• ニュース

高関健が静岡交響楽団のミュージック・アドヴァイザーに就任

この度、高関健が2018年4月1日から、静岡交響楽団のミュージック・アドヴァイザーに就任いたします。
任期は2018年4月1日~2021年3月31日です。高関は「楽団の果敢な挑戦をお手伝いできればと思う」と意気込みを語りました。静岡交響楽団は、今後、教育現場への参加や社会貢献も踏まえた成長プログラムと共に、静岡の音楽文化の発展に向けた活動を進めていきます。
現在、京都市交響楽団常任首席客演指揮者、東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団常任指揮者、東京藝術大学音楽学部指揮科教授として藝大フィルハーモニア管弦楽団の首席指揮者を兼任しており、さらに2018年4月から新たに、仙台フィルハーモニー管弦楽団のレジデントコンダクター、静岡交響楽団ミュージック・アドヴァイザーを兼任いたします。
高関健の今後の活動に、どうぞご注目ください。

高関健のプロフィールなどの詳細は、下記URLをご参照ください。
 ⇒ http://www.japanarts.co.jp/artist/KenTAKASEKI