• ニュース

【チャイコフスキー・フェスティヴァル2019 マリインスキー・オペラ】出演者が語る<スペードの女王>の魅力~エカテリーナ・セルゲーエワ

<スペードの女王>で、友達思いのポリーナ役で出演するエカテリーナ・セルゲーエワ。オペラの中ではリーザとの二重唱やソロで美しい歌声を披露します。
白夜祭では<スペードの女王>の他、<フィガロの結婚><エフゲニー・オネーギン>、<ボリス・ゴドゥノフ>などに出演し、30以上のレパートリーを誇ります。マリインスキー劇場アカデミーを経て目覚しい活躍をされています。マリインスキー劇場はあなたにとってどのような存在ですか?

マリインスキー劇場は、私にとって学校のような存在です。努力すること、全てを捧げることを学びました。私自身の成功と失敗のすべてをこの劇場で経験し、まさに人生の学校です。
この劇場は、おそらく他のどの劇場にもないほどたくさんのレパートリーを持っています。ですので、私達は準備に充てられる時間も限られます。役を打診されるときは、短い時間内でイエスかノーかの回答を求められますが、答えはもちろんいつも‘イエス’です。いま迄で心に残っている、ゲルギエフ氏の言葉がありましたら教えていただけますか?

マエストロゲルギエフは、エネルギッシュで強い方です。ゲルギエフが指揮台や劇場にいると、音楽も、歌手も、オーケストラもみんなが変わるのです。まるで、電気技師が電気をつけるように、皆に新しい力とインスピレーションを与えてくれます。マエストロはすばらしい音楽家で、彼のたった一言のアドバイスで、私達は全てがうまくできるようになったりするのです!ゲルギエフは、まるで生ける伝説。人間的にも尊敬しています。来日公演で<スペードの女王>を楽しみにしているお客様にメッセージをお願いします。

私は、既に3回日本を訪れています。日本でもファンの方がいてくださると良いな、と思います。ぜひ<スペードの女王>を観にいらしてください!有難うございました。

【チャイコフスキー・フェスティヴァル2019 マリインスキー・オペラ】
《スペードの女王》あらすじ
ゲルギエフとマリインスキー劇場、活気に満ちた白夜祭
■出演者が語る<スペードの女王>の魅力

ミハイル・ヴェクア(1) / ミハイル・ヴェクア(2) / エカテリーナ・セルゲーエワ / ロマン・ブルデンコ(1) / ロマン・ブルデンコ(2)

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
巨匠ゲルギエフ&ロシア芸術の殿堂 マリインスキー歌劇場が総力を結集して贈る
マリインスキー歌劇場 チャイコフスキー・フェスティヴァル2019
▼画像をクリックするとPDFで詳細をご覧頂けます▼
歌劇「スペードの女王」
2019年11月30日(土) 15:00 東京文化会館
2019年12月1日(日) 15:00 東京文化会館
歌劇「マゼッパ」(コンサート形式)
2019年12月2日(月) 18:00 サントリーホール
マリインスキー 歌劇場管弦楽団 演奏会
2019年12月5日(木) 19:00 サントリーホール(チェロ:アレクサンドル・ブズロフ)
2019年12月6日(金) 19:00 東京文化会館(ヴァイオリン:五嶋龍)
2019年12月7日(土) 13:00 東京文化会館(ピアノ:セルゲイ・ババヤン、辻井伸行)
2019年12月7日(土) 18:00 東京文化会館(ピアノ:セルゲイ・ババヤン)
特設サイトはこちらから

マリインスキー 歌劇場管弦楽団 日本公演 <東京以外の公演>
2019年11月28日(木) 19:00 福岡シンフォニーホール(ヴァイオリン:五嶋龍)
(問)アクロス福岡チケットセンター 092-725-9112
2019年11月29日(金) 19:00 レクザムホール(香川県県民ホール)大ホール(ピアノ:松田華音)
(問)県民ホールサービスセンター 087-823-5023
2019年12月3日(火) 19:00 アクトシティ浜松 大ホール(ヴァイオリン:五嶋龍)
(問)公益財団法人浜松市文化振興財団 053-451-1114
2019年12月8日(日) 14:00 フェニーチェ堺 大ホール(堺市民芸術文化ホール)(ヴァイオリン:五嶋龍)
(問)フェニーチェ堺 072-228-0440