• ニュース

ピエタリ・インキネン 首席指揮者に就任(ザールブリュッケン=カイザースラウテルン・ドイツ放送フィルハーモニー管弦楽団など)

指揮者のピエタリ・インキネンが2017/2018シーズンから
ザールブリュッケン=カイザースラウテルン・ドイツ放送フィルハーモニー管弦楽団の
首席指揮者に就任することが発表されました。4年間契約の予定です。

同団は、ドイツ西部ザールラント州の州都ザールブリュッケンのオーケストラ。
巨匠スクロヴァチェフスキ氏が首席客演指揮者を務めていることでも知られています。

ピエタリ・インキネンは、世界が注目する若手指揮者の筆頭。
2015/2016シーズンからプラハ交響楽団の首席指揮者に就任。
日本公演の成功は記憶に新しいところです。
2016/2017シーズンからは、日本フィルハーモニー交響楽団の首席指揮者に就任。
9月27日の就任披露演奏会が注目されています。


インキネン氏のコメントが届きました。
「ザールブリュッケン=カイザースラウテルン・ドイツ放送フィルハーモニー管弦楽団の首席指揮者に就任することを嬉しく思います。2010年に初めて共演した時から、このオーケストラとは強いつながりを感じていました。私たちは今後、素晴らしい瞬間を共にすることになると確信しています。」


ザールラント放送協会および南西ドイツ放送協会の総裁 トーマス・クライスト教授のコメントです。
「インキネン氏は、クラシック音楽の根底にある情熱を表現する才能があります。彼の国際的な活動は、私たちのオーケストラをさらに発展させることでしょう。私たちはインキネン氏を次シーズンからの首席指揮者として迎えることを誇りに思います。」


ピエタリ・インキネンの活躍にご期待ください!

ピエタリ・インキネンのプロフィールはこちらから

日本フィルハーモニー交響楽団 首席指揮者就任披露演奏会の情報はこちらから