• ニュース

【新譜情報】小林沙羅「日本の詩」(2019年11月20日)

小林沙羅/日本の詩日本語の発音にこだわり表現を大切にしてきた小林沙羅。
古き良き作品から、今を生きる表現者として生み出していく作品を未来へと導いていく。

幼少時から詩集を声に出して読むことを好み、オペラ歌手として日本語の新作オペラ『万葉集』『KAMIKAZE』『狂おしき真夏の一日』等に積極的にも出演している。
そんな小林が3年ぶりとなる3rdアルバムで選んだのは、曾祖父にあたり大正・昭和時代の有名詩人:林柳波の「うみ」をはじめとした「故郷」「荒城の月」等の童謡唱歌を収録した。林柳波は「うみ」「おうま」、そして今作にも収録した「お六娘(おろくむすめ)」などを作詩。また、小林の曾祖母は、狂言浄瑠璃の祖といわれる初代豊竹和国太夫を父にもつ日本舞踊家(林流創始者)・林きむ子。日本の詩や歌に心惹かれてきた小林のルーツはここにもあったのだ。
武満徹の作品や、作曲家・箏曲家でもある宮城道雄の作品を箏・尺八と共演し、高村光太郎の『智恵子抄』から生まれた新曲「或る夜のこころ」、そして現代を代表する詩人・谷川俊太郎による小林に向けて書きおろした詩に、小林が作曲した新曲「ひとりから」も収録

発売日:2019年11月20日
品番:COCQ-85476
レーベル:日本コロムビア
価格:3,000円(税別)

収録内容:
1.小さな空(作詩・作曲/武満徹 編曲:轟千尋)
2.うみ(作詩/林柳波 作曲/井上武士)
3.この道(作詩/北原白秋 作曲/山田耕筰)
4.ふるさと(作詩/高野辰之 作曲/岡野貞一)
5.早春賦(作詩/吉丸一昌 作曲/中田章)
6.赤とんぼ(作詩/三木露風 作曲/山田耕筰)
7.お六娘(作詩/林柳波 作曲/橋本国彦)
8.うぐひす ―春夫の詩に據(よ)る四つの無伴奏の歌―(作詩/佐藤春夫 作曲/早坂文雄)
9.せきれい *(作詩/北原白秋 作曲/宮城道雄)
10.浜木綿 *(作詩・作曲/宮城道雄)
11.初恋(作詩/石川啄木 作曲/越谷達之助)
12.荒城の月(作詩/土井晩翠 作曲/瀧廉太郎)
13.ペチカ(作詩/北原白秋 作曲/山田耕筰)
14.或る夜のこころ ―『智恵子抄』より(作詩/高村光太郎 作曲/中村裕美)
15.死んだ男の残したものは(作詩/谷川俊太郎 作曲/武満徹 編曲:轟千尋)
16.ひとりから(作詩/谷川俊太郎 作曲/小林沙羅 編曲:相澤直人)
※14「或る夜のこころ ―『智恵子抄』より」初収録
※16「ひとりから」新曲

演奏:
小林沙羅(ソプラノ) Sara Kobayashi, soprano
河野紘子(ピアノ) Hiroko Kohno, piano
澤村祐司(箏)* Yuji Sawamura, koto
見澤太基(尺八)* Taiki Misawa, shakuhachi

録音:2019年9月11-13日 高崎芸術劇場・音楽ホール
Recorded on 11-13 Sep. 2019 at Takasaki City Theatre
詳細・購入:Columbia

小林沙羅のアーティストページはこちらから
https://www.japanarts.co.jp/artist/SaraKOBAYASHI
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
サードアルバムリリース記念 ~精緻なつづる日本の心
小林沙羅 ソプラノ・リサイタル 日本の詩
2020年3月12日(木)19:00開演 浜離宮朝日ホール
公演詳細はこちらから
  • ニュース

【掲載情報】吉松隆インタビュー「サウンド・デザイナー2019年12月号」

作曲家 吉松隆のインタビューが「サウンド・デザイナー2019年12月号」に掲載されました。
特集「今こそプログレを語ろう」にてプログレについて語りました。ぜひご覧下さい。サウンド・デザイナーはこちらから

吉松隆のアーティストページはこちらから
https://www.japanarts.co.jp/artist/TakashiYOSIMATSU

  • ニュース

「首都圏8館共同制作 コンスタンチン・リフシッツ ベートーヴェンへの旅」特設サイトが完成しました!

「首都圏8館共同制作 コンスタンチン・リフシッツ ベートーヴェンへの旅 ピアノ・ソナタ全32曲演奏会」の特設サイトが完成しました!
ぜひご覧ください。
http://www.japanarts.co.jp/Lifschitz2020/
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
ベートーヴェン生誕250周年記念 首都圏8館共同制作
コンスタンチン・リフシッツ(ピアノ) ベートーヴェンの旅 ピアノ・ソナタ全32曲演奏会


Vol.1「ワルトシュタイン」
2020年4月25日(土) 15:00開演 よこすか芸術劇場
(問)横須賀芸術劇場 046-823-9999

Vol.2「悲愴」
2020年4月26日(日) 15:00開演 神奈川県立音楽堂
(問)チケットかながわ 0570-015-415

Vol.3「熱情」
4月29日(水・祝) 14:00開演 フィリアホール
(問)フィリアホールチケットセンター 045-982-9999

Vol.4「テンペスト」
5月2日(土)15:00開演 狛江エコルマホール
(問)エコルマホール 03-3430-4106

Vol.5「月光」
5月3日(日・祝)18:30開演 武蔵野市民文化会館 小ホール
(問)武蔵野文化事業団 0422-54-2011

Vol.6「告別」
5月4日(月・祝)14:00開演 東京文化会館 小ホール
(問)ジャパン・アーツぴあ 0570-00-1212

Vol.7「ハンマークラヴィーア」
5月6日(水・休)15:00開演 所沢ミューズ アークホール
(問)ミューズチケットカウンター 04-2998-7777

Vol.8「最後のピアノ・ソナタ」
5月8日(金)19:00開演 ウェスタ川越 大ホール
※ウェスタ川越公演詳細に関しては後日発表いたします。

  • ニュース

【2020年来日公演情報】クシシュトフ・ヤブウォンスキ(ピアノ)

クシシュトフ・ヤブウォンスキ 2020年来日公演情報
オール・ショパン・プログラム
◆クシシュトフ・ヤブウォンスキ ピアノ・リサイタル
2020年1月13日(月・祝)14:00開演 石橋文化センター
≪プログラム≫
ショパン:
エチュード 第12番「革命」 ハ短調 Op. 10-12
アンダンテ・スピアナートと華麗なる大ポロネーズ 変ホ長調 Op. 22
舟歌 嬰ヘ長調 Op. 60
ポロネーズ 第6番「英雄」 変イ長調 Op. 53 他
≪出演≫
クシシュトフ・ヤブウォンスキ(ピアノ)
公演詳細はこちらから

◆クシシュトフ・ヤブウォンスキ ピアノ・リサイタル
2020年1月15日(水)19:00開演 熊本県立劇場
≪プログラム≫
ショパン:
エチュード 第12番「革命」 ハ短調 Op. 10-12
アンダンテ・スピアナートと華麗なる大ポロネーズ 変ホ長調 Op. 22
舟歌 嬰ヘ長調 Op. 60
ポロネーズ 第6番「英雄」 変イ長調 Op. 53 他
≪出演≫
クシシュトフ・ヤブウォンスキ(ピアノ)
公演詳細はこちらから
  • ニュース

東日本大震災復興支援 チャリティコンサート クラシック・エイドVol.10 出演者プロフィール

~子供たちの未来を守るために~
私たちは音楽とともに寄り添い、支え続けます。今日も、明日も、その先も。
東日本大震災 復興支援 チャリティコンサート ~クラシック・エイドVol.10~
2020年3月7日(土) 14:00 東京オペラシティ コンサートホール
公演詳細はこちらから

【出演者】
伊藤悠貴(チェロ)2010年ブラームス国際コンクール優勝、11年英国最高峰として知られるウィンザー祝祭国際弦楽コンクールで日本人初優勝。19年齋藤秀雄メモリアル基金賞受賞。これまでにフィルハーモニア管、小澤征爾、V.アシュケナージ等と共演。またウィグモア・ホールでのリサイタル、主要音楽祭への出演等、国内外で多数の公演に出演。
プロフィールなどアーティストの詳細:https://www.japanarts.co.jp/artist/YukiITO

大谷康子(ヴァイオリン) 2020年にデビュー45周年。これまで国内外のオーケストラと多数共演。BSテレ東「おんがく交差点」で司会・演奏を務める。CDも多数。文化庁「芸術祭大賞」受賞。(公財)練馬区文化振興協会理事長。使用楽器はストラディヴァリウス「ウィルヘルミ」(日本音楽財団より貸与。1725年製)。被災地への訪問演奏も積極的に行っている。
プロフィールなどアーティストの詳細:https://www.japanarts.co.jp/artist/YasukoOHTANI

尾崎未空(ピアノ)第14回及び第20回浜松国際ピアノアカデミーコンクール第3位。第40回ピティナ・ピアノコンペティション特級グランプリ、文部科学大臣賞。2019年モーツァルテ国際ピアノコンクール(アーヘン)第一位及び聴衆賞を受賞。現在ミュンヘン音楽演劇大学大学院在学。2017年デビューCD「MISORA」をリリース。
プロフィールなどアーティストの詳細:https://www.japanarts.co.jp/artist/MisoraOZAKI

小林沙羅(ソプラノ)東京藝術大学及び同大学院修了。10~15年ウィーンとローマにて研鑽を積む。12年ブルガリア国立歌劇場《ジャンニ・スキッキ》で欧州デビュー。15年野田秀樹演出《フィガロの結婚》に出演の他多くの作品に登場。20年には話題作《紅天女》タイトルロールで出演。19年秋自身3枚目のアルバム“日本の詩(うた)”をリリース。2017年第27回出光音楽賞、2019年第20回ホテルオークラ賞受賞。藤原歌劇団団員。
プロフィールなどアーティストの詳細:https://www.japanarts.co.jp/artist/SaraKOBAYASHI

椎野伸一(ピアノ)東京芸大、同大学院修了。「安宅賞」受賞。谷康子、V.セルヴァンスキに師事。東響、シティ・フィル等とベートーヴェンの「ピアノ協奏曲第1、3、4、5番」等を協演。2013年よりソロCD「Images de Paris」I、II、IIIをリリース高い評価を得る。室内楽奏者としても内外の著名な演奏家とキャリアを積む。東京学芸大学教授。

舘野泉(ピアノ)1936年東京生まれ。世界各国で行った演奏会は3500回を超え、世界中の聴衆から熱い支持を得る。02年脳出血により右半身不随となるも04年「左手のピアニスト」として復帰。2020年演奏生活60周年をむかえる。「シベリウス・メダル」ほか受賞暦数多。ヘルシンキ在住。
プロフィールなどアーティストの詳細:https://www.japanarts.co.jp/artist/IzumiTATENO
オフィシャル・ホームページ:https://www.izumi-tateno.com

仲道郁代(ピアノ)国内外での演奏会に加え、(一社)音楽がヒラク未来代表理事を務め、音楽と社会を結ぶ活動を行っている。2018年より「仲道郁代 Road to 2027 プロジェクト」を展開中。(一財)地域創造理事、桐朋学園大学教授、大阪音楽大学特任教授。
プロフィールなどアーティストの詳細:https://www.japanarts.co.jp/artist/IkuyoNAKAMICHI

西村悟(テノール)日本大学藝術学部、東京藝術大学大学院修了。リッカルド・ザンドナーイ国際声楽コンクール第2位、日本音楽コンクール第1位。2016年には大野和士指揮バルセロナ響にて欧州デビュー。オペラでは「ラ・トラヴィアータ」「蝶々夫人」「ルチア」「魔笛」等 に出演。五島記念文化賞オペラ新人賞受賞。出光音楽賞受賞。
プロフィールなどアーティストの詳細:https://www.japanarts.co.jp/artist/SatoshiNISHIMURA

福島県立郡山高等学校合唱団輝きのある凛とした透明感のある響き《輝凛透(かりんとう)》をモットーに、生徒が主体となり活動している。平成30年度全日本合唱コンクール、NHK全国学校音楽コンクール全国大会で二冠を達成。令和元年度、両コンクールともに全国大会出場が決定した。第6回クラシック ・エイド出演。

松本美和子(ソプラノ)1972年ローマ国立歌劇場で「カルメン」のミカエラでデビュー以降、ウィーン国立歌劇場、バイエルン国立歌劇場など、世界各国の主要オペラ劇場に出演。2006年にはこれまでの演奏活動が高く評価され、紫綬褒章を授与される。2012年これまでの功績を認められ旭日小綬章を叙勲された。現在、武蔵野音楽大学特任教授として後進の育成に力を入れている。
プロフィールなどアーティストの詳細:https://www.japanarts.co.jp/artist/MiwakoMATSUMOTO

好本 惠(司会)元NHKアナウンサー。十文字学園女子大学文芸文化学科教授。現在NHKの「TVシンポジウム」の他、「すくすく赤ちゃん」「NHK俳壇」などを長く担当。コンサートや式典、イベントの司会を務めることも多い。著書に「話しことばの花束」などがある。

※五十音順