル・ユロフスキー指揮ベルリン放送交響楽団のコンビが、2月22日と24日、ベルリン・コンツェルトハウスにおける定期演奏会に登場した。

コンサートの前半では、今回の来日ツアーのソリストが出演。まず初日は、レイフ・オヴェ・アンスネスがモーツァルトのピアノ協奏曲第21番を弾いた。昨年末に肘の痛みでしばらく休養していたというアンスネスだが、順調な回復ぶりをうかがわせた。彼のピアノは淀みない流れとくっきりとした音色を持ち味としながらも、オーケストラの響きともよく溶け合い、このハ長調協奏曲ならではの愉悦に富んだ対話を繰り広げてゆく。第1楽章の中間部でふっと翳りの色合いを聴かせたかと思うと、時には左手で思い切ったアクセントを付けるなど、メリハリも絶妙だ。速めのテンポで始まったフィナーレでは、小気味よいカデンツァの魅力もあって、モーツァルトを聴く至福感で体中が満たされた。

24日には諏訪内晶子が登場し、ブラームスのヴァイオリン協奏曲を共演した。ユロフスキー指揮による彫りの深いオケの前奏に続いて、プリマドンナのような貫禄でヴァイオリン・ソロを弾き始める。諏訪内の演奏を聴くのは久々だったが、以前からの作品に向かう真摯な姿勢はそのままに、音楽の構えが大きくなり、響きも一層味わい深くなったように感じられた。第2楽章ではオーボエのクララ・デント、フルートのウルフ=ディーター・シャーフといったこの楽団の看板奏者たちとの間で機微に富んだやり取りが交わされ、ホール空間に親密な空気が生まれる。フィナーレ後の喝采を受けて、諏訪内はイザイの無伴奏ソナタ第2番から「妄執」をアンコールに披露。コンサート前半を鮮やかに締めた。

さて、メインプログラムは両日ともR.シュトラウスのアルプス交響曲。首席指揮者に就任して2シーズン目となるユロフスキーは、現在マーラーの交響曲に力を入れているが、後期ロマン派の大規模な管弦楽作品は彼らのレパートリーの核のひとつになりつつあるようだ。結果的に、その期待は十二分に満たされた。

ユロフスキーという人は、作品全体を見通す並外れた能力を有しているように思う。アルプスの1日を描写したこの曲について彼は、「生から死に向かう人間の一生のアレゴリー」と述べているが、この長大な作品を、明確な意思と構築性をもって雄大かつこまやかに描き切る。アルプス登山のさまざまな自然の音に包まれながら、例えば嵐の後に現れる夕暮れの描写では、作曲家自身の生をも照らし出すかのごとく、荘厳に味わい深く鳴り響いた。
終演後のカーテンコールで、舞台後方までぎっしり並んだオーケストラのメンバーがユロフスキーに一斉に拍手を送るシーンがあった。この両者がいままさに波に乗っていることの証であろう。

中村真人(在ベルリン/ジャーナリスト)
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
世界が追い求めるユロフスキー、新時代の幕開け!
ウラディーミル・ユロフスキー指揮 ベルリン放送交響楽団
2019年3月26日(火) 19:00 サントリーホール
公演詳細はこちらから

  • ニュース

ミハイル・プレトニョフ ドイツ・ツアーで絶賛の評

ミハイル・プレトニョフのドイツ・ツアーでは、その驚くべきピアニズムと音楽観で常識を覆すような演奏会を行い、各地で評論家を驚かせ絶賛の評が出ています。
一部ご紹介しますので、ぜひご覧ください。
「 プレトニョフの両手から、地上の音楽とは思えない響きで、センシブルでリリックな、全く違った世界が展開した」

「61歳のプレトニョフのピアノは、繊細でメカニックな正確さを超越して、静かな英知が漂っていて、感動させられた。 」

「暖かく柔らかい響きで信じがたく“美しい”プレトニョフのピアノ 」

「 プレトニョフは、まさに繊細さと雄々しさをも持ち合わせたピアニストである。」

6月には、ピアノ・リサイタルで来日。
ベートーヴェンとリストを披露いたします。

Photo: © KAWAI Germany

------------------------
ロシアン・ピアニズムの巨匠 魔法の指が紡ぎ出すオーケストラの様な響き!
ミハイル・プレトニョフ ピアノ・リサイタル
2019年6月17日(月) 19:00 東京オペラシティ コンサートホール 公演の詳細はこちらから
  • ニュース

【新譜情報】イゴール・レヴィット『ライフ』[2018年12月5日発売]

イゴール・レヴィット『ライフ』ロシアはノブゴロド生まれのイゴール・レヴィットの3年ぶり、4作目のアルバムのタイトルは「ライフ(人生)」。親しい友人の悲劇的な死によりレヴィットが感じた深い喪失感、悲しみと絶望、慰安を表現した2枚組となっている。暗い壮大さと憂鬱な美しさが際立つ作品9曲が選ばれている。静かな熟考の詩的な瞬間は、やがて生の肯定と官能を聞き手にもたらすだろう。選曲された楽曲は、バッハから近代の作曲家ジェフスキ、そしてジャズピアニスト、ビル・エヴァンスの作品までと極めて幅広い時代からのもの。『ライフ』は、時代、スタイル、ジャンルの境目を簡単に越え、数多くの新しい発見を提供する。バッハとベートーヴェンの最高傑作の素晴らしい演奏でキャリアを確立した31歳のアーティストの個性と巨大な好奇心がさらに花開く作品集。

発売日:2018年12月5日
品番:SICC-30495
レーベル:SONY CLASSICAL
価格:3,600円(税抜)

収録内容:
DISC1
1.J.S.バッハによる幻想曲 BV253
2.シャコンヌ(無伴奏ヴァイオリン・パルティータ第2番BWV1004より/ブラームスによる左手ピアノ用編曲版)
3.天使の主題による変奏曲 変ホ長調 WoO.24
4.組曲「夢 パート1」:第3曲「人間」
DISC 2
1.聖杯への厳かな行進曲(舞台神聖祭典劇「パルシファル」より/リスト編)
2.コラール「アド・ノス、アド・サルタレウム・ウンダム」による幻想曲とフーガ/ファンタジア
3.コラール「アド・ノス、アド・サルタレウム・ウンダム」による幻想曲とフーガ/アダージョ
4.コラール「アド・ノス、アド・サルタレウム・ウンダム」による幻想曲とフーガ/フーガ
5.イゾルデの愛の死(楽劇「トリスタンとイゾルデ」より)
6.悲歌集 BV249:第7曲「子守歌」
7.ピース・ピース

演奏:
イゴール・レヴィット

詳細・購入:Sony Music Shop

◆イゴール・レヴィットのプロフィールなどアーティストの詳細
http://www.japanarts.co.jp/artist/IgorLEVIT
  • ニュース

牛田智大が、第29回出光音楽賞を受賞!!

この度、牛田智大が「出光音楽賞」を受賞いたしました。「出光音楽賞」は、将来有望な若手の育成という観点から意欲・素質・将来性などに重きを置き、新進の音楽家を顕彰するもので、1990年に制定されました。
牛田智大は、日本人ピアニストとして最年少の12歳でCDデビュー。
その後も多くのソロコンサートや国内外のオーケストラとの共演を重ねてきました。
2018年に開催された第10回浜松国際ピアノコンクールでは第2位を獲得し、
併せてワルシャワ市長賞、聴衆賞を受賞いたしました。
出光音楽賞については、こちらから

牛田智大の今後の活動に、ご注目いただきますようお願い申し上げます。
プロフィールなどの詳細は、下記をご参照ください。
https://www.japanarts.co.jp/artist/TomoharuUSHIDA

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
駆け抜けた10代、その集大成を聴く
牛田智大 ピアノ・リサイタル
2019年3月21日(木・祝) 13:30 横浜みなとみらいホール
公演情報はこちらから
  • ニュース

バレエ、アートファン必読!ボリス・エイフマン スペシャル・インタビュー Vol.1

7月に21年ぶりに日本に上陸するエイフマン・バレエ。
精鋭集団を率いる芸術監督・振付家ボリス・エイフマンのインタビューを、3回の連載でご紹介します。
ロシア・バレエの生きる伝説、ボリス・エイフマンの一つ一つの言葉が胸を打ちます。7月に、また日本に来ていただけることになりました。

ボリス・エイフマン(以下B.E.):はい、とてもうれしいです。

今回日本で上演してくださるのは「ロダン~魂を捧げた幻想」と「アンナ・カレーニナ」の2作品です。まず「ロダン~魂を捧げた幻想」について教えてください。

エイフマンさんはこれまで、小説を原作にした作品を多く発表されてきましたが、今回の「ロダン」は、実在の人物にスポットを当てられました。どういったところに心を動かされて、このバレエを創ろうと思われたのでしょうか?

B.E.:彫刻家ロダンは、生涯、人間の身体を追求し続けました。理想的な人体を追い求め、その内面の世界を表現しようとした人物です。振付家である私も、これまで、人間の身体の可能性を追い求めてきました。人の身体の動きを通して、人間の内面の世界、心や精神を表現し続けてきた人間です。人間の身体がもつ謎や秘密、内なる世界を見出し、それを芸術で表現するという点で、私たちには共通するものがあるのです。また私はこれまでにも、バレリーナのオルガ・スペシフツェワ(「赤いジゼル」)や、チャイコフスキー、そしてロダンといった、実在した偉大な芸術家たちを描いてきました。彼らが、人の情熱や感情を、自らの創造物の中で、いかに表現しようとしているのか、ということが、私の関心を引いたのです。

注目ポイント① 今回「ロダン」を上演するにあたり、日本の皆さんにご注目いただきたいのは、この作品には、2人の彫刻家が主人公として登場するということ。その2人とは、高名なロダンと、あまり知られていないもう一人の彫刻家、カミーユ・クローデル。

ロダンと出会った18歳のカミーユは、すでに天才的な彫刻家でした。彼女は、自身の作品で、そしてロダンへの愛で、ロダンの芸術に大きな影響を及ぼします。ロダンの有名な作品『接吻』『永遠の偶像』『永遠の青春』などは、カミーユの影響を受けて生まれた作品です。カミーユの理想的な身体をモデルに、永久に残る傑作の数々が生まれたのです。しかし彼らの愛は、悲劇的なものでした。円熟期の芸術家ロダンは、カミーユを利用しました…彼女の才能や身体、愛など、彼女のすべてを利用し、自らの芸術を豊かにした末に、彼女を捨ててしまいます。ロダンに無下にされたカミーユは、それに耐えることができず発狂し、人生の後半は、精神病院で過ごすことになってしまったのです。悲劇的な運命です。

でも彼らの愛情、彼らの情熱は、世界を豊かにしたといえます。今に至るまで、ロダンの芸術は、世界中で人々を感動させているのですから。実生活において、ロダンとカミーユは離別してしまいますが、フランスの人々は、パリのロダン美術館にカミーユ・クローデルの間を設けることで、2人を再び結びつけました。美術館の中で、二人は永遠に一緒なのです。注目ポイント② もう一つ、このバレエで観客の皆さんに注目して頂きたいことは、私が、彫刻を創造するプロセスを舞台上で表現しているということです。
皆さんは、舞台上で、どのように彫刻作品が作られていくのか、その過程を見ることができます。それはとても面白い体験になるでしょう。

あれは本当に素晴らしいアイディアだと思います。エイフマンさんのバレエは、動きのダイナミズムが魅力の一つだといわれていますが、「ロダン」では、彫刻というものを題材に“静止”の表現をされています。真逆の魅力で身体の可能性の限界を追求するという、新しい挑戦を見せてくださっているように感じます。

さていま、エイフマンさんは、ロダンとカミーユの悲劇は、結果的に世界を豊かにしたとおっしゃいました。いわゆる犠牲の主題が存在していると?

大切ポイント!B.E.:はい。私が表現したいのは、芸術家たちが何を犠牲にしているのかということです。ある人は命を犠牲にする、またある人は吸血鬼のように周りの人々から何かを“吸い取って”理想的な芸術作品を作り上げる。私が表現したかったのは、傑作芸術というものはいかに生まれるのか、という謎なのです。

取材協力:西原朋未

次回は、エイフマン・バレエ名刺代わりの大傑作「アンナ・カレーニナ」について、掘り下げていただきます。ご期待ください!
Vol.2はこちらから

------------------------------------
エイフマン・バレエ
「ロダン ~魂を捧げた幻想」

2019年7月18日(木) 19:00
2019年7月19日(金) 19:00
「アンナ・カレーニナ」
2019年7月20日(土) 17:00
2019年7月21日(日) 14:00
会場:東京文化会館
公演の詳細はこちらから