• ニュース

マリス・ヤンソンス バイエルン放送交響楽団が首席指揮者の契約延長を発表!

バイエルン放送交響楽団は、マリス・ヤンソンスとの首席指揮者の契約を、2024年まで延長することを発表しました。2003年より同楽団の首席指揮者を務めるヤンソンスは、今回の任期延長に際し、次のように述べています。

マリス・ヤンソンス(バイエルン放送交響楽団首席指揮者)のコメント
バイエルン放送交響楽団から契約期間を更に更新したいというお話しを頂いた時、私はもちろん大変嬉しかったです。これまでの年月で培ってきた緊密な音楽的協力関係、他に例をみないほど順調で充実した人間関係、お互いへの深い信頼を確かめるものであり、オーケストラの楽団員の方々、また素晴らしいバイエルン放送合唱団の歌手の方々とのこういった関係を継続していきたいと願っております。彼らと築き上げられるであろう、数々の音楽上のハイライトに彩られた輝かしい未来を楽しみにしております。

バイエルン放送交響楽団のリリースはこちらから(英語)

マリス・ヤンソンスとバイエルン放送交響楽団は、いよいよ今年11月に来日します。どうぞご期待下さい!

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
現代オーケストラ芸術の極み!! 巨匠&世界最高峰の楽団
マリス・ヤンソンス指揮 バイエルン放送交響楽団

2018年11月22日(木) 19:00開演 東京芸術劇場 コンサートホール
《プログラム》
 マーラー:交響曲第7番 ホ短調 「夜の歌」

2018年11月26日(月) 19:00開演 サントリーホール
《プログラム》
 リスト:ピアノ協奏曲第1番 変ホ長調 S. 124/R. 455 (ピアノ:エフゲニー・キーシン)
 R. シュトラウス:交響詩「英雄の生涯」 作品40

2018年11月27日(火) 19:00開演 サントリーホール
 リスト:ピアノ協奏曲第1番 変ホ長調 S. 124/R. 455 (ピアノ:エフゲニー・キーシン)
 ストラヴィンスキー:バレエ音楽 「春の祭典」

公演詳細はこちらから