• ニュース

ジャパン・アーツより皆様へ (2020年4月14日~2020年4月24日)

ジャパン・アーツより皆様へ 主催公演に関する大切なお知らせ/中止・延期公演、チケット払い戻しのお知らせ【2020年4月24日】

◆「錦織 健 テノール・リサイタル 『日本の歌だけを歌う』5/20公演」中止・延期・払戻しのお知らせ

この度、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、2020年5月20日(水) 東京オペラシティ コンサートホールで開催を予定しておりました「錦織健 テノール・リサイタル 『日本の歌だけを歌う』」公演の開催を中止とさせて頂きますことを、謹んでお知らせいたします。公演を楽しみにされ、チケットをお買い求めのお客様には、大変ご迷惑をお掛けいたしますが、何卒ご理解、ご了承賜りますようお願い申し上げます。なお延期公演につきましては現在調整中です。日程が決まり次第ホームページ等で発表いたします。延期公演では今回ご購入いただきましたチケットはご利用いただけません。チケットを購入いただきました皆様に、払戻し手続きをさせていただきます。チケット払戻し方法の詳細につきましては、下記をご確認ください。
錦織 健 テノール・リサイタル 『日本の歌だけを歌う』5/20公演」中止・延期・払戻しについての詳細はこちら

◆「千住真理子 デビュー45周年記念 ドラマティック・コンチェルト 6/7公演」延期・中止・チケット払戻しのお知らせ

6月7日(日)サントリーホール 14:00開演に予定しておりました『千住真理子 デビュー45周年記念 ドラマティック・コンチェルト』は新型コロナウィルス拡大防止の観点から、公演を下記の日程に延期させて頂きますことを謹んでお知らせ致します。
なお、延期の日程にてご来場が可能なお客様におかれましては、現在お客様がお手持ちのチケットで、同じ席番でそのままご入場いただけます。ご来場できないお客様、チケット代金の払戻しを希望されるお客様の払戻しにつきましては下記をご確認ください。

「千住真理子 デビュー45周年記念 ドラマティック・コンチェルト 6/7公演」延期・中止・チケット払戻しについての詳細はこちら

<延期公演>
2021年5月22日(土)13:30開演 サントリーホール 
※延期に伴い、開演時間が13:30に変更になりました。
千住真理子(ヴァイオリン)
岩村力指揮 東京フィルハーモニー交響楽団

◆「寺田悦子&渡邉規久雄 デュオ・ピアノ・コンサート 6/12公演」延期・チケット払戻しのお知らせ

6月12日(金)に紀尾井ホールで予定しておりました「寺田悦子&渡邉規久雄 デュオ・ピアノ・コンサート」は、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、公演を同ホール2020年11月5日(木)19:00開演に延期させて頂きますことを謹んでお知らせ致します。延期の日程にてご来場が可能なお客様には、現在お手持ちのチケットで、そのままご入場いただけますが、ご来場できないお客様、チケット代金の払戻しを希望されるお客様は下記よりお手続き下さい。なお曲目に変更はございません。
「寺田悦子&渡邉規久雄 デュオ・ピアノ・コンサート 6/12公演」延期・チケット払戻しについての詳細はこちら

<延期公演>
寺田悦子&渡邉規久雄 デュオ・ピアノ・コンサート
2020年11月5日(木)19:00開演 紀尾井ホール

2020年4月24日(金)
株式会社 ジャパン・アーツ

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
ジャパン・アーツより皆様へ 主催公演に関する大切なお知らせ/中止・延期公演、チケット払い戻しのお知らせ【2020年4月21日】

◆ベルリン・フィル八重奏団 5月来日ツアーの中止と一部延期のお知らせ

5月21日(木)~31日(日)に予定しておりましたベルリン・フィル八重奏団の日本ツアーは、新型コロナウイルスの世界的な感染拡大に伴う渡航制限やビザ発給停止など国際情勢に鑑み、全8公演を中止、一部の公演につきましては延期とさせて頂きますことを、謹んでお知らせいたします。中止となる公演のチケット払い戻しについては、各主催者へお問い合わせください。公演を楽しみにされていたお客様には残念なお知らせとなりますが、何卒ご理解、ご了承賜りますようお願い申し上げます。なお、本ツアーは一部、2020年12月20日(日)~24日(木)に延期を予定致します。
5月来日ツアーの中止と一部延期についての詳細はこちら

<ベルリン・フィル八重奏団 延期ツアー>
12月20日(日)18:00 横浜みなとみらいホール 
12月21日(月)19:00 アクロス福岡シンフォニーホール
12月22日(火)19:00 東京オペラシティ コンサートホール
12月23日(水)19:00 青山音楽記念館 バロックザール
12月24日(木)19:00 フェニーチェ堺

◆チョ・ソンジン 5月~6月来日公演中止と一部延期のお知らせ

5月23日(土)~6月1日(月)に予定しておりましたチョ・ソンジン ピアノ・リサイタル日本ツアーは、新型コロナウイルスの世界的な感染拡大に伴う渡航制限やビザ発給停止など国際情勢に鑑み、全6公演を中止、一部の公演につきましては延期とさせて頂きますことを、謹んでお知らせいたします。中止となる公演のチケット払い戻しについては、各主催者へお問い合わせください。
公演を楽しみにされていたお客様には残念なお知らせとなりますが、何卒ご理解、ご了承賜りますようお願い申し上げます。なお、本ツアーは一部、2020年12月25日(金)~29日(水)に延期を予定致します。
5月~6月来日公演中止と一部延期についての詳細はこちら

<チョ・ソンジン ピアノ・リサイタル 延期ツアー>
12月25日(金)19:00 東京オペラシティ コンサートホール 
12月27日(日)14:00 広島上野学園ホール
12月28日(月)18:30 横浜みなとみらいホール
12月29日(火)14:00 ザ・シンフォニーホール

2020年4月21日(火)
株式会社 ジャパン・アーツ

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
◆「松本美和子 ソプラノ・リサイタル 6/11公演」延期・チケット払戻しのお知らせ

この度日本政府及び東京都より発令された緊急事態宣言に伴う公演自粛要請により、6月11日(木)HAKUJU HALL 19:00開演の『喜寿CD録音記念・松本美和子 ソプラノ・リサイタル』を2021年4月17日(土)14:00開演に延期とさせて頂きます。
本公演を楽しみにされていたお客様には、大変に残念なお知らせとなりますが、何卒ご理解、ご了承賜りますようお願い申し上げます。尚、チケット払戻し方法の詳細につきましては、改めてお知らせいたします。

<延期公演>
『松本美和子ソプラノ・リサイタル』
2021年4月17日(土)14:00開演
HAKUJU HALL


◆「仲道郁代 ピアノ・リサイタル 5/17公演」中止・振替・チケット払戻しのお知らせ

5月17日(日)に予定しておりました「仲道郁代ピアノ・リサイタル~音楽における十字架」は、新型コロナウイルス感染拡大に伴う、日本政府による東京都への緊急事態宣言発布の事態を受け、アーティストと協議検討を重ねた結果、先行きが不透明な中、お客様・ご関係の皆様にとって心から安心できる環境で音楽をお届けすることを第一と考え、中止とさせて頂きますことを、謹んでお知らせいたします。
本公演を楽しみにされていたお客様には、大変ご迷惑をお掛けいたしますが、何卒ご理解、ご了承賜りますようお願い申し上げます。

尚、予定されていた公演「音楽における十字架」は、仲道郁代が2027年まで取り組んでおります『Road to 2027プロジェクト』春のリサイタルシリーズ第3回にあたるものでしたが、今回の曲目での公演は、2027年のシリーズ最終回が行われた後、2028年3月(予定)に改めてお届けする予定です(日付・会場未定)。

また、お手元の本公演のチケットは、来年2021年5月30日(日)14:00開演 サントリーホールにて行われる『Road to 2027プロジェクト』春のリサイタルシリーズ第4回「仲道郁代ピアノ・リサイタル~幻想曲の系譜」公演で、そのままご利用いただけます。ご来場くださるお客様におかれましては、お手元のチケットをどうか大切に保管くださいますようお願い申し上げます。

<お手元のチケットでそのままご来場・入場可能な公演>
Road to 2027 仲道郁代ピアノ・リサイタル~幻想曲の系譜
2021年5月30日(日)14:00開演 サントリーホール
予定曲目:
モーツァルト:幻想曲 K.475
シューマン:幻想曲 Op.17
ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第28番 Op.101
シューベルト:さすらい人幻想曲 D760 Op.15

★お手持ちのチケットで上記公演にご来場くださるお客様へ:
・チケットの紛失にはくれぐれもご注意ください。
・チケットは感熱式用紙を使用しております。陽の当たる場所や湿気のある場所での保管など、保存状態によっては印字が薄くなり文字の読み取りが難しくなってくる場合がございます。万が一、そういった状態にお気づきになられましたら、ジャパン・アーツぴあコールセンター0570-00-1212までご連絡をお願い致します。

上記来年の公演へのご来場がかなわないお客様には、払い戻しを行います。
払戻し方法は、下記のリンクより詳細をご確認ください。
仲道郁代 ピアノ・リサイタル(5/17)チケット払戻しのお知らせ


◆ウィーン少年合唱団 日本ツアー 今秋開催決定のお知らせ

新型コロナウイルス感染拡大の影響により、5月・6月の日本ツアーを中止させていただきましたウィーン少年合唱団は、このたび改めて2020年9月22日(火・祝)から10月19日(月)での公演開催が決定しました。
来日するメンバーや公演プログラムの詳細、およびチケット発売日程につきましては、改めてお知らせいたします。
世界中で愛される天使の歌声、ウィーン少年合唱団の秋の来日公演に、どうぞご期待ください。
尚、中止となった公演のチケット払戻しにつきましてはこちらのページをご覧ください。

2020年4月17日(金)
株式会社 ジャパン・アーツ

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
ジャパン・アーツより皆様へ 主催公演に関する大切なお知らせ/中止・延期公演、チケット払い戻しのお知らせ【2020年4月14日】

緊急事態宣言発令に伴い、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、当社におきましては、一部の営業を休止しております。

昨今の状況に鑑み、弊社主催公演の払戻受付につきまして、ジャパンアーツぴあ、WEBジャパン・アーツぴあ、チケットぴあでご購入されましたチケットの払戻受付終了日を以下の通り延長させていただきます。
ホールチケットセンター、イープラス、ローソンチケットなど購入場所により、払戻期間延長を行わないものがございますので、あらかじめお手元のチケットの受付先をご確認ください。

【払戻期間を延長する公演】
佐藤美枝子(ソプラノ)&西村 悟(テノール) デュオ・リサイタル【公演終了】
2020年3月20日(金・祝)13:30開演 横浜みなとみらいホール
払戻受付期間:~5月31日(日)まで

上原彩子 ピアノ・リサイタル【公演終了】
2020年3月25日(水) 19:00開演 東京オペラシティ コンサートホール
払戻受付期間:~5月31日(日)まで

牛田智大 ピアノ・リサイタル【公演延期】
2020年3月26日(木) 19:00開演 サントリーホール
払戻受付期間:~5月31日(日)まで

0歳児とおでかけ応援プロジェクト Vol.3 金子三勇士【公演中止】
2020年4月15日(水) 10:30 開演 東京オペラシティ コンサートホール ホワイエ
払戻受付期間:~6月30日(火)まで

アフタヌーン・コンサート・シリーズ 2020-2021前期 Vol.1うたたね・クラシック【公演中止】
2020年4月15日(水) 13:30 開演 東京オペラシティ コンサートホール
払戻受付期間:~6月30日(火)まで

サンクトペテルブルグ・フィルハーモニー交響楽団【公演中止】
2020年4月21日(火) 19:00 開演 サントリーホール
2020年4月23日(木) 14:00 開演 東京オペラシティ コンサートホール

払戻受付期間:~6月30日(火)まで

レイ・チェン ヴァイオリン・リサイタル2020【公演中止】
2020年4月27日(月) 19:00 開演 東京オペラシティ コンサートホール
払戻受付期間:~6月30日(火)まで

コンスタンチン・リフシッツ べートーヴェンへの旅 Vol.6 東京公演 「告別」【公演延期】
2020年5月4日(月・祝) 14:00開演 東京文化会館 小ホール
払戻受付期間:~6月30日(火)まで

ジャニーヌ・ヤンセン ヴァイオリン・リサイタル【公演中止】
2020年5月13日(水) 19:00開演 東京オペラシティ コンサートホール
払戻受付期間:~7月31日(金)まで

フィンランド放送交響楽団【公演中止】
2020年5月27日(水) 19:00 サントリーホール (ヴァイオリン:五嶋 龍)
2020年5月28日(木) 19:00 サントリーホール (ピアノ:チョ・ソンジン)
払戻受付期間:~7月31日(金)まで

延期公演の再販売日につきましては、決まり次第HPへアップいたしますのでお待ちください。
ご不便をおかけいたしますが、謹んでご理解をお願い申し上げます。

2020年4月14日(火)
株式会社 ジャパン・アーツ

  • ニュース

【新譜情報】レ・ヴァン・フランセ「ロマンティク」(2020年6月3日発売)

Les Vents Francais:Romantique/ロマンティクスーパー管楽器アンサンブル、レ・ヴァン・フランセの前作「モダニスト」に続く新録音、19世紀ロマン派の知られざる管楽器室内楽アンサンブルの名曲。
ピアニストとしてデビューし、作曲家、指揮者としても才能を発揮、ワーグナーの「指環」を上演するほどの活躍ぶりをアウグスト・クルークハルト。51歳の時に書いた木管五重奏曲は、交響曲やオペラも書く作曲者であったことも影響しているようで、各楽器にまんべんなく役割が与えられており、細かい動きと牧歌的なメロディの対比が印象的な作品です。
フランスのベートーヴェンと呼ばれたジョルジュ・オンスロウは、独特のスタイルを生み、ベルリオーズへと受け継がれています。彼のその類稀な才能は特におびただしい数の室内楽に顕著に表れており、サロンで演奏される名手のための協奏曲としての役割を果たしていた木管五重奏曲は、パリの上流社会の人々の趣向を充分満足させるものでした。
ベートーヴェンの親しい友人として、また優れたヴァイオリニストとして現在その名を知られているルイ・シュポア。彼は当時、ベートーヴェンを凌ぐほどの"交響曲作家"であり、とりわけ後期の作品はシューマンに影響を与えるなど優れた作風の作品を残しています。ピアノと管楽のための五重奏曲もドイツ・ロマン派の流れをくんでおり、モーツァルトやベートーヴェンのピアノと管楽のための五重奏曲を指標としていますが、ピアノと管楽器群との掛け合い、半音階的な和音を多用したロマンティックさが、日差しあふれる風景と哀愁を醸し出しています。
現代最高峰の室内楽アンサンブルとしての実力を存分に示している「レ・ヴァン・フランセ」。一人ひとりの奏でる音色の豊かさはもちろん、アンサンブルの精緻さ、そしてドリームチームとしての存在感も驚嘆すべきもので、このアルバムでも各奏者間のやり取りから生まれる丁々発止の対話が、音楽に生き生きとした魅力が増していきます。更にそのどれもが、最高のセンスと色香と息遣いに満ち溢れています。
(ワーナーミュージックジャパンより抜粋)

発売日:2020年6月3日
品番:WPCS-13831 (日本盤のみのUHQCD盤発売)
国内盤ブックレットには、『木幡一誠 氏による解説』を掲載
レーベル:WARNER MUSIC JAPAN
価格:2,800円(税抜)

収録内容:
アウグスト・クルークハルト(1847-1902):木管五重奏曲Op.79
ジョルジュ・オンスロウ(1784-1853):木管五重奏曲Op.81
ルイ・シュポア(1874-1859):ピアノと管楽のための五重奏曲 Op.52

録音:2017年1月6日(1)、2016年4月4日(2)、2017年6月1日(3)、ミュンヘン、バイエルン放送スタジオ

演奏:
レ・ヴァン・フランセ
エマニュエル・パユ(フルート)
フランソワ・ルルー(オーボエ)
ポール・メイエ(クラリネット)
ラドヴァン・ヴラトコヴィチ(ホルン)
ジルベール・オダン(バソン)
エリック・ル・サージュ(ピアノ)

詳細・購入:Warner Music Japan

◆レ・ヴァン・フランセのプロフィールは下記をご参照ください。
http://www.japanarts.co.jp/artist/LVF
  • ニュース

5/7(木)25時から、ボリショイ劇場がバレエ『ドン・キホーテ』を公式YouTubeで配信!

3月下旬から閉館しているボリショイ劇場は「芸術を愛する方々の心が少しでも晴れやかになり、心地よく過ごしていただく一助になれば嬉しい(ウーリン劇場総裁)」と、珠玉の名舞台をYouTubeで配信し、自宅で過ごす時間が長くなった多くの方々に喜ばれてまいりました。
『白鳥の湖』『眠れる森の美女』『くるみ割り人形』など第一弾(5演目)の配信に続き、4月15日から5月11日まで『スパルタクス』『現代の英雄』『明るい小川』『ドン・キホーテ』などバレエ作品の他、オペラなどを含む第2弾の配信が決定いたしました。

2020年5月7日(木)の25時(8日深夜1時)からは、ボリショイ・バレエの十八番『ドン・キホーテ』が配信されます。
この作品は、アレクサンドル・ゴールスキーが、ボリショイ劇場でプティパ版を大幅に改訂振付して初演したもの。以降『ドン・キホーテ』という作品の世界的定番になりました。ボリショイのダンサーたちの魅力を存分に伝えるとともに、華やかで活気ある舞台がボリショイのイメージにもぴたりあっています!
夢と理想を追い続けるドン・キホーテが導くハッピーエンド。ぜひご覧ください!

配信は24時間ですので、翌日(5月8日)も視聴可能です。

バレエ『ドン・キホーテ』 *2016年4月210日の公演収録です。
キトリ:エカテリーナ・クリサノワ/バジル:セミョーン・チュージン/エスパーダ:ルスラン・スクヴォルツォフ/森の女王:オルガ・スミルノワ  他

⇒ ボリショイ劇場公式YouTubeはこちらから
⇒ ボリショイ・バレエ『ドン・キホーテ』放送はこちらから

ライブ配信後24時間限定でご覧いただけます!

◆ボリショイ劇場YouTube配信第2弾スケジュール◆
日本時間:2020年4月15日(水)25時~ バレエ『海賊』
日本時間:2020年4月18日(土)25時~バレエ『スパルタクス』
~4月18日は『スパルタクス』の初演者であり、この役の代名詞のようなダンサー ウラディーミル・ワシーリエフ80歳の誕生日。この配信を通じ、現代最高のダンサーであり、ロシア人民芸術家ワシーリエフの至芸・偉業を称えました。
日本時間:2020年4月21日(火)25時~ボリショイ劇場オペラ&オーケストラ ソリストによるコンサート
日本時間:2020年4月25日(土)25時~バレエ『現代の英雄』
日本時間:2020年4月29日(水・祝)25時~オペラ『カテリーナ・イズマイロヴァ』
日本時間:2020年5月3日(日)25時~バレエ『明るい小川』
日本時間:2020年5月7日(木)25時~バレエ『ドン・キホーテ』
日本時間:2020年5月11日(月)25時~オペラ『サトコ』

◆ボリショイ劇場YouTube配信 第1弾 <配信済み>◆
◆ボリショイ・バレエ◆
「白鳥の湖」
日本時間:2020年3月27日(金)25時より(3月28日(土)深夜1時)配信済み


「眠れる森の美女」
日本時間:2020年3月28日(土)25時より(3月29日(日)深夜1時)配信済み

「マルコ・スパーダ」
日本時間:2020年4月4日(土)25時より(4月5日(日)深夜1時)配信済み

「くるみ割り人形」
日本時間:2020年4月10日(金)25時より(4月11日(土)深夜1時)配信済み

◆ボリショイ・オペラ◆
「皇帝の花嫁」
日本時間:2020年4月1日(水)25時より(4月2日(木)深夜1時)配信済み


「ボリス・ゴドゥノフ」
日本時間:2020年4月7日(火)25時より(4月8日(土)深夜1時)配信済み

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
ボリショイ・バレエ 2020年日本公演
会場:東京文化会館
「スパルタクス」
11月26日(木)18:30
11月27日(金)18:30
「白鳥の湖」
11月28日(土)18:00
11月29日(日)13:00 / 19:00
12月1日(火)13:00 / 19:00
「ボリショイのすべて~プレミアム・エディション」
12月3日(木)18:30
12月4日(金)18:30
12月6日(日)17:00
公演詳細はこちらから

◇ 東京以外の公演 ◇
11月23日(月・祝) びわ湖ホール 大ホール 「スパルタクス」
(問)びわ湖ホールチケットセンター:077-523-7136
11月24日(火) 昌賢学園まえばしホール 「白鳥の湖」
(問)(公財)前橋市まちづくり公社:027-221-4321
12月5日(土) フェスティバルホール 「白鳥の湖」
(問)フェスティバルホールチケットセンター:06-6231-2221
  • ニュース

Artist Voice - アーティストたちの声 Vol.10

音楽を奏でるように、音楽家の言葉は、人々の心に優しく響き、大きな励ましと希望を与えてくれます。皆さまの健康をお祈りして、今日もアーティストたちの声をおおくりします。

今回は、ヴァイオリニストの米元響子、テノールの西村悟、ピアニストの尾崎未空からのメッセージをお届けします。
アーティストの皆さんには、主に以下の質問にお答えいただきました。
①今、何を想い、どのようなことを考えているか。ご自由にメッセージを。
②リラックスの方法(日々どんなことをして過ごしているか、など)

米元響子(ヴァイオリン)毎朝、目覚まし代わりになっている小鳥のさえずりが、環境の変化でしょうか、いつにも増して元気いっぱいに響いています。
皆様いかがお過ごしでしょうか?

2020年は大変な年になってしまいました。
このような状況の中、タフな決断を迫られるリーダーの方、家族の食事から家のことを一手に任されているのお母さま方、そしてまだ心配を沢山抱えながらも通勤、現場でお仕事をなさる方も…色々な状況の人を思い浮かべます。

私は急に音楽を皆さんと共有できなくなり少しだけ寂しく感じておりますが、新しい曲を読んだりと、落ち着いて勉強できる二度とないチャンスと捉え、大切に過ごしています。外出制限がある中、有り合わせのものでできる料理や、代替えものもでできること、ちょっとした工夫を思いついた時…毎日家の中だけでもいろいろな発見がある日々です。

現在教えているオランダの大学では、3月中旬から早速オンラインレッスンに切り替えられました。自国に帰れずとも頑張っている生徒さんのレッスンを画面を通してでも続けられることには勇気づけられますが、今までのやり方ではなく新しい教え方を模索していく必要性も感じています。

新型ウィルスとの戦いは長期戦になりそうですが、いつか終わりが来ると信じ、今はじっと静かに待ちたいと思います。この試練を乗り越えた後にたとえ人々の価値観が大きく変わってしまっていても、音楽が皆さんの中に小さな灯のように存在することを願ってやみません。

Please stay healthy!<今日のオーディエンス。>

西村悟(テノール)これまでに経験したことのない危機に、誰もが不安を抱え、毎日を過ごされていることと思います。

こんな歌がございます。

「嵐の中を歩く時、頭をあげて。暗闇を恐れずに!嵐の後は黄金の空が、鶯も歌う。
夢と希望を持って。歩こう!君は決して一人じゃない!」

これは私が大切に歌う曲です。
そう、絶対に一人ではありません!
そして止まない雨は無いのです!

音楽が持つ力を私は信じています。
皆様の元へ音楽が届けられるその日まで、私は走り続けたいと思います。
どうか皆様、自宅で、健康にお過ごし下さい。
そして日本人、いや全人類でこの天敵ウイルスに打ち勝ちましょう!

尾崎未空(ピアノ)①まるで世界が止まってしまったようなこの状況に、驚きと怖さを感じずにはいられません。このような中でも人々の命や生活のために働いて下さっている方々には何より感謝を、そして普段の生活が奪われてしまった方々にも、音楽をはじめとする芸術が力を与え続けていることを願っています。

この時間を使って友人とゆっくり電話をしたり、調べものをしたり、1日1日どのように過ごそうか考えるのもプラスに取れば楽しいことだなと感じています。少しずつ事態が良くなってきたときに演奏家として何かしらパワーアップしていられたらと思います。

②何かの隙間時間ではなく、文字通りじっくりと読書したり音楽を聴いたりできることが、今の私にはとてもエネルギーになっているように感じます。留学先で取り組んでいるドイツリートから派生して、最近は詩集などにも親しむようにもなりました。あとはお天気が良ければ散歩に出てみたり…、実家にいるカメからも小さな元気をもらいながら過ごしています。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
Artist Voice - アーティストたちの声
【Vol.1】 大井剛史、小川典子、河村尚子、樫本大進
【Vol.2】 大谷康子、矢部達哉、半田美和子、仲道祐子、堀内康雄
【Vol.3】 藤岡幸夫、渡邊一正、川田知子、原田節
【Vol.4】 伊藤悠貴、中野翔太、横山幸雄
【Vol.5】 高関建、永峰大輔、金子三勇士
【Vol.6】篠﨑靖男、原田慶太楼、安藤赴美子
【Vol.7】 仲道郁代、現田茂夫、赤坂達三
【Vol.8】 ボリス・エイフマン、ポール・メイエ
【Vol.9 】小林研一郎、上原彩子、長谷川陽子
【Vol.10】 米元響子、西村悟、尾崎未空
【Vol.11】曽我大介、三舩優子、小林美恵
【Vol.12】佐藤美枝子、平野和、上村文乃
【Vol.13】江崎昌子、岡本侑也、阪田知樹
【Vol.14】錦織健、森麻季、松田理奈
【Vol.15】大西宇宙、小林研一郎 主宰「コバケンとのその仲間たちオーケストラ」
  • ニュース

Artist Voice - アーティストたちの声 Vol.9

音楽を奏でるように、音楽家の言葉は、人々の心に優しく響き、大きな励ましと希望を与えてくれます。皆さまの健康をお祈りして、今日もアーティストたちの声をおおくりします。

今回は、指揮者の小林研一郎、ピアニストの上原彩子、チェリストの長谷川陽子からのメッセージをお届けします。

アーティストの皆さんには、主に以下の質問にお答えいただきました。
①今、何を想い、どのようなことを考えているか。ご自由にメッセージを。
②リラックスの方法(日々どんなことをして過ごしているか、など)

小林研一郎(指揮者)昔のヨーロッパで疫病が蔓延したときに音楽家はどの様に乗り越えてきたのだろう・・・?
タイタニックの映画の中でカルテットが人々の心を和らげようと最後まで楽器を手放さなかった演奏をやめなかったシーンを思い出します。
今、音楽家は何ができるのだろう・・・?
オーケストラもフリーの演奏家もどれ程、困窮してるだろう・・・胸が痛みます。
1日も早く、私たちに平和な時間が訪れますように。

上原彩子(ピアノ)皆さん、ステイホーム週間を、どのようにお過ごしでしょうか。
コロナの感染拡大で、大きく生活が変化し、普通に健康で過ごせるということの有り難さを強く感じる毎日です。
私は、多分毎日ピアノを練習することで、心の平静を保っている気がします。やっぱり、私にとっては、音楽が救いなのかな。でも、残念ながら音楽で命は救えないので、今は医療関係者の方に毎日心の中で感謝と応援の気持ちを送っています。
家では、今まで練習する時間がなかったバッハなど弾いてみたり、自分の演奏を一度ゆっくり見つめ直したりしています。また、これだけ長い時間を家族で共に過ごしたことはかつてなかったので、時々みんなで料理したり、ゲームしたり、日々大切に過ごしています。
まだ終息が見えなくて恐怖を感じますが、ネガティブなことばかり考えてもしょうがないので、私はなるべく家で楽しいことを見つけて明るく過ごそうと思っています。
コロナが終息して、また皆さんにコンサート会場でお会いできる日が待ち遠しいです。まずは、それまでどうかお気をつけてお過ごしください。 <写真① :ディズニーランドのチュロスのレシピで作った、小さいチュロス><写真②:サイダーゼリー><写真③:ドーナツ>

長谷川陽子(チェロ)①先日放送されたNHKの番組で、イスラエルのある高名な学者が
「このコロナ・ウィルスに打ち勝つには、人類が利他主義になるべきだ」と発言され、非常に興味深く感じました。大切な人を守るために、医療現場の最前線で戦っている医療関係者の皆さまのご苦労が少しでも軽減されるように、今は私たちはほんの少しだけ我慢する時期なのでしょうね。
でも、それが巡り巡って私たちの周りが、社会全体が、世界がよいスパイラルになっていくのですから。しばらくこの「利他主義」の持つ意味について、考える時期にしたいと思います。世の中が生まれ変わったときに、響く音楽は今までとは全く違う意味になるのかもしれないですね。

②実はもともと家が大好きなので、毎日楽しんでstay homeを実行しています。なんといっても、愛猫のすばると蓮音とゆっくりと過ごせる時間は幸せです。
でも一つ困っていたことは、筋金入りの凝り性の私ですが、整体に行けないこと。体が悲鳴をあげていましたので、色々調べておうち整体を充実させました。マッサージチェアから始まり、効きそうと思ったマッサージグッズは、ほぼ必ず試している私ですが、特にこのイボイボ付きのマッサージローラー、イチオシです!!整体に行く代わりに、自宅で。セルフメンテは毎日でも好きな時に行えるのがいいですね。最初はそれはそれは悶絶でしたが、 今ではうそのように長年の悩みだった肩こりからくる頭痛が、一気に解消しました。これは、コロナが収束しても続けたい習慣となりました。今は、地に足をつけて、日々の小さな幸せを大切に過ごしていきたいです。

今、このメッセージを見てくださっている皆さんがご無事でおうち時間を快適に過ごされていますように!!
そして人類が、この災難に打ち勝った日には、皆さんと音楽で乾杯をしたい、と心から願っています。
<写真①:愛猫のすばる><写真②:愛猫の蓮音><写真③:マッサージローラー>


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
Artist Voice - アーティストたちの声
【Vol.1】 大井剛史、小川典子、河村尚子、樫本大進
【Vol.2】 大谷康子、矢部達哉、半田美和子、仲道祐子、堀内康雄
【Vol.3】 藤岡幸夫、渡邊一正、川田知子、原田節
【Vol.4】 伊藤悠貴、中野翔太、横山幸雄
【Vol.5】 高関建、永峰大輔、金子三勇士
【Vol.6】篠﨑靖男、原田慶太楼、安藤赴美子
【Vol.7】 仲道郁代、現田茂夫、赤坂達三
【Vol.8】 ボリス・エイフマン、ポール・メイエ
【Vol.9 】小林研一郎、上原彩子、長谷川陽子
【Vol.10】 米元響子、西村悟、尾崎未空
【Vol.11】曽我大介、三舩優子、小林美恵
【Vol.12】佐藤美枝子、平野和、上村文乃
【Vol.13】江崎昌子、岡本侑也、阪田知樹
【Vol.14】錦織健、森麻季、松田理奈