美しい時代へ 東急グループ 五島記念文化賞オペラ新人賞研修記念

西村悟テノール・リサイタル with 山田和樹指揮 日本フィルハーモニー交響楽団

曲目・演目

ロッシーニ:歌劇「セヴィリアの理髪師」より“序曲”

ドニゼッティ:歌劇「愛の妙薬」より“人知れぬ涙”

ドニゼッティ:歌劇「ランメルモールのルチア」より“我が祖国の墓よ”

マスネ:歌劇「ル・シッド」より“おお、裁きの主、父なる神よ”

ヴェルディ:歌劇「マクベス」より“ああ、父の手は”

プッチーニ:歌劇「ラ・ボエーム」より“冷たき手を”

プッチーニ:歌劇「トスカ」より“星は光りぬ”

ほか

公演に寄せて

声楽を学び始めて、17年目を迎えました。
その間、数多くの方々と出会い、様々な経験をさせていただきました。
本日は、特に力を入れて学び、今、最も歌いたいイタリア・オペラの作品を
世界で活躍する山田和樹氏と日本フィルハーモニー交響楽団のサポートを得て披露いたします。
今後も真摯に、終わることのない声楽の道を一歩一歩進んで参ります。
ぜひ、私の「覚悟」のコンサートへお越しいただけましたら幸いです。
皆様へ、感謝の気持ちを込めて。

西村 悟

チケット詳細

【チケット残席状況】◯残席あり/△残席少/×売り切れ
公演日 S席 - - - - - -
10月11日※全席指定 - - - - - -
学生席 (全席指定 3000円) - - - - - -
  • 公演日
    10月11日※全席指定
  • S席
  • 公演日
    学生席 (全席指定 3000円)
  • S席
【チケット料金】()内は夢倶楽部会員価格
S席:6,000円(5,400円)
学生席 (全席指定 3000円)
S席:3,000円(3,000円)
【備考】
*社会人学生を除く25歳までの学生が対象です。公演当日、入口にて学生証を拝見いたします。
 (学生証がない場合は一般料金との差額を頂戴する場合がございます。)
 ジャパン・アーツ夢倶楽部会員で学生の方も、学生席は3000円です。

シニア・チケット=65歳以上の方は600円引きでお求めいただけます。
車椅子の方は、本人と付き添いの方1名までが割引になります。(ジャパン・アーツぴあコールセンターでのみ受付)
学生席・シニアチケット購入

チケット発売情報

① 4月22日(土) 10:00a.m.~発売 夢倶楽部ネット会員 
② 4月23日(日) 10:00a.m.~発売 夢倶楽部会員 
③ 4月27日(木) 10:00a.m.~発売 ジャパン・アーツぴあネット会員 
④ 5月6日(土) 10:00a.m.~発売 一般   


… ジャパン・アーツぴあコールセンター (03)5774-3040
… インターネットで購入可チケット購入はこちら※ジャパン・アーツ夢倶楽部会員先行発売などで満席になった席種は、以降販売されない場合がございます。

【その他プレイガイド】
東京オペラシティチケットセンター 03-5353-9999
日本オペラ振興会チケットセンター 03-6721-0874
チケットぴあ t.pia.jp 0570-02-9999 [Pコード325-725]
イープラス eplus.jp
ローソンチケット 0570-000-407〔Lコード31443〕
東京文化会館チケットサービス 03-5685-0650

【チケット購入にあたっての注意事項】こちらからご一読ください

プロフィール

西村 悟 Satoshi Nishimura (テノール, Tenor)
日本大学芸術学部音楽学科卒業、東京藝術大学大学院オペラ科修了。声楽を丹羽勝海、川上洋司、Yoko Takedaの各氏に師事。第36回イタリア声楽コンコルソ・ミラノ部門にて大賞(1位)を受賞。ボローニャ国立音楽院、また文化庁新進芸術家海外派遣員としてヴェローナに留学。2011年、イタリアで若手の登竜門として知られる第17回リッカルド・ザンドナーイ国際声楽コンクールにて第2位、並びに審査委員長特別賞を受賞。第80回日本音楽コンクールにて第1位、並びに聴衆賞を受賞。以後、大野和士指揮水戸室内管弦楽団とブリテンの「ノクターン」、山田和樹指揮スイス・ロマンド管弦楽団とメンデルスゾーンの交響曲「讃歌」、佐渡裕指揮ケルン放送交響楽団と「第九」、インキネン指揮日本フィルハーモニー交響楽団とのマーラー「大地の歌」、小林研一郎指揮名古屋フィルハーモニー管弦楽団とヴェルディ「レクイエム」、高関健指揮東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団とベルリオーズ「ファウストの劫罰」、パスカル・ヴェロ指揮仙台フィルハーモニー交響楽団「蝶々夫人」、2016年には大野和士指揮バルセロナ交響楽団との共演でメンデルスゾーン「讃歌」のソリストを務め、ヨーロッパデビューを果たし、現地有力紙「la Vanguardia」に絶賛された。オペラでは、新国立劇場「夜叉ヶ池」、藤原歌劇団「ラ・トラヴィアータ」「蝶々夫人」「仮面舞踏会」に出演。2017年にはびわ湖プロデュース・オペラ沼尻竜典指揮「ラインの黄金」のローゲ役を好演。平成25年度五島記念文化賞オペラ部門オペラ新人賞、第23回出光音楽賞を受賞。藤原歌劇団団員。ヴェローナ在住。
山田 和樹 Kazuki Yamada (指揮, Conductor)
2009年ブザンソン国際指揮者コンクールで優勝。ほどなくBBC交響楽団を指揮してヨーロッパ・デビュー。同年、ミシェル・プラッソンの代役でパリ管弦楽団を指揮して以来、破竹の勢いで活躍の場を広げている。
2016/2017シーズンから、モンテカルロ・フィルハーモニー管弦楽団芸術監督兼音楽監督に就任。スイス・ロマンド管弦楽団首席客演指揮者、日本フィルハーモニー交響楽団正指揮者、東京混声合唱団音楽監督兼理事長などを務めている。2016年、実行委員会代表を務めた「柴田南雄記念演奏会」が、文化庁芸術祭大賞を受賞。2017年3月には平成28年度芸術選奨文部科学大臣新人賞を受賞。これまでに、ドレスデン国立歌劇場管、フィルハーモニア管、ベルリン放送響、バーミンガム市響、チェコ・フィルなど各地の主要オーケストラでの客演を重ねている。東京藝術大学指揮科で小林研一郎・松尾葉子の両氏に師事。メディアへの出演も多く、音楽を広く深く愉しもうとする姿勢は多くの共感を集めている。ベルリン在住。
日本フィルハーモニー交響楽団 Japan Philharmonic Orchestra
1956年創立。現在、首席指揮者ピエタリ・インキネン、桂冠指揮者兼芸術顧問アレクサンドル・ラザレフ、桂冠名誉指揮者小林研一郎、正指揮者山田和樹、ミュージック・パートナー西本智実という充実した指揮者陣を中心に演奏会を行っている。中でも正指揮者山田和樹とは、通常の定期演奏会に加え、東急Bunkamuraオーチャードホールにおけるマーラー・ツィクルスや日本オペラ振興会主催《カルメン》公演でも共演を重ねるなど、その実績は極めて高く評価されている。2011年4月より、ボランティア活動「被災地に音楽を」を開始。2017年1月末までに209公演を数え、現在も継続している。
オフィシャル・ホームページ:http://www.japanphil.or.jp

主催・協賛

主催:
後援:公益財団法人日本オペラ振興会 藤原歌劇団
制作・マネジメント:ジャパン・アーツ 
協力:日本フィルハーモニー交響楽団