Canon Presents ウィーン少年合唱団

キヤノンマーケティングジャパングループPresents ウィーン少年合唱団

世界中に感動と癒しを運ぶ音楽の都・ウィーンの
小さな親善大使たち

数ある少年(少女)合唱団の中、世界でもっとも有名なウィーン少年合唱団は、500年以上の伝統を誇っています。その特別な技術教育やコーラスの響きを受け継いで、2017年にはオーストリアのユネスコ無形文化遺産に登録されました。

約100名のメンバーは、10歳から14歳の変声期を迎えるまでの僅かな期間、ウィーンに建つ白亜のアウガルテン宮殿で、国籍、言語、文化を超え、共同生活を送ります。彼らはシューベルト、ハイドン、モーツァルト、ブルックナーという、合唱団にゆかりのある音楽家の名を冠した4つのグループに分かれて活動しています。

本拠地ウィーンでは宮廷楽団の一員として、ミサでの演奏、ウィーン・フィルやウィーン国立歌劇場との共演を行うほかに、世界では年間約300公演を行い、50万人もの聴衆を魅了し続けています。

海外公演など長期の遠征は、グループごと年に一度。同じグループの訪日は4年に一度となり、同じメンバーが二度、集まることはありません。日本公演ではつねに新しい顔ぶれ、新しいコーラスとの出会いがあります。初来日は1955年。日本とのつながりは長く、東日本大震災に際しては、ウィーン史上初の全4グループ合同演奏によるチャリティ公演など、被災地支援を行っています。

偉大な指揮者、トスカニーニをして《天使の歌声》と言わしめた、ウィーン少年合唱団。小さなプロフェッショナルである彼らの公演は、クラシックのみならず映画音楽、ポップス、日本の歌に加え、ダンスや楽器の演奏でも大いに観客を楽しませてくれます。

2019年、日本とオーストリアは国交150年を迎えました。そしてウィーン少年合唱団の初来日から65年を迎える2020年は、シューベルト組(カペルマイスター:オリヴァー・シュテッヒ)が来日します。

×
※2020年日本公演終了日までオフィシャル写真は不定期で更新

チケット概要

発売日程

前売りは会員限定でございます。

【夢倶楽部ネット会員】
12月14日(土) 10:00a.m.~発売
【夢倶楽部会員】
12月15日(日) 10:00a.m.~発売
【ジャパン・アーツぴあネット会員】
12月19日(木) 10:00a.m.~発売
【一般】
12月22日(日) 10:00a.m.~発売

※先行販売で満席になった席種は、以降販売されない場合がございます。

ウィーン少年合唱団特設サイト おすすめポイント3つ

  • 変声期前のボーイ・ソプラノのハーモニーは、まさに「天使の歌声」“美しく澄み渡る声に感動した!”、“もっと早く聴いておけば良かった!”、“毎年、コンサートに来ています!”など、多くのお客様から大絶賛されています。
  • 毎年違うメンバーで来日します!ウィーン少年合唱団は10歳から14歳の少年たちが在籍。合唱団に縁のあるハイドン、モーツァルト、シューベルト、ブルックナーの名前を冠した4つのグループが1年ごとに順に来日します。各グループごとに豊かな個性を持っているので、毎年聴き比べるのもオススメ!
  • 家族みんなで楽しめるコンサートです!本公演では、5歳から入場可能!ご家族で一緒にリラックスしてコンサートを楽しめます。U20チケット(5歳以上~20歳以下)一律3,000円のチケットをご利用ください♪

料金

日程5/3, 5/4,
6/7, 6/20
  • S席7,700円
  • A席6,200円
  • B席4,700円
  • P席2,000円(舞台後方席)
    (5/3、5/4、6/3サントリー公演のみ)

夢倶楽部会員料金

  • S席7,000円
  • A席5,600円
  • B席4,300円
  • P席2,000円(舞台後方席)
    (5/3、5/4、6/3サントリー公演のみ)
日程6/3, 6/11,
6/12
  • S席7,200円
  • A席5,700円
  • B席4,200円
  • P席2,000円(舞台後方席)
    (5/3、5/4、6/3サントリー公演のみ)

夢倶楽部会員料金

  • S席6,500円
  • A席5,200円
  • B席3,800円
  • P席2,000円(舞台後方席)
    (5/3、5/4、6/3サントリー公演のみ)

※チケット料金には消費税が含まれております。
※曲目が変更になる場合があります。

(ジャパン・アーツぴあコールセンター及び
ジャパン・アーツぴあWebサイトで受付)

【U20】チケット(全公演対象)
※ジャパン・アーツぴあのみで受付。

5歳以上~20歳以下割引 一律 3,000円(S~B席 全ランク)
WEBジャパン・アーツぴあ、ジャパン・アーツぴあコールセンターのみで受付

●シニア・チケット 65歳以上の方はS席とA席を会員料金でお求めいただけます。

●車椅子の方は、本人と付き添いの方1名までが割引になります。

ジャパン・アーツぴあコールセンターのみで受付

小さな弟、妹がいても託児サービスを利用すればOK
託児サービス有!(事前申込み制・有料・定員制)

申込み先は・・・

◆イベント・託児マザーズ
0120-788-222(平日10時~12時・13時~17時)
【サントリーホール、東京オペラシティ公演】

◆HITOWAキャリアサポート株式会社 わらべうた
0120-415-306(平日9時~17時)【東京芸術劇場公演】

ウィーン少年合唱団公演
のみの特別サービス

  • ちびっこ集まれ!
  • 赤ちゃんも安心!
  • 今回もU20チケット販売!

A・B2つのプログラムを聴くと特製缶バッジをプレゼント
(数量限定)

A・B両プログラム公演チケット半券を会場受付でスタッフにお見せいただくと
記念バッジをプレゼント!
(東京公演のみ対象)

  • お電話から ジャパン・アーツぴあ 0570-00-1212
  • インターネットから Webジャパン・アーツぴあ
    サントリーホール
    チケット申込
    東京芸術コンサートホール
    チケット申込
    東京オペラシティコンサートホール
    チケット申込
  • プレイガイド サントリーホールチケットセンター【5/3、5/4、6/3】0570-55-0017 東京オペラシティチケットセンター【6/7、6/12、6/20】(03)5353-9999 東京芸術劇場 ボックスオフィス【6/11】0570-010-296 チケットぴあt.pia.jp0570-02-9999 Pコード:
    【5/3、5/4、6/3】170-883
    【6/7、6/12、6/20】170-884
    【6/11】107-885 イープラスeplus.jp ローソンチケット0570-000-407(Lコード:35781)

ATTENTION

次のことをご了承の上、
チケットをお求めください。

  1. (1)やむを得ない事情により、出演者・曲目等が変更になる場合がございます。 公演中止を除き、お買い求めいただきましたチケットの、キャンセル・変更等はできません。
  2. (2)いかなる場合も再発行はできません。紛失等には十分ご注意下さい。
  3. (3)演奏中は入場できません。
  4. (4)4歳以下の乳幼児の同伴はご遠慮下さい。また、5歳以上の方もご入場には1人1枚チケットが必要です。
  5. (5)全指定席です。指定の座席にてご鑑賞下さい。
  6. (6)場内での写真撮影・録音・録画・携帯電話等の使用は、固くお断りいたします。
  7. (7)ネットオークションなどによるチケットの転売は、トラブルの原因になりますのでお断りいたします。
  8. (8)他のお客様のご迷惑となる場合、主催者の判断でご退場頂くことがございます。

曲目

A・B2つのプログラムを聴くと
特製缶バッジをプレゼント(数量限定)

A・B両プログラム公演チケット半券を会場受付でスタッフに
お見せいただくと記念バッジをプレゼント!
(東京公演のみ対象)

※こちらは過去のデザインです。

プログラムA

モーツァルト:カンタータ「宇宙の霊なる君」K.429
ウェルナー:野ばら
メンデルスゾーン:我が魂よ、和が主をほめ讃えよ
ドビュッシー:春のあいさつ
コダーイ:山の夜Ⅰ
ヴンシュ:今日、天使たちがウィーンにやってくる
カヤビアブ:ココナッツ・ナッツ(Da Coconut Nut)
中国民謡:高山青
久石譲:君をのせて(映画「天空の城ラビュタ」より)
岡野貞一:ふるさと
米津玄師:パプリカ
ヨーゼフ・シュトラウス:休暇旅行で
J.シュトラウスⅡ:トリッチ・トラッチ・ポルカ
J.シュトラウスⅡ:美しく青きドナウ


*全曲目は決まり次第、発表いたします。曲目、曲順は変更の可能性がございます。

プログラムB

アメリカ民謡:幸せなら手を叩こう
コルテス:シェリト・リンド
メンデルスゾーン:「真夏の夜の夢」より“ぼつぼつ模様の舌が二つのお蛇さん”
ラフマニノフ:アヴェ・マリア(Bogoroditse devo)
韓国民謡:アリラン
コープランド:猫を買ったよ
ヴィヴァルディ:グローリア“ひとり子である主”
ビリー・ジョエル:And So It Goes
ブラジルの歌:クラホ族の3つの歌
北海道民謡:ソーラン節
岡野貞一:ふるさと
米津玄師:パプリカ
ヨーゼフ・シュトラウス:水兵のポルカ
J.シュトラウスⅡ:美しく青きドナウ


*全曲目は決まり次第、発表いたします。曲目、曲順は変更の可能性がございます。

メンバー

ウィーン少年合唱団の創立は1498年。巨匠・トスカニーニが彼らのコーラスを評して≪天使の歌声≫と命名したことでも有名。世界の数ある少年(少女)合唱団の中でも抜群の人気と実力を誇る。10歳から14歳の約100名のメンバーは全員アウガルテン宮殿で生活し、ハイドン、モーツァルト、シューベルト、ブルックナーとウィーン少年合唱団にゆかりある作曲家の名がついた4つのグループに分かれ、ヨーロッパ各国、アメリカ、アジア、オセアニアなど、世界中のコンサートに出演。ウィーン国立歌劇場でのオペラ出演や、ウィーン・フィルのニューイヤー・コンサート出演など、ウィーンを代表する団体のひとつとして活躍している。2020年はシューベルト組が来日。