• ニュース

【マリインスキー・オペラ】チャイコフスキーのめったに聴けないオペラを知ろう 「マゼッパ」とは、何者?

プーシキンの叙事詩「ポルタヴァ」を元にした歴史絵巻。
ドラマティックで衝撃のサウンドがサントリーホールに響きわたる!


知られざる名作オペラ「マゼッパ」について、音楽評論家の東条碩夫氏が解かり易くこのオペラについて語っています。ぜひご覧下さい。2019年12月2日(月)のサントリーホールでの公演はチャイコフスキーの魅力が満載のコンサート形式でお届けします!チャイコフスキーのオペラの中で、有名度の順位から言えば、1位が「エフゲニー・オネーギン」、0.5ゲーム差で2位が「スペードの女王」、2ゲーム差で3位が「イオランタ」、3ゲームくらい離れて4位が「マゼッパ」、ということになろうか。

だが、この「マゼッパ」も、実際に聴いてみると、なかなか面白いオペラなのだ。いわゆる「チャイコフスキーぶし」がいたるところに出て来て、この作曲家の魅力が満載されているのである。マゼッパは、17~18世紀のロシアに実在したコサックの強力な指導者で、ピョートル大帝の麾下にありながら寝返ってスウェーデンのカール12世と結ぶという、謎の多い人物である。ただし、このオペラに登場するマゼッパは、そうした「英雄」ではない。それどころか、70歳近い高齢ながら、親友コチュベイの若い愛娘マリアと恋に落ち —それはそれで結構だが— 猛反対した父親を投獄し、処刑してしまう権力者なのである。何とも酷い男だ。もっとも、コチュベイの方も、愛娘を奪われた腹いせに、マゼッパの裏切りをピョートル帝に密告し、その失脚を画策したのだから、どっちもどっち、ということになろうか。このオペラの主役は、マゼッパよりも、むしろマリアである。チャイコフスキーは、なぜかオペラの中で「女性」を描くことが、並外れて得意だった。全曲の大詰めで、哀しみに錯乱した彼女が歌う「子守歌」など、聴く者の胸を締めつけずにはおかない。

ゲルギエフは、2006年にメトロポリタン・オペラでこの「マゼッパ」の舞台上演を指揮したことがある。マゼッパ軍の敗北を描く「ポルタヴァの戦い」の音楽の迫力は見事だった。ゲルギエフでなければこのオペラの音楽をこれほど面白く聴かせることはできないだろう、とさえ思わせる当日の演奏であった。

東条碩夫(音楽評論)

■「マゼッパ」あらすじ
ウクライナの大地主コチュベイの娘マリアと愛し合っているウクライナ元首のマゼッパ。コチュベイの反対を押し切りマリアを連れ去り、怒りのコチュベイはマゼッパのロシアからの独立の企てをピョートル大帝に密告するが逆にマゼッパに引き渡されてしまう。父コチュベイを救うべく母リュボフと共に処刑場に向ったマリアであったが、すでに辺りは血に染まっていた。惨劇を目にしたリュボフは倒れ、マリアは異様な笑い声を立てながら意識を失う。
マリアの幼馴染アンドレイはピョートル大帝に敗れたマゼッパに仇を取ろうと戦いを挑むが、マゼッパの部下に撃たれてしまう。正気を失ったマリアが現れるがマゼッパのこともわからない。マリアと共にロシアの追撃を退かれようとしたがマリアはその場に残り、血に染まったアンドレイが息絶えても子守唄を歌い続ける…。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

巨匠ゲルギエフ&ロシア芸術の殿堂 マリインスキー歌劇場が総力を結集して贈る
マリインスキー歌劇場 チャイコフスキー・フェスティヴァル2019
▼画像をクリックするとPDFで詳細をご覧頂けます▼
歌劇「スペードの女王」
2019年11月30日(土) 15:00 東京文化会館
2019年12月1日(日) 15:00 東京文化会館
歌劇「マゼッパ」(コンサート形式)
2019年12月2日(月) 18:00 サントリーホール
マリインスキー 歌劇場管弦楽団 演奏会
2019年12月5日(木) 19:00 サントリーホール(チェロ:アレクサンドル・ブズロフ)
2019年12月6日(金) 19:00 東京文化会館(ヴァイオリン:五嶋龍)
2019年12月7日(土) 13:00 東京文化会館(ピアノ:セルゲイ・ババヤン、辻井伸行)
2019年12月7日(土) 18:00 東京文化会館(ピアノ:セルゲイ・ババヤン)
特設サイトはこちらから

マリインスキー 歌劇場管弦楽団 日本公演 <東京以外の公演>
2019年11月28日(木) 19:00 福岡シンフォニーホール(ヴァイオリン:五嶋龍)
(問)アクロス福岡チケットセンター 092-725-9112
2019年11月29日(金) 19:00 レクザムホール(香川県県民ホール)大ホール(ピアノ:松田華音)
(問)県民ホールサービスセンター 087-823-5023
2019年12月3日(火) 19:00 アクトシティ浜松 大ホール(ヴァイオリン:五嶋龍)
(問)公益財団法人浜松市文化振興財団 053-451-1114
2019年12月8日(日) 14:00 フェニーチェ堺 大ホール(堺市民芸術文化ホール)(ヴァイオリン:五嶋龍)
(問)フェニーチェ堺 072-228-0440