• ニュース

《マゼッパ》現地取材レポート【マリインスキー劇場】

知られざるチャイコフスキーの傑作「マゼッパ」、2019年12月の日本公演に先駆けて3月に行われた現地での鑑賞レポートを公開します。ぜひご覧ください!《マゼッパ》(2019年3月7日)
この1950年のイリヤ・シェルピャノフ演出を2009年に蘇演したという《マゼッパ》、まさに手に汗握る時代劇だった!十七世紀ウクライナの政治的混沌を背景に、老指導者マゼッパが年の離れたマリヤと愛し合い、その父コチュベイの反対を押し切り結婚。父親は失脚のうえ悲劇的処刑、派手な戦闘、そしてマゼッパが最終的に失脚し逃走する際に見るのは父の死に精神の平衡を失った妻マリヤ……という、ジェットコースター・ドラマ。どこを切っても話も音楽も派手で面白い!

歌手も皆レベルが揃っていた。現在急速に国際的活躍の場を拡げつつあるヴラディスラフ・スリムスキー、一幕で彼の歌う七十代の指揮官マゼッパが、マリヤを巡ってコチュベイと口論する場面の迫力にいきなり圧倒される。マゼッパに娘を奪われ反撃を試みるも逆に捕えられ極刑に処される地主コチュベイには、ロシアの誇る名バス歌手ウラディーミル・ヴァネーエフ。特に死を前にした牢獄でのモノローグでの格調高い悲劇的歌唱には心を揺さぶられた。2017年にこの劇場のソリストになったばかりのマリヤ役のエレーナ・スティキナは、この日がマリヤ役の初舞台だったが、チャイコフスキーのヒロインにぴったりのメランコリックな美声が印象的。このオペラの最後を締める、哀しい子守歌も素晴らしかった。

多様なスタイルの合唱を楽しめるのも、この作品のよさだ。一幕の男女の踊りと共に歌われる素朴な民謡。頭領二人、コチュベイの一族郎党、マゼッパ率いるコサック軍による、歌で描く壮大な対決劇。処刑されたコチュベイの死を悼む歌では厳かな讃美歌の響き。同時に、三幕冒頭の「ポルタワの戦い」のような管弦楽の華やかさも特筆すべきだろう。これまで日本で紹介されてきた《スペード》《オネーギン》といった作品にはなかった、「序曲1812年」のようなチャイコフスキーの音楽の勇壮な側面をたっぷり楽しむことができる。わくわくし続けの四時間だった。

森岡実穂(中央大学准教授)

マリインスキー劇場 現地取材レポートはこちらから
《スペードの女王》現地取材レポート【マリインスキー劇場】はこちらから

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

巨匠ゲルギエフ&ロシア芸術の殿堂 マリインスキー歌劇場が総力を結集して贈る
マリインスキー歌劇場 チャイコフスキー・フェスティヴァル2019
▼画像をクリックするとPDFで詳細をご覧頂けます▼
歌劇「スペードの女王」
2019年11月30日(土)15:00 東京文化会館
2019年12月1日(日)15:00 東京文化会館
歌劇「マゼッパ」(コンサート形式)
2019年12月2日(月)18:00 サントリーホール
マリインスキー 歌劇場管弦楽団 演奏会
2019年12月5日(木) 19:00 サントリーホール(チェロ:アレクサンドル・ブズロフ)
2019年12月6日(金) 19:00 東京文化会館(ヴァイオリン:五嶋龍)
2019年12月7日(土) 13:00 東京文化会館(ピアノ:セルゲイ・ババヤン、辻井伸行)
2019年12月7日(土) 18:00 東京文化会館(ピアノ:セルゲイ・ババヤン)

マリインスキー歌劇場 チャイコフスキー・フェスティヴァル2019 特設サイトはこちらから
  • ニュース

【掲載情報】エイフマン・バレエ来日記念講演会レポート「SPICE」

6月2日に朝日新聞東京本社読者ホールにて開催した「エイフマン・バレエ来日記念講演会」のレポートが「エンタメ特化型情報メディア SPICE」に掲載されました。講演会ではロシア文学に詳しい東京外語大教授の沼野恭子氏と、彫刻家ロダンの作品を多数収蔵する静岡県立美術館学芸課上席学芸員の南美幸氏が登壇し、作品の原作と人物それぞれについて講演を行いました。ぜひご覧ください。
エンタメ特化型情報メディア SPICEはこちらから

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

「ロダン ~魂を捧げた幻想」と「アンナ・カレーニナ」の使用楽曲のプレイリストを公開中!
エイフマン・バレエ 使用楽曲プレイリストはこちらから



21年ぶり待望の来日!世界に衝撃をあたえ続ける
エイフマン・バレエ 日本公演 2019

7.18 [木] 19:00 「ロダン ~魂を捧げた幻想」
7.19 [金] 19:00 「ロダン ~魂を捧げた幻想」
7.20 [土] 17:00 「アンナ・カレーニナ」
7.21 [日] 14:00 「アンナ・カレーニナ」
会場:東京文化会館
(問)ジャパン・アーツぴあ 0570-00-1212

【全国公演】
7.13 [土] 15:00 滋賀県立芸術劇場びわ湖ホール 「アンナ・カレーニナ」
(問)びわ湖ホールチケットセンター 077-523-7136
7.15 [月・祝] 15:00 グランシップ(静岡)中ホール・大地 「ロダン ~魂を捧げた幻想」
(問)(公財)静岡県文化財団 054-289-9000

エイフマン・バレエ 日本公演2019 特設サイトはこちらから
  • ニュース

【掲載情報】エイフマン・バレエ「ONTOMO」

21年ぶりの再来日するエイフマン・バレエの記事が「ONTOMO」 に掲載されました。ロシア人たちを熱狂させるエイフマン・バレエ、サンクトペテルブルグでの公演はチケットが入手困難と言われています。バレエファンに愛されるカンパニーの魅力と人気の秘密とは...!?ぜひご覧ください。
ONTOMOはこちらから

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

「ロダン ~魂を捧げた幻想」と「アンナ・カレーニナ」の使用楽曲のプレイリストを公開中!
エイフマン・バレエ 使用楽曲プレイリストはこちらから



21年ぶり待望の来日!世界に衝撃をあたえ続ける
エイフマン・バレエ 日本公演 2019

7.18 [木] 19:00 「ロダン ~魂を捧げた幻想」
7.19 [金] 19:00 「ロダン ~魂を捧げた幻想」
7.20 [土] 17:00 「アンナ・カレーニナ」
7.21 [日] 14:00 「アンナ・カレーニナ」
会場:東京文化会館
(問)ジャパン・アーツぴあ 0570-00-1212

【全国公演】
7.13 [土] 15:00 滋賀県立芸術劇場びわ湖ホール 「アンナ・カレーニナ」
(問)びわ湖ホールチケットセンター 077-523-7136
7.15 [月・祝] 15:00 グランシップ(静岡)中ホール・大地 「ロダン ~魂を捧げた幻想」
(問)(公財)静岡県文化財団 054-289-9000

エイフマン・バレエ 日本公演2019 特設サイトはこちらから
  • ニュース

【新譜情報】ウィーン少年合唱団 出演「モーツァルト:歌劇≪魔笛≫ / 2018年ザルツブルク音楽祭」(2019年7月31日発売予定)

モーツァルト:歌劇≪魔笛≫ / 2018年ザルツブルク音楽祭ウィーン少年合唱団「ブルックナー組」2019年来日メンバーのマシュー君、フィリップ君、2015年に来日したジョンミン君(2018年卒団)出演のDVDが発売します!
2018年ザルツブルク音楽祭で上演された≪魔笛≫。アメリカの女性演出家リディア・スタイアーが新演出を手掛けており、セリフの大部分をカットし、物語を伝える役を担う「おじいさん」がナレーターとなって登場。ウィーン少年合唱団のメンバーが演じる3人の童子が寝る前に物語を読んでもらうよう、「おじいさん」が孫たちに語りかける形式となっており、聴衆はこれまでとは違ったアプローチで観ることができます。ぜひご覧下さい。

発売日:2017年7月31日
品番:2DVD:KKC-9451/2
   Blu-ray:KKC-9450
形態:2DVD/Blu-ray
価格:2DVD:¥5,556 (税抜) Blu-ray:¥6,018(税抜)

収録内容:
モーツァルト:歌劇≪魔笛≫
マティアス・ゲルネ(ザラストロ/バリトン)
マウロ・ペーター(タミーノ/テノール)
アルビナ・シャギムラトヴァ(夜の女王/ソプラノ)
クリスティアーネ・カルク(パミーナ/ソプラノ)
アダム・プラチェトカ(パパゲーノ/バス・バリトン)
マリア・ナザーロヴァ(パパゲーナ/ソプラノ)
マイケル・ポーター(モノスタトス/テノール)
クラウス・マリア・ブランダウアー(おじいさん/ 俳優)
タレク・ナズミ(語り手/バリトン)
ウィーン少年合唱団(3人の孫、3 人の童子)

コンスタンティノス・カリディス(指揮)
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団&合唱団(合唱指揮:エルンスト・ラッフェルスベルガー)
ウィーン少年合唱団(合唱指導:エラスムス・バウムガルトナー)

ソフィア・タムヴァコプール(ハンマークラヴィーア&オルガン)
アンドレアス・スクーラス(チェンバロ)

演出:リディア・スタイアー
舞台:カタリーナ・シュリップ
衣裳:ウルスラ・クドゥルナ
照明:オラフ・フレーゼ
ビデオ:フェットフィルム
ドラマトゥルギー:イナ・カール

収録:2018年8月 ザルツブルク祝祭大劇場
映像監督:ミヒャエル・ベイヤー

詳細:キングインターナショナル (2DVDBlu-ray)

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -



キヤノンマーケティングジャパングループ Presents
ウィーン少年合唱団
5月3日(金・祝)14:00 サントリーホール
5月4日(土・祝)14:00 サントリーホール
5月29日(水)14:00 東京芸術劇場コンサートホール
6月14日(金)13:30 東京オペラシティ コンサートホール(アフタヌーン・コンサート・シリーズ2019-2020 前期 Vol.2)
6月15日(土)14:00 東京オペラシティ コンサートホール
6月16日(日)14:00 東京オペラシティ コンサートホール
公演詳細はこちらから
  • ニュース

【新譜情報】川田知子「テレマン:無伴奏ヴァイオリンのための12のファンタジア 」(2019年5月25日)

川田知子/テレマン:無伴奏ヴァイオリンのための12のファンタジアテレマン屈指の名作を、起伏に富んだ表現と美しい響きで聴く
前アルバム『J.S.バッハ:無伴奏ソナタとパルティータ』が好評を博した川田知子による、テレマンの無伴奏。協会ソナタ形式のポリフォニーを荘重に響かせ、そして即興性を帯びた躍動感に溢れる表現が随所に顔をのぞかせる。ファンタジーそれぞれの個性が際立つ、起伏に富んだ演奏は秀逸です。ぜひお聴きください。

発売日:2019年5月25日
品番:MM-4057
レーベル:マイスター・ミュージック
価格:3,000円(税抜)

収録内容:
G.P.テレマン:無伴奏ヴァイオリンのための12のファンタジア
1-3 第1番 変ロ長調TWV 40:14
4-6 第2番ト長調TWV 40:15
7-9 第3番 へ短調TWV 40:16
10-12 第4番 ニ長調TWV 40:17
13-15 第5番 イ長調TWV 40:18
16-19 第6番 ホ短調TWV 40:19
20-23 第7番 変ホ長調TWV 40:20
24-26 第8番 ホ長調TWV 40:21
27-29 第9番ロ短調TWV 40:22
30-32 第10番 ニ長調TWV 40:23
33-35 第11番 ヘ長調TWV 40:24
36-38 第12番 イ短調TWV 40:25

演奏:
川田知子 (ヴァイオリン)

詳細: マイスター・ミュージック

◆川田知子のプロフィールは下記をご参照ください。
https://www.japanarts.co.jp/artist/TomokoKAWADA


---------------------
川田知子 バッハの無伴奏ヴァイオリン・ソナタ&パルティータ全曲演奏会
昼公演 2019年6月15日(土)15:00開演 東京文化会館 小ホール
夜公演 2019年6月15日(土)18:00開演 東京文化会館 小ホール
公演詳細はこちらから