• ニュース

ジャパン・アーツより皆様へ (2020年5月7日~)


ジャパン・アーツより皆様へ 主催公演に関する大切なお知らせ/中止・延期公演、チケット払い戻しのお知らせ【2020年5月7日】

◆「ららら♪クラシック コンサート Vol.8 5月9日公演」振替・チケット払戻しのお知らせ

この度、新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点より、2020年5月9日(土)午後2時にサントリーホールにて開催を予定していました『ららら♪クラシックコンサートVol.8』を、同ホールで2020年8月17日(月)午後6時半開演へと延期・振替させていただきます。ただし今後の感染状況等を慎重に見極めて、開催するかどうかの最終判断をします。
延期日程にてご来場が可能はお客様におかれましては、現在お手持ちのチケットでそのままご入場いただけますが、ご来場できないお客様、チケット代金の払戻しを希望されるお客様につきましては下記をご確認ください。また、6月20日(土)みなとみらいホール午後1時半開演の「ららら♪クラシックコンサートVol.8」につきましては、現在のところ予定通り公演準備を進めておりますが、変更がある場合は、改めてご案内させていただきます。
体調へのご懸念等の理由によりご来場を控えられるお客様におかれましては、チケットの払い戻しを承ります。
詳細に関しては準備が整い次第、当サイトで発表いたします。

<振替公演日程・払戻し受付公演>
ららら♪クラシックコンサート Vol.8
2020年8月17日(月) 18:30開演
会場:サントリーホール
※出演者の変更はございません。

「ららら♪クラシック コンサート Vol.8 5月9日公演」振替・チケット払戻しのお知らせ

2020年5月7日(木)
株式会社 ジャパン・アーツ

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

  • ニュース

【掲載情報】ウィーン少年合唱団(2020年5月)

2020年5月掲載情報:ウィーン少年合唱団 (C)www.lukasbeck.com

*ぴあ、Yahoo!ニュース (2020年5月19日)
ウィーン少年合唱団秋公演について、ぴあ、Yahoo!ニュースで紹介されました。
『ぴあ』はこちらから
『Yahoo!ニュース』はこちらから

*BIGLOBE Beauty (2020年5月12日)
【おうちで鑑賞】天使の歌声に癒される『ウィーン少年合唱団』の動画についてがニュースとして紹介されました!
『BIGLOBE Beauty』はこちらから

*OZmall 【期間限定】おうちでエンタメ鑑賞 (2020年5月12日)
【おうちで鑑賞】天使の歌声に癒される『ウィーン少年合唱団』の動画が紹介されました!皆さまからのコメントもたくさん届いています!
『 OZmall 』はこちらから

---------------------
NTTアーバンソリューションズグループPresents
ウィーン少年合唱団

2020年9月22日(火)14:00 東京オペラシティ  
2020年9月30日(水)19:00 東京芸術劇場    
2020年10月1日(木)14:00 東京芸術劇場    
2020年10月8日(木)19:00 東京オペラシティ  
2020年10月14日(水)11:00 東京文化会館    
2020年10月19日(月)13:00 東京オペラシティ  

特別協賛:NTTアーバンソリューションズ株式会社

《全国公演》
9月23日(水)19:00開演 酒田市民会館 希望ホール
9月24日(木)19:00開演 山形テルサ
9月27日(日)18:30開演 横浜みなとみらいホール
10月3日(土)15:00開演 八女市民会館おりなす八女 ハーモニーホール
10月4日(日)17:00開演 愛知県芸術劇場コンサートホール
10月7日(水)19:00開演 黒部市国際文化センター コラーレ
10月9日(金)13:30開演 西生田成瀬講堂(非公開)
10月10日(土)14:00開演 救世会館 大ホール

ウィーン少年合唱団2020年来日公演
来日公演公式Twitter @JA_WSK

---------------------
<関連リンク>
ウィーン少年合唱団2020年秋公演 来日メンバーと曲目が決定しました!
ウィーン少年合唱団 日本ツアー 今秋開催決定のお知らせ
ウィーン少年合唱団2020年日本ツアー 5月~6月公演中止のお知らせ
  • ニュース

メトロポリタン・オペラが『Nightly Met Opera Stream』でオペラを配信!

メトロポリタン・オペラが、世界中のオペラ・ファンのために、数々の忘れ難い舞台を配信しています! METのサイトで、一作品を朝8:30~翌朝7:30(日本時間)までご覧いただけます。お家にいながらMETの豪華な舞台を、どうぞお楽しみください!メトロポリタン・オペラはこちらから

◆現地時間5月24日(日)19時半 マスネ<マノン>
日本では5月25日(月)の朝8:30から26日(火)朝7時半まで視聴可能

マスネ<マノン>(2012年4月上演)はローラン・ペリによる美しい演出。タイトルロールのネトレプコが、無垢な少女から囚人となりやがて息絶える、激動の女の生涯を演唱します。悲劇の恋人のデ・グリュー役はベチャワ。マスネの色彩に満ちた音楽をルイージのタクトで。
マスネ<マノン>はこちらから©Barbara Luisi

◆現地時5月20日(水)19時半 ヴェルディ<仮面舞踏会>
日本では5月21日(木)の朝8:30から22日(金)朝7時半まで視聴可能

煌びやかな仮面舞踏会の裏では陰謀と秘密の恋物語が息を潜める、ヴェルディ<仮面舞踏会>(2012年12月上演)。指揮ルイージが、目眩くドラマを音楽で描きます。リッカルドはマルセロ・アルヴァレス、2013年のトリノ王立歌劇場日本公演では<トスカ>のカヴァラドッシを演じました。かつての親友で宿敵となったレナート役、大人気を博したMET常連の故ホロストフスキーの姿と歌にも出逢えます。
ヴェルディ<仮面舞踏会>はこちらから©Barbara Luisi

◆現地時間5月17日(日)19時半 ヴェルディ<ナブッコ>
日本では5月18日(月)の朝8:30から19日(火)朝7時半まで視聴可能

ヴェルディの大作<ナブッコ>(2017年1月上演)は、ジェームズ・レヴァインが指揮を務めました。
バビロニア王ナブッコはオペラ界のスター、プラシド・ドミンゴ。合唱は幕が開いた時から大活躍。イタリア第二の国歌として知られる“行け我が想いよ!黄金の翼に乗って”が私たちの心に届きます。今回、COVID-19で外出禁止となったイタリアで、自宅ベランダからこの曲を届けたオペラ歌手の歌声には、世界中の人たちが涙しました。
ヴェルディ<ナブッコ>はこちらから©Julie Skarratt_Metropolitan Opera

◆現地時間5月16日(土)19時半 ヴェルディ<リゴレット>
日本時間5月17日(日)の朝8:30から18日(月)朝7時半まで視聴可能

ヴェルディ<リゴレット>(2013年2月上演)の舞台は、なんと1960年代のラスベガス!
娘ジルダ役のディアナ・ダムラウが、“慕わしき人の名は”を可憐に歌います。
ジルダが恋する公爵(カジノのオーナー)はピョートル・ベチャワ。11年MET日本公演<ラ・ボエーム>でロドルフォを演じその美声に多くのファンが心奪われました。ジルダの父リゴレットは、MET常連のバリトン、ジェリコ・ルチッチ。同じく日本公演では<ランメルモールのルチア>に出演しました。
ヴェルディ<リゴレット>はこちらから©Rebecca Fay

◆現地時間5月3日(日) 19時半 ボロディン<イーゴリ公>
日本時間5月4日(月・祝)朝8時半から5日(火・祝)朝7時半まで視聴可能
2014年にイルダール・アブドラザコフがタイトルロールを務めたボロディン<イーゴリ公>。METの常連ジャナンドレア・ノセダ、トリノ王立歌劇場2013年の<仮面舞踏会>で来日したオクサナ・ディカも登場します。
イーゴリ公はこちらから ©Tony Hitchcock

◆現地時間4月26日(日) 19時半 ロッシーニ:ラ・チェレネントラ
日本時間27日(月)朝8時半から28日(月)朝7時半まで視聴可能
昨年セイジ・オザワ松本フェスティバルでの<エフゲニー・オネーギン>で大絶賛のファビオ・ルイージが指揮を務め、ジョイス・ディドナート(アンジェリーナ/チェネレントラ)、フアン・ディエゴ・フローレス(ドン・ラミーロ王子)、ルカ・ピサローニ(アリドーロ)、アレッサンドロ・コルベッリ(ドン・マニフィコ)、ピエトロ・スパニョーリ(ダンディーニ)ら煌めくキャスト達が出演しています。
ラ・チェレネントラはこちらから©Barbara Luisi

◆現地時間4月25日(土) 13時~ At Home Gala
日本時間26日(日)深夜2時(25日26時)から27日(月)朝7時半まで視聴可能
何て贅沢な顔ぶれ!40名ものスター歌手達が世界各地から集結する豪華なガラ・コンサート。11月来日のディアナ・ダムラウとニコラ・テステはフランスから参加します!
At Home Galaはこちらから©Chris Singer

◆現地時間4月24日(金)19時半 ヴェルディ<椿姫>
日本時間25日(土)朝8時半から26日(日)朝7時半まで視聴可能
今年10月来日予定のナタリー・デセイがヴィオレッタを演じます。指揮はファビオ・ルイージ、ジェルモン演じるホロストフスキーの歌声にも再び出会えます。
ヴェルディ<椿姫>はこちらから©Simon Fowler
  • ニュース

【チョ・ソンジン ピアノ・リサイタル】チョ・ソンジン本人よりコメントが届きました!

今年12月、東京オペラシティ コンサートホールでリサイタルを行うピアニストのチョ・ソンジンよりメッセージが届きました。プログラムの聴きどころを紹介いたします!

◆2020年12月25日(金)19:00 東京オペラシティ コンサートホール
〈プログラム〉
シューマン :フモレスケ Op.20 変ロ長調
ショパン:スケルツォ 第1番 Op.20 ロ短調
ショパン:スケルツォ 第2番 Op.31 変ロ短調
* * *
ベルク:ピアノ・ソナタ Op.1 ロ短調
リスト:ピアノ・ソナタ ロ短調
「ユモレスク」は音楽的特性や作品内の感情の動きが、とても自由で特別な構成になっており、シューマン作品のなかでも驚くべき曲の一つといえます。
ショパンのスケルツォはどれも3部構成になっています。抒情的な中間部が、鮮やか且つドラマティックで自発的な第1部、第3部と対称をなします。
このスケルツォは、間違いなくショパンの最も偉大な功績の一つですね。
そして後半にはベルクとリストを弾きますが、この2曲はとても相性が良いです。
ロ短調という共通の調性でもありますし、並べて弾くことによってさらにロマンティックな雰囲気が醸し出されます。
12月の公演では、皆様にこのような特別なプログラムをお楽しみいただきたく思っています!


チョ・ソンジン
------
プログラム内、ベルクとリストのピアノ・ソナタは、5月8日に発売された新譜「さすらい人」(原題:THE WANDERER)にも収録されています。
是非、お聴きください。
新譜情報はこちら⇒ https://www.japanarts.co.jp/news/news.php?id=4758

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
【延期公演】チョ・ソンジン ピアノ・リサイタル
2020年12月25日(金)19:00 東京オペラシティ コンサートホール

公演情報についてはこちらをご確認ください
チョ・ソンジン 公演延期に伴う曲目変更について

⇒ チョ・ソンジンのアーティストページはこちらから
https://www.japanarts.co.jp/artist/SeongJinCho
  • ニュース

マリインスキ―歌劇場管弦楽団  YouTubeでスヴィリードフ「時よ、前進!(Time forward)」のリモート演奏が配信!

マリインスキー歌劇場管弦楽団が、とっても楽しく、まさしく希望に満ちて前進する気持ちになれる動画を配信しています。
冒頭にゲルギエフが下記のように語っています。
「マリインスキー歌劇場の音楽家たち、オーケストラのメンバーたちは長らく顔を合わせることができておらず、3/18以降は舞台に立つことができていませんが、この度、団員の中の多くが、少し"ライト"で、面白おかしく繋がり、演奏することを見つけてくれました。
「時よ、前進!」
私は“時”に早く進んでくれるようお願いして、私たちや世界中の同僚が、早く自分の愛する仕事に戻り、愛する観客のために演奏できるようになることを祈っています。」
どうぞお楽しみください!



⇒ ワレリー・ゲルギエフのアーティストページはこちらから
https://www.japanarts.co.jp/artist/ValeryGERGIEV

⇒ マリインスキー歌劇場管弦楽団のアーティストページはこちらから
https://www.japanarts.co.jp/artist/artist_detail.php?id=70